ホームレス情報の提供

スポンサーリンク

たとえば厚生労働省のホームページを見てみると、「生活保護・福祉一般」というページに「ホームレス対策」という文言が見られるが、これはホームレス対策を簡単に説明しただけのもので、ホームレス当事者にとってなんら役立つ情報ではない。

東京都では「福祉・人権」の項目からさらに「東京都福祉保健局」のページへゆき、「分野別案内」の「ホームレス対策」から「ホームレス自立支援システム」に至ってようやく情報にありつけるが、これは簡単に対策を解説したものだからホームレスには役立たない。「相談窓口」のページにはホームレスの文字を見つけることはできない。

おとなりの神奈川県では「保健・医療・福祉」に「神奈川県ホームレスの自立の支援等に関する実施計画等について」というページを見つけることができるが、これも対策の説明に過ぎない。項目が生活保護と隣接しているが、直接に関係し合っているわけではない。

横浜市では「福祉局」の「ホームレス支援」という項目から「横浜市のホームレス支援策の概要」を見ることができるが、これも施策の解説だ。「相談窓口案内」にホームレスの文字を見ることはできない。というか、そもそもトップページに「福祉局」へのリンクがないので、検索で探すハメになる。

川崎市では「医療・保健・福祉・子育て」の項目にホームレスの文字はない。やはり検索で探すと「川崎市ホームレス自立支援実施計画」の文書にぶち当たるが、これも施策の簡素な解説である。

さてここで、たとえばアメリカを見てみよう。以前にも紹介した「HUD」(住宅・都市開発省)のサイトには「homeless」の項目がちゃんとあり、読めばわかるがホームレスやボランティアなどに向けた情報を徹底的に提供している。この情報の集約はまったく驚くべきものだ。各種相談窓口から各地のボランティア組織やシェルターの所在までリストしてあるのだ。ホームレスがどう行動すればよいのか、ひと目でわかる仕組みだ。

……諸君、わかるかい? このちがいなんだよ、このちがい。ホームレスに対するこの決定的な扱い方のちがいが、ホームレスをホームレスに押し留めている主要因のひとつなのだ。そこにはホームレスに対する彼らの意識と立場がはっきりと見て取れる。それはいうまでもなく切り捨てと隠ぺいの立場だ。日本は、一度ホームレスになったらほとんどおしまいの国なのだ。それがよくわかるだろう。

関連記事

ホームレス事件2題 お盆休み、みなさんはいかがお過ごしでしょうか? ここもアクセスが半減しましたけれども、今きてくれている人たちはお家で夏休み、ということですかね。熱中症に気をつけましょう。ちなみに、ホームレス自身にはお盆休みはありません。(買い取りなどの)業者がお休み、ということはあるけれど。 8月9日付の東京新聞・...
NPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」... 「言ノ葉工房」の「若者難民は死しかないのか。」では、フリーターの悲惨さを伝える朝日OPENDOORSの記事を紹介している。 かいつまんでいうと、千葉県に住む30過ぎのフリーターが職を失い、10社以上に面接に行っても全部落ち、DVDレコーダーやパソコンデスク、ゲーム機など、お金になりそうなものはほとん...
ホームレスと非ホームレスの距離 わたしがネットで犯した最大のまちがいは、おそらくボランティアを敵にまわしたことだろう。ご存知のように、わたしはボランティアのみなさんにはかなり厳しい注文をつけてきた。それはホームレスに対する認識、とりわけその精神性に関する認識におおきな隔たりがあったためだ。 ホームレスは特別な人種ではない。いみ...
川崎市ホームレス自立支援実施計画案... 朝日・読売・神奈川各新聞によると、川崎市が2004~2008年度のホームレス自立支援実施計画案を発表した。緊急支援から自立支援への転換を明確にした。主な施策は次のとおり。 自立支援市民事業 就労支援センター(定員50人) 公園ホームレス対策シェルター(定員200人) パン券事業の縮小・廃止 ホ...
スポンサーリンク