「怒った顔がおもしろい」のでホームレスに暴行

スポンサーリンク

東京新聞の「『怒った顔がおもしろい』ホームレスに暴行」によれば、東京・荒川河川敷のホームレスに暴行などを加えた都立高男子1年生7人が逮捕されたという。今年7月18日深夜、ホームレスに向けてロケット花火約30発を発射。小石約60個を投げつけたほか、暴行を加えた疑い。生徒のひとりは、
「ホームレスなら警察に届けないと思った。怒った顔がおもしろいのでストレス解消になる」(同紙)
と話した。

いつの話かと思ったら夏の事件である。よくわからないが、今ごろになって逮捕されるのね。なんか手続きとかあるのかな? わかんないけど。

やはり7月に、墨田区の公園に住んでいたホームレスが定時高生男子ふたり組に殺された事件でも、犯人は
「酒を飲んだあとのストレス解消」
などと供述していたのを思い出す。

ストレス解消のために人を襲うなんてどうかしているが、別の角度で見てみれば、今の子供たちはそれだけストレスが溜まっているということになるのかも知れない。それが安直に弱者に向かう、すなわち「弱いものイジメ」で済まそうとする風潮が、子供たちの絶望感を表しているような気もする。より強いものに立ち向かおうとするエネルギーの減少、みたいな? 弱いものイジメは簡単だからね。

余談ながら、ホームレスなら警察に届けない、というのはまちがいだ。去年あるホームレスに暴行した人物は、警察からの連絡を受け謝罪したため刑事事件には至らず逮捕こそ逃れたものの、反省が足りないとの苦情を受けた行政から指導を受け、職場を変わる羽目になっている。クビになったかも知れないとも聞く。ただで済むことはないのである。

その後、そのホームレスは、警察から、
「おかしなのがいたら通報してくれ」
といわれ、ときどきパトロールをしているそうな。でも、自分がおかしな者にまちがわれても困るので、こりゃまた困っているそうな(笑)。

関連記事

イギリスのITホームレス支援事情 「英国留学日記」というブロクの作者である高橋伸太郎さんという方は、イギリスでホームレスにネットへの接続環境を提供して社会復帰に役立ててもらうプロジェクトに参加しているという(「ホームレスの社会復帰プログラム」)。 まさに“ITホームレス”を支援しているわけである。このプロジェクトがどうなってゆくのか...
見えにくくなってゆくホームレス 6日付の東京新聞が「ホームレス6700人減少 4年前より、景気回復影響」と報じた。 公園や河川などで生活するホームレスの数が、4年前に比べ約6700人減り、約1万8500人であることが6日、厚生労働省が公表した全国調査の結果で分かった。東京、大阪、名古屋などの大都市で減少が目立っており、同省は「景...
山谷の労働者にパソコン講習 13日の朝日新聞・夕刊だと思うのだが、「城北労働・福祉センター」が、山谷の主にドヤ暮らしの労働者にパソコン講習をおこなっているという記事。といっても専門職に育てるつもりはなく、あくまでも必要最低限のスキル範囲内らしい。土木関係の求人が激減しているので、別の職種への取っ掛かりとしてということのようだ。...
川崎市の弁当(パン券)支給廃止 ほかのことを考えられる状態にないのだが、川崎市のパン券廃止には触れておかなければならない(「川崎市、ホームレス救済の「パン券」廃止」(Soulful Shout -魂叫-))。 これは人道的支援の名目ではじめたものだったろう。ならば、本来、緊急避難的におこなわれるべきもののはずだ。その間に社会復...
スポンサーリンク