ホームレス情報の提供

スポンサーリンク

たとえば厚生労働省のホームページを見てみると、「生活保護・福祉一般」というページに「ホームレス対策」という文言が見られるが、これはホームレス対策を簡単に説明しただけのもので、ホームレス当事者にとってなんら役立つ情報ではない。

東京都では「福祉・人権」の項目からさらに「東京都福祉保健局」のページへゆき、「分野別案内」の「ホームレス対策」から「ホームレス自立支援システム」に至ってようやく情報にありつけるが、これは簡単に対策を解説したものだからホームレスには役立たない。「相談窓口」のページにはホームレスの文字を見つけることはできない。

おとなりの神奈川県では「保健・医療・福祉」に「神奈川県ホームレスの自立の支援等に関する実施計画等について」というページを見つけることができるが、これも対策の説明に過ぎない。項目が生活保護と隣接しているが、直接に関係し合っているわけではない。

横浜市では「福祉局」の「ホームレス支援」という項目から「横浜市のホームレス支援策の概要」を見ることができるが、これも施策の解説だ。「相談窓口案内」にホームレスの文字を見ることはできない。というか、そもそもトップページに「福祉局」へのリンクがないので、検索で探すハメになる。

川崎市では「医療・保健・福祉・子育て」の項目にホームレスの文字はない。やはり検索で探すと「川崎市ホームレス自立支援実施計画」の文書にぶち当たるが、これも施策の簡素な解説である。

さてここで、たとえばアメリカを見てみよう。以前にも紹介した「HUD」(住宅・都市開発省)のサイトには「homeless」の項目がちゃんとあり、読めばわかるがホームレスやボランティアなどに向けた情報を徹底的に提供している。この情報の集約はまったく驚くべきものだ。各種相談窓口から各地のボランティア組織やシェルターの所在までリストしてあるのだ。ホームレスがどう行動すればよいのか、ひと目でわかる仕組みだ。

……諸君、わかるかい? このちがいなんだよ、このちがい。ホームレスに対するこの決定的な扱い方のちがいが、ホームレスをホームレスに押し留めている主要因のひとつなのだ。そこにはホームレスに対する彼らの意識と立場がはっきりと見て取れる。それはいうまでもなく切り捨てと隠ぺいの立場だ。日本は、一度ホームレスになったらほとんどおしまいの国なのだ。それがよくわかるだろう。

関連記事

わたしは善いことをする善い人です 近しい間がらでの人間関係は、おなじ土俵、おなじ手段、おなじルールでやりあう限りに於いて、相互作用が基本にある。たとえば見知った間がらで起こる口喧嘩などは、片方が一方的に非難されるべき対象ではない。たとえ片方が一方的に罵ったとしても、通常もう一方にはそのことばを相手から引き出すなにがしかの言動があった...
傾聴ボランティア 「傾聴ボランティア養成講座」などというものがあるそうだ。ちょっと古いが6月11日付の読売新聞で紹介されていた。福祉施設でのボランティアを目指す人や、介護ヘルパーが主な受講者だという。 おもしろいエピソードとして、 「批判や反論はもちろん、助言や忠告も不要」 と指導すると、 「相談されているのに、...
ホームレスと非ホームレスの距離 わたしがネットで犯した最大のまちがいは、おそらくボランティアを敵にまわしたことだろう。ご存知のように、わたしはボランティアのみなさんにはかなり厳しい注文をつけてきた。それはホームレスに対する認識、とりわけその精神性に関する認識におおきな隔たりがあったためだ。 ホームレスは特別な人種ではない。いみ...
闇を照らせるのは光だけ ホームレス支援のボランティアさんを批判する人たちは、むかしよくこんないい方をしていたっけ。 「そんなに支援したきゃ自分の家に住まわせればいい」 「全財産をなげうって援助すればいい」 まぁこんな意見をまともに扱う必要はないんだけど、ホームレス支援に限らずなにがしかの援助活動に携わる人の中には、こう...
スポンサーリンク