杉村太蔵議員がニートやフリーターと会合

スポンサーリンク

いろいろ物議をかもした杉村太蔵議員が、いよいよ活動を本格化させるようだ。「杉村太蔵が聞きたいっ!」と銘打って、計4回にわたって意見交換の場を設ける。

今回は、フリーター、ニート、その親御さんの声を
聞かせていただけないか、というのが僕の勝手なお願いです。

今、夢を持っている人、持っていない人。

夢を持っている人は、その夢の実現に向けて
どんな努力をしているのでしょうか?

夢を持つこと、夢を実現させることに
足りないモノは何でしょうか?

それを補うために、杉村太蔵は何が出来ますか?

もし夢を持ていないという人は、なぜ夢を持てないのでしょう?

我こそはフリーター、我こそはニート、という皆さん。
僕に語ってくれませんか?
一緒に考えてみませんか?

なんと対象はニートやフリーター関係の人たちだ。ニートの代表になることを表明していた同議員だが、早速行動を開始したということらしい……が、たとえばこの行動力ひとつとっても、ニートの子らとはまったくちがうことがよくわかる。

こうした「物怖じしない」ようなタイプの人に、果たしてニートが理解できるのか、わたしは懐疑的だ。同世代性があるとはいえ、よほど視線を下げてかからないと、
「ビシビシ鍛える」
などという的外れな結論を持ちかねない。

引用した文でもやたらと「?」が多く、
「聴こう」
ではなく
「問い詰めよう」
といった詰問調になっている。

船出でつまずいた格好の同議員だが、今後の航海も険しそうに見えた。

関連記事

ニートとひきこもり(1)  にせ藤沢人さんのブログ「藤沢生活」の記事『引きこもりとホームレス』では、ひきこもりとホームレスの接点について触れられているが、わたしもホームレス、ニート、ひきこもりには多分に重なり合う部分があると感じている。また、フリーターも単に雇用の問題としてではなく、その心性においてどこかホームレスに通じると...
ニートと引きこもり(2)  先日発表された労働経済白書で、学校にもゆかず働きもせず求職活動もおこなっていない若年無業者、いわゆるニートが52万人いるとされた。これは定義からすれば、遊び人よろしくブラブラしている者だけではなく引きこもりの若者たちも含んだ数字だろうと思うのだが、今、引きこもりの人は数十万とも100万ともいわれて...
ニートやフリーターは国の将来に……... どうもこの、ニートとかフリーターとかに関して最近は、 「将来の税収に影響する」 「経済が衰退する」 「国力が……」 というような、マクロの視点から問題視されているようだけれども、まぁそれによって注目が集まるのは悪いことではないのかなぁ? わたし自身は、ミクロを語らないと当事者の痛みはわからないだろう...
まだ間に合うよ(2) 7月以降、厚生労働省がニートやフリーターなどを支援する「若者自立塾」がスタートした。しかし、その内実は、早寝早起きなどの生活習慣を身に付けながら、職場体験などによって就労意欲を高めさせ、 「ニートの根性をたたきなおす(与党の有力議員)」(8月3日付・読売新聞) ものだという。 「朝6時半起床。ぞ...
スポンサーリンク