杉村太蔵議員がニートやフリーターと会合

スポンサーリンク

いろいろ物議をかもした杉村太蔵議員が、いよいよ活動を本格化させるようだ。「杉村太蔵が聞きたいっ!」と銘打って、計4回にわたって意見交換の場を設ける。

今回は、フリーター、ニート、その親御さんの声を
聞かせていただけないか、というのが僕の勝手なお願いです。

今、夢を持っている人、持っていない人。

夢を持っている人は、その夢の実現に向けて
どんな努力をしているのでしょうか?

夢を持つこと、夢を実現させることに
足りないモノは何でしょうか?

それを補うために、杉村太蔵は何が出来ますか?

もし夢を持ていないという人は、なぜ夢を持てないのでしょう?

我こそはフリーター、我こそはニート、という皆さん。
僕に語ってくれませんか?
一緒に考えてみませんか?

なんと対象はニートやフリーター関係の人たちだ。ニートの代表になることを表明していた同議員だが、早速行動を開始したということらしい……が、たとえばこの行動力ひとつとっても、ニートの子らとはまったくちがうことがよくわかる。

こうした「物怖じしない」ようなタイプの人に、果たしてニートが理解できるのか、わたしは懐疑的だ。同世代性があるとはいえ、よほど視線を下げてかからないと、
「ビシビシ鍛える」
などという的外れな結論を持ちかねない。

引用した文でもやたらと「?」が多く、
「聴こう」
ではなく
「問い詰めよう」
といった詰問調になっている。

船出でつまずいた格好の同議員だが、今後の航海も険しそうに見えた。

関連記事

まだ間に合うよ 8月19日付の日経新聞1面コラムで、博士号を持った人の就職難について触れられている。文部科学省は1991年から大学院を拡充して博士の大量養成に乗り出し、2004年度には博士課程修了の研究者が約15,000人になって、当時の倍に増えたという。しかし、就職できない博士が増えているというのである。 ...
ニートと引きこもり(4)  前回、ニートや引きこもり、ホームレスなどの分類については、就業意思のあるなしで分類・対策を考えたほうがシンプルになるのではないかというような意味のことを書いたが、5月17日の産経新聞でニート問題が取り上げられたとき、すでに「就業意欲」を分類の概念として取り込んでいた人の記事があった。  ...
ニート~良くもなく悪くもなく  このカテゴリーで扱うニートや引きこもりの話題についての、わたしのポジション。 原因  すでに『ニートと引きこもり(5)』でも触れているとおり、ニートや引きこもりの原因は産業構造・雇用・家庭・教育・住宅環境・地域社会など、さまざまな分野で起きている大きな構造的変化にある。それらが複雑に絡...
ニートと引きこもり(6)  かつての伝統的な社会では、自分が何者であるかなど、考えるまでもなく外側から規定されていた。それは身分であり家柄であり性別だった。だれそれは商家の嫡子であり家業を継いで嫁さんもらってなどということは、親も周辺の人間も、また本人さえも、まったく疑うことなくそう思い、またそのように見ていただろう。 ...
スポンサーリンク