「ちゃんといい加減に生きよう」と玄田さん

スポンサーリンク

ニートなどの研究で知られる東京大学社会科学研究所の玄田有史助教授が「ニートが大人に問うたこと」というテーマで講演したとライブドアニュースが報じた。助教授は「社会全体が余裕を失っている。生真面目になりすぎるのではなく、”ちゃんといい加減に”生きよう」と語ったという。

 玄田助教授は「何でも理解したいという好奇心の強い子ほど、学校や会社で自分のしていることの意味を考えすぎ、自分を追いつめて苦しんでしまう。そして、何もできなくなる」と語り、ニートは不登校の延長や無気力の象徴ではなく、勉強や仕事からプレッシャーを受け、頑張りすぎることが原因の場合が多いと話した。

これは「ニートの定義と分類」でちらりと触れた達成動機が高い」タイプのニートのことだと思う。達成動機とニートとの関連について触れた話は聞いたことがないが、おそらく専門家は研究しているにちがいない。というか、玄田さんは社会学の先生だから心理学の用語を使わないだけで、いっていることはいっしょである。

まぁ、もっとデタラメに生きようといっているわけですナ(笑)。そりゃむろんクソマジメな子たちにいっているわけで、今これを読んでいるそこのいい加減でデタラメなアナタッ! アナタはもっとマジメにキチンと生きなきゃダメよッ!

関連記事

ニートやフリーターは国の将来に……... どうもこの、ニートとかフリーターとかに関して最近は、 「将来の税収に影響する」 「経済が衰退する」 「国力が……」 というような、マクロの視点から問題視されているようだけれども、まぁそれによって注目が集まるのは悪いことではないのかなぁ? わたし自身は、ミクロを語らないと当事者の痛みはわからないだろう...
まだ間に合うよ 8月19日付の日経新聞1面コラムで、博士号を持った人の就職難について触れられている。文部科学省は1991年から大学院を拡充して博士の大量養成に乗り出し、2004年度には博士課程修了の研究者が約15,000人になって、当時の倍に増えたという。しかし、就職できない博士が増えているというのである。 ...
ニートとは? ~ニートの定義と分類... ニートの定義  ニート(NEET)とは「Not in Employment, Education or Training」または「Not in Education, Employment or Training」の頭文字を取ったもので、学校(予備校なども含む)に籍がなくて仕事をしておらず進学お...
ニートとひきこもり(1)  にせ藤沢人さんのブログ「藤沢生活」の記事『引きこもりとホームレス』では、ひきこもりとホームレスの接点について触れられているが、わたしもホームレス、ニート、ひきこもりには多分に重なり合う部分があると感じている。また、フリーターも単に雇用の問題としてではなく、その心性においてどこかホームレスに通じると...
スポンサーリンク