「怒った顔がおもしろい」のでホームレスに暴行

スポンサーリンク

東京新聞の「『怒った顔がおもしろい』ホームレスに暴行」によれば、東京・荒川河川敷のホームレスに暴行などを加えた都立高男子1年生7人が逮捕されたという。今年7月18日深夜、ホームレスに向けてロケット花火約30発を発射。小石約60個を投げつけたほか、暴行を加えた疑い。生徒のひとりは、
「ホームレスなら警察に届けないと思った。怒った顔がおもしろいのでストレス解消になる」(同紙)
と話した。

いつの話かと思ったら夏の事件である。よくわからないが、今ごろになって逮捕されるのね。なんか手続きとかあるのかな? わかんないけど。

やはり7月に、墨田区の公園に住んでいたホームレスが定時高生男子ふたり組に殺された事件でも、犯人は
「酒を飲んだあとのストレス解消」
などと供述していたのを思い出す。

ストレス解消のために人を襲うなんてどうかしているが、別の角度で見てみれば、今の子供たちはそれだけストレスが溜まっているということになるのかも知れない。それが安直に弱者に向かう、すなわち「弱いものイジメ」で済まそうとする風潮が、子供たちの絶望感を表しているような気もする。より強いものに立ち向かおうとするエネルギーの減少、みたいな? 弱いものイジメは簡単だからね。

余談ながら、ホームレスなら警察に届けない、というのはまちがいだ。去年あるホームレスに暴行した人物は、警察からの連絡を受け謝罪したため刑事事件には至らず逮捕こそ逃れたものの、反省が足りないとの苦情を受けた行政から指導を受け、職場を変わる羽目になっている。クビになったかも知れないとも聞く。ただで済むことはないのである。

その後、そのホームレスは、警察から、
「おかしなのがいたら通報してくれ」
といわれ、ときどきパトロールをしているそうな。でも、自分がおかしな者にまちがわれても困るので、こりゃまた困っているそうな(笑)。

関連記事

川崎市ホームレス自立支援実施計画案... 朝日・読売・神奈川各新聞によると、川崎市が2004~2008年度のホームレス自立支援実施計画案を発表した。緊急支援から自立支援への転換を明確にした。主な施策は次のとおり。 自立支援市民事業 就労支援センター(定員50人) 公園ホームレス対策シェルター(定員200人) パン券事業の縮小・廃止 ホ...
川崎市ホームレス自立支援施設問題の推移... 最新トピック ★12月15日 16日付毎日新聞によると、「川崎市社会福祉協議会」が市立川崎高校福祉科の学生、「愛生寮」の朝倉所長、周辺住民、ボランティア団体メンバーなど約200人を集めてパネルディスカッションを開いた。住民からは施設設置経緯における市の対応への批判、現在の利用者との良好な関係などが報...
川崎のホームレス、数えまちがいで減少か?... 川崎のホームレスが減少したと8月25日付・読売新聞川崎版が報じた。川崎市では7月にホームレス数の調査をおこない、同月29日現在で938人(概数)を確認。90人減少したという。内訳は川崎区605人、幸区132人、中原区92人、高津区35人、宮前区6人、多摩区62人、麻生区6人。場所は公園など351人、...
淀川河川敷でホームレス襲撃続発 ■「淀川河川敷でホームレス襲撃続発…投石や小屋破壊」(YOMIURI ONLINE(読売新聞)) 大阪の淀川河川敷に住むホームレス3人が先月から今月にかけて、10人前後の少年グループから連続して襲撃されていたというニュースだ。石を投げられたり小屋を壊されたりしたというが、ひとりは怪我もしているからた...
スポンサーリンク