「ちゃんといい加減に生きよう」と玄田さん

スポンサーリンク

ニートなどの研究で知られる東京大学社会科学研究所の玄田有史助教授が「ニートが大人に問うたこと」というテーマで講演したとライブドアニュースが報じた。助教授は「社会全体が余裕を失っている。生真面目になりすぎるのではなく、”ちゃんといい加減に”生きよう」と語ったという。

 玄田助教授は「何でも理解したいという好奇心の強い子ほど、学校や会社で自分のしていることの意味を考えすぎ、自分を追いつめて苦しんでしまう。そして、何もできなくなる」と語り、ニートは不登校の延長や無気力の象徴ではなく、勉強や仕事からプレッシャーを受け、頑張りすぎることが原因の場合が多いと話した。

これは「ニートの定義と分類」でちらりと触れた達成動機が高い」タイプのニートのことだと思う。達成動機とニートとの関連について触れた話は聞いたことがないが、おそらく専門家は研究しているにちがいない。というか、玄田さんは社会学の先生だから心理学の用語を使わないだけで、いっていることはいっしょである。

まぁ、もっとデタラメに生きようといっているわけですナ(笑)。そりゃむろんクソマジメな子たちにいっているわけで、今これを読んでいるそこのいい加減でデタラメなアナタッ! アナタはもっとマジメにキチンと生きなきゃダメよッ!

関連記事

まだ間に合うよ 8月19日付の日経新聞1面コラムで、博士号を持った人の就職難について触れられている。文部科学省は1991年から大学院を拡充して博士の大量養成に乗り出し、2004年度には博士課程修了の研究者が約15,000人になって、当時の倍に増えたという。しかし、就職できない博士が増えているというのである。 ...
ニートニュース ★6月14日 「ニート実態調査 家族や本人から原因聞き取り 文科省が初」(産経新聞) 中山成彬文部科学相は十三日、ニート対策などを中央教育審議会に諮問するとともに、同省は本人や家族から聞き取り調査するなど初の実態調査の実施を決めた。 ~中略~ 「原因を掘り下げ、さまざまな教育の機会をとらえて対策を...
日本人、哀れなり 数日前に毎日新聞に「ニートやフリーターは本人の責任か、社会の責任か?」というアンケートの結果が載っていた。8割ぐらいの人たちが「本人の責任」と答えていた。哀れな結果だと思った。 年齢別では、やや低い数字を示している10代の若者から数値が上がりはじめ、30代、40代の働き盛りでピークを迎える。高齢...
フリーター25万人を正社員化 「政府、フリーター25万人の「正社員化」めざす」と10月7日の日経新聞が報じた。首相官邸で開かれた「若者自立・挑戦戦略会議」で来年度に25万人のフリーターの正社員化を目指す方針を決めた。ニートに対しても自立支援施設を全国60カ所に設置するという。 窓口だけ作って待っていてもダメなんで、積極的にア...
スポンサーリンク