杉村太蔵議員がニートやフリーターと会合

スポンサーリンク

いろいろ物議をかもした杉村太蔵議員が、いよいよ活動を本格化させるようだ。「杉村太蔵が聞きたいっ!」と銘打って、計4回にわたって意見交換の場を設ける。

今回は、フリーター、ニート、その親御さんの声を
聞かせていただけないか、というのが僕の勝手なお願いです。

今、夢を持っている人、持っていない人。

夢を持っている人は、その夢の実現に向けて
どんな努力をしているのでしょうか?

夢を持つこと、夢を実現させることに
足りないモノは何でしょうか?

それを補うために、杉村太蔵は何が出来ますか?

もし夢を持ていないという人は、なぜ夢を持てないのでしょう?

我こそはフリーター、我こそはニート、という皆さん。
僕に語ってくれませんか?
一緒に考えてみませんか?

なんと対象はニートやフリーター関係の人たちだ。ニートの代表になることを表明していた同議員だが、早速行動を開始したということらしい……が、たとえばこの行動力ひとつとっても、ニートの子らとはまったくちがうことがよくわかる。

こうした「物怖じしない」ようなタイプの人に、果たしてニートが理解できるのか、わたしは懐疑的だ。同世代性があるとはいえ、よほど視線を下げてかからないと、
「ビシビシ鍛える」
などという的外れな結論を持ちかねない。

引用した文でもやたらと「?」が多く、
「聴こう」
ではなく
「問い詰めよう」
といった詰問調になっている。

船出でつまずいた格好の同議員だが、今後の航海も険しそうに見えた。

関連記事

藤沢市がニート・フリーター対策「レッツしごと塾」... ニートやフリーター対策に藤沢市が「レッツしごと塾」なる若者支援事業をはじめるのだと、8月19日付の日経新聞が報じている。講演会やカウンセリングを中心に、当事者だけでなく親を対象とした個別相談会なども実施するそうだ。ハローワークの就職面接会にも参加するという。若者の現状は「地域社会にとっても大きな損失...
ニートと引きこもり(8)  いきなり仮説的結論。  ニートは、そして引きこもりも、結局のところ自己評価が非常に低い。詳しくは『ホームレス心理学』の一連記事に譲るが、今ここでいう両者に共通する低い自己評価とは、2種類ある自己評価のうち存在の価値のことである。今、生きて在る自分への根源的な信頼を欠いているため、能力の有無に関係...
『ひきこもる若者たち』(町沢静夫/大和書房)... ホームレス問題との接点を考えながら、引きこもり関連の情報にあたっているが、この本の著者は有名な精神科医。とりわけ人格障害、特に境界性人格障害、いわゆるボーダーラインの権威だ。なにより、あの「佐賀バスジャック事件」で両親の相談を受け、少年を入院させるべく、警察や病院に手を打った医師その人である。病院が...
ニートと引きこもり(5)  引きこもりやニート、あるいはフリーターなどを生み出した原因と考えられるものを、これまで聞いた、あるいはつらつらと思いつくままに挙げてみた。 産業 製造業の衰退と産業の空洞化によって労働市場が悪化し、失業が増加した 不況下、会社が中高年労働者を保護し若い社員を育てる役割を放棄し...
スポンサーリンク