ホームレス情報の提供

スポンサーリンク

たとえば厚生労働省のホームページを見てみると、「生活保護・福祉一般」というページに「ホームレス対策」という文言が見られるが、これはホームレス対策を簡単に説明しただけのもので、ホームレス当事者にとってなんら役立つ情報ではない。

東京都では「福祉・人権」の項目からさらに「東京都福祉保健局」のページへゆき、「分野別案内」の「ホームレス対策」から「ホームレス自立支援システム」に至ってようやく情報にありつけるが、これは簡単に対策を解説したものだからホームレスには役立たない。「相談窓口」のページにはホームレスの文字を見つけることはできない。

おとなりの神奈川県では「保健・医療・福祉」に「神奈川県ホームレスの自立の支援等に関する実施計画等について」というページを見つけることができるが、これも対策の説明に過ぎない。項目が生活保護と隣接しているが、直接に関係し合っているわけではない。

横浜市では「福祉局」の「ホームレス支援」という項目から「横浜市のホームレス支援策の概要」を見ることができるが、これも施策の解説だ。「相談窓口案内」にホームレスの文字を見ることはできない。というか、そもそもトップページに「福祉局」へのリンクがないので、検索で探すハメになる。

川崎市では「医療・保健・福祉・子育て」の項目にホームレスの文字はない。やはり検索で探すと「川崎市ホームレス自立支援実施計画」の文書にぶち当たるが、これも施策の簡素な解説である。

さてここで、たとえばアメリカを見てみよう。以前にも紹介した「HUD」(住宅・都市開発省)のサイトには「homeless」の項目がちゃんとあり、読めばわかるがホームレスやボランティアなどに向けた情報を徹底的に提供している。この情報の集約はまったく驚くべきものだ。各種相談窓口から各地のボランティア組織やシェルターの所在までリストしてあるのだ。ホームレスがどう行動すればよいのか、ひと目でわかる仕組みだ。

……諸君、わかるかい? このちがいなんだよ、このちがい。ホームレスに対するこの決定的な扱い方のちがいが、ホームレスをホームレスに押し留めている主要因のひとつなのだ。そこにはホームレスに対する彼らの意識と立場がはっきりと見て取れる。それはいうまでもなく切り捨てと隠ぺいの立場だ。日本は、一度ホームレスになったらほとんどおしまいの国なのだ。それがよくわかるだろう。

関連記事

第1回「東京ホームレス会議」開催 ホームレスが販売する雑誌「ビッグイシュー日本版」が、25日午後5時から、第1回「東京ホームレス会議」を開くと、「聞いて知って語って 第1回「東京ホームレス会議」開催 - OhmyNews:オーマイニュース “市民みんなが記者だ”」が伝えている。  「会議」前半は、実際の販売者3人と企業のCSR...
ホームレス問題? なにそれ? 既存のマスメディアはいうに及ばず、ネット上のジャーナリズムでさえ、ホームレス問題などはまず取り扱わない。そんな問題は無きが如し。テレビに映ったり新聞の一面を賑わせる事件だけが世界である。 「ホームレス問題? なにそれ?」 ジャーナリズムにホームレス問題は存在しないのが現実なのである。...
風邪のススメ やっぱり風邪をひいたことのない奴らはダメだなぁ。風邪ひいて熱出して頭痛がして眼の奥が激しく痛み頭がぼぅっとなり何も考えられず止まらぬせきにむせ鼻水が止め処もなく溢れ関節は痛み激しいめまいがあり歩くこともできず起き上がることもできず食欲もなく無理に食べては戻してしまい体に力も入らずひどい倦怠感に包まれ...
スッポン・ボランティア わたしの願いは極めて明瞭だ。 マイノリティに眼を向けて欲しい つまるところそれだけなのだ。 寄せ場経由のホームレス問題など、すでに散々語られてきている。日本寄せ場学会なんてものまであるぐらいなのだ。公園や河川敷に小屋を持って定住しているホームレスでさえ、もはや誰もが語り尽くしている。いまさら語っ...
スポンサーリンク