フリーター25万人を正社員化

スポンサーリンク

政府、フリーター25万人の「正社員化」めざす」と10月7日の日経新聞が報じた。首相官邸で開かれた「若者自立・挑戦戦略会議」で来年度に25万人のフリーターの正社員化を目指す方針を決めた。ニートに対しても自立支援施設を全国60カ所に設置するという。

窓口だけ作って待っていてもダメなんで、積極的にアウトリーチしないとなかなか結果は出てこないでしょうね。自分から窓口へやってくるような子たちは、簡単なきっかけさえあれば……というタイプで、そもそもそれほど問題にならない子ですからね。もっと掘り起こしていかないといけないよね。

それともうひとつは費用の問題がある。現在実施されている「若者自立塾」のプランは、たとえば富山の宇奈月でスタートしたもので個人負担が3カ月間で21万5千円かかる。

ニートがいる世帯は4割弱が年収300万円未満であることが内閣府の「若年無業者に関する調査(中間報告)」でも明らかになっていて、負担費用のために施設利用をためらうケースもあると聞く。といって、無料というのも世間の承認を得られにくいであろう。世帯の所得によって費用を調整する必要もあるのかも知れない。

関連記事

ニートと引きこもり(5)  引きこもりやニート、あるいはフリーターなどを生み出した原因と考えられるものを、これまで聞いた、あるいはつらつらと思いつくままに挙げてみた。 産業 製造業の衰退と産業の空洞化によって労働市場が悪化し、失業が増加した 不況下、会社が中高年労働者を保護し若い社員を育てる役割を放棄し...
まだ間に合うよ 8月19日付の日経新聞1面コラムで、博士号を持った人の就職難について触れられている。文部科学省は1991年から大学院を拡充して博士の大量養成に乗り出し、2004年度には博士課程修了の研究者が約15,000人になって、当時の倍に増えたという。しかし、就職できない博士が増えているというのである。 ...
もっとラクしよう はっきりいって行き詰まってます(笑)。なにがってホームレスとニートやら引きこもりやらとの接点。 あるにはあるが部分と部分が重なり合うだけで、全体として語ることがむずかしい。要するに、それだけ多種多様ということなんでしょう。それはまた、こうしたグループが特別な人間で構成されているわけではないことを...
ニートニュース ★6月14日 「ニート実態調査 家族や本人から原因聞き取り 文科省が初」(産経新聞) 中山成彬文部科学相は十三日、ニート対策などを中央教育審議会に諮問するとともに、同省は本人や家族から聞き取り調査するなど初の実態調査の実施を決めた。 ~中略~ 「原因を掘り下げ、さまざまな教育の機会をとらえて対策を...
スポンサーリンク