バイブル(私家版)のことば

スポンサーリンク

人はパンのみで生きるのではない。パンの間にあるハムやレタス、またはトマトかタマゴ、ないしツナあるいはハムカツ、さらにコロッケおよびスパゲッティ、加えてサラダついにはマーマレード、必要に応じて小倉あんとジャムとクリームによって生きるのである。 ~バイブル(私家版)より~

腹減ったッ!(笑)

関連記事

火事場のホームレス 火事場の馬鹿力、とは、 「これ以上ちからを出すとケガするかも」 という限度を超えたときに発揮されるんだそうである。ふつうはリミッターみたいなのが働いて、そこまではいかないんだとか。スポーツ選手はこのリミッターを外すらしい。それで超人的な活躍をするそうな。 まちがっても超人的とはいわないけれど、このブ...
こだわりの生き方 元々「こだわる」とは、どうでもよい仔細なことにとらわれるという意味で、「拘泥」と同義語だった。近年になって「こだわりの一品」などという、個性を主張するための使い方をされるようになったが、本来は悪い意味で使われたことばである。 なにかにこだわるほど、人は自由を失ってゆく。なにかにとらわれるほど、人の考...
殺人刀と活人剣、武器執る者の掟、禅... 『よろずや平四郎活人剣』といえば、ドラマ化されたこともある藤沢周平の傑作時代小説だ。しかしこの「活人剣」とは、いったいなんのことだろう? 「かつじんけん」と読むようだが、字義どおりなら「人を活かす剣」だけれど、それはいったいどのようなものなのだろうか。 これは元をたどれば禅の用語で「かつにんけん」と...
Show me a way!  梅雨入りしてからというもの、南関東は連日、凄まじいまでの暑さがつづく。レンガだかタイルだかの張られた路上からの照り返しは猛烈だ。ぼくはやや脱水状態気味であり、あまり体調がよろしくない。みなさんもお身体お大事に。...
スポンサーリンク