「ニート」支援マニュアル(工藤啓)

スポンサーリンク
「ニート」支援マニュアル
PHP研究所
工藤 啓(著)
価格:
発送:通常24時間以内に発送
発売日:2005-11-12

先日、書店をウロウロしていて見つけたニート本。新刊のようだ。著者の工藤啓さんというのは「育て上げネット」の親玉だろう。

手に取って、まず目次を見た。かゆいところに手が届くような、きめ細かな構成になっていた。本文は10行ぐらいしか読まなかった。落ち着いてしっかりとした文章だった。

わたしはニート関係の本をそれほど読んでいるわけではない。しかし、今出版されているニート本で、おそらくいちばんのデキだろうと思う。思いつきで書き飛ばされたものじゃなく、充分に吟味されて書かれた感じがある。誰もが書けるというふうではない。あぁ、目次と本文を10行読んだぐらいでそんなことがいえるのでショーカ?

いえる。本なんぞ、目次と本文10行程度でデキはほとんどわかってしまう。目次の構成が悪ければ内容の構成も悪い。本文を適当に拾ってわけがわからないことが書いてあれば、全部にわけがわからないことが書いてあると思ってまちがいない。少なくとも、わたしは例外を知らない。

この本は大丈夫だと思う。おすすめ。

関連記事

ニートのニュースあれこれ ニートの話題は一段落したものと思っていたが、その矢先にまたニュースとくる。 まずは産経が『「ニート」増加に危機感 日本経団連』と題し、 日本経団連が14日発表した経営労働政策委員会報告は、若年者の雇用問題について「技術・技能を持たない若年者の増加は将来の日本全体の競争力低下をもたらしかねない」...
ニートと引きこもり(8)  いきなり仮説的結論。  ニートは、そして引きこもりも、結局のところ自己評価が非常に低い。詳しくは『ホームレス心理学』の一連記事に譲るが、今ここでいう両者に共通する低い自己評価とは、2種類ある自己評価のうち存在の価値のことである。今、生きて在る自分への根源的な信頼を欠いているため、能力の有無に関係...
「ちゃんといい加減に生きよう」と玄田さん... ニートなどの研究で知られる東京大学社会科学研究所の玄田有史助教授が「ニートが大人に問うたこと」というテーマで講演したとライブドアニュースが報じた。助教授は「社会全体が余裕を失っている。生真面目になりすぎるのではなく、"ちゃんといい加減に"生きよう」と語ったという。  玄田助教授は「何でも理解し...
ホームレスのボランティアで社会参加?... もうずっと前から考えていたことなのだが、ニートや引きこもりの人たちが社会参加する機会として、ホームレスのボランティアをするというのはどうなんだろ? そうすれば一石二鳥だよね。こういうのをコラボレーションとかなんとかいうのかな? 双方の支援団体が横の連絡を取り合えば不可能なことではないよね。あるいは行...
スポンサーリンク