「ニート」支援マニュアル(工藤啓)

スポンサーリンク
「ニート」支援マニュアル
PHP研究所
工藤 啓(著)
価格:
発送:通常24時間以内に発送
発売日:2005-11-12

先日、書店をウロウロしていて見つけたニート本。新刊のようだ。著者の工藤啓さんというのは「育て上げネット」の親玉だろう。

手に取って、まず目次を見た。かゆいところに手が届くような、きめ細かな構成になっていた。本文は10行ぐらいしか読まなかった。落ち着いてしっかりとした文章だった。

わたしはニート関係の本をそれほど読んでいるわけではない。しかし、今出版されているニート本で、おそらくいちばんのデキだろうと思う。思いつきで書き飛ばされたものじゃなく、充分に吟味されて書かれた感じがある。誰もが書けるというふうではない。あぁ、目次と本文を10行読んだぐらいでそんなことがいえるのでショーカ?

いえる。本なんぞ、目次と本文10行程度でデキはほとんどわかってしまう。目次の構成が悪ければ内容の構成も悪い。本文を適当に拾ってわけがわからないことが書いてあれば、全部にわけがわからないことが書いてあると思ってまちがいない。少なくとも、わたしは例外を知らない。

この本は大丈夫だと思う。おすすめ。

関連記事

『ひきこもる若者たち』(町沢静夫/大和書房)... ホームレス問題との接点を考えながら、引きこもり関連の情報にあたっているが、この本の著者は有名な精神科医。とりわけ人格障害、特に境界性人格障害、いわゆるボーダーラインの権威だ。なにより、あの「佐賀バスジャック事件」で両親の相談を受け、少年を入院させるべく、警察や病院に手を打った医師その人である。病院が...
ニートやフリーターは国の将来に……... どうもこの、ニートとかフリーターとかに関して最近は、 「将来の税収に影響する」 「経済が衰退する」 「国力が……」 というような、マクロの視点から問題視されているようだけれども、まぁそれによって注目が集まるのは悪いことではないのかなぁ? わたし自身は、ミクロを語らないと当事者の痛みはわからないだろう...
生き方の「型」を持つ ニートの原因はさまざまに議論されてきたが、専門家も一般人もマスコミもおおむね、 若年者の正規雇用の道が非常に険しいという雇用の問題 こうすれば幸せになれるといったモデルの喪失 将来の見通せない希望なき社会 「自分探し系」の若者の増加 働く意味がわからない若者が増えた 若者の無気力化 若者のコミュニ...
ニート対策にはコーチング、はダメかも……... ニート対策にはコーチング、はダメかもね(苦笑)。 コーチングについてあれこれ調べていたのだけれども、どうもニートの子なんかには必ずしも効果がないかも知れないというか、たぶん引きこもりの子には無理だろうとか、要するにダメじゃんってことで(笑)。 心理療法でいうクライエント中心の考え方があるようなの...
スポンサーリンク