「ニート」支援マニュアル(工藤啓)

スポンサーリンク
「ニート」支援マニュアル
PHP研究所
工藤 啓(著)
価格:
発送:通常24時間以内に発送
発売日:2005-11-12

先日、書店をウロウロしていて見つけたニート本。新刊のようだ。著者の工藤啓さんというのは「育て上げネット」の親玉だろう。

手に取って、まず目次を見た。かゆいところに手が届くような、きめ細かな構成になっていた。本文は10行ぐらいしか読まなかった。落ち着いてしっかりとした文章だった。

わたしはニート関係の本をそれほど読んでいるわけではない。しかし、今出版されているニート本で、おそらくいちばんのデキだろうと思う。思いつきで書き飛ばされたものじゃなく、充分に吟味されて書かれた感じがある。誰もが書けるというふうではない。あぁ、目次と本文を10行読んだぐらいでそんなことがいえるのでショーカ?

いえる。本なんぞ、目次と本文10行程度でデキはほとんどわかってしまう。目次の構成が悪ければ内容の構成も悪い。本文を適当に拾ってわけがわからないことが書いてあれば、全部にわけがわからないことが書いてあると思ってまちがいない。少なくとも、わたしは例外を知らない。

この本は大丈夫だと思う。おすすめ。

関連記事

ニート支援策、見直しへ 厚生労働省がニートの支援策を見直すそうだ。調査の結果、発達障害を持つ人が一部に含まれていることがわかったため、支援機関に心理専門職を配置するらしい。 なにをいまさらこんなことをやっているのか、さっぱりわけがわからないニュースだ。このことばが流通しはじめた当初から、すでにニートにはいくつかの種類が...
ニートとひきこもり(1)  にせ藤沢人さんのブログ「藤沢生活」の記事『引きこもりとホームレス』では、ひきこもりとホームレスの接点について触れられているが、わたしもホームレス、ニート、ひきこもりには多分に重なり合う部分があると感じている。また、フリーターも単に雇用の問題としてではなく、その心性においてどこかホームレスに通じると...
ニートと引きこもり(3) ニート―フリーターでもなく失業者でもなく玄田 有史 曲沼 美恵幻冬舎 2004-07Amazonで詳しく見る  by G-Tools  はじめに、ニートの定義について。 『ニート』(玄田有史・曲沼美恵/幻冬舎)によると、 就業者 失業者:仕事はしていないが、行政の調査期間中(月末...
ニートと引きこもり(4)  前回、ニートや引きこもり、ホームレスなどの分類については、就業意思のあるなしで分類・対策を考えたほうがシンプルになるのではないかというような意味のことを書いたが、5月17日の産経新聞でニート問題が取り上げられたとき、すでに「就業意欲」を分類の概念として取り込んでいた人の記事があった。  ...
スポンサーリンク