フリーター25万人を正社員化

スポンサーリンク

政府、フリーター25万人の「正社員化」めざす」と10月7日の日経新聞が報じた。首相官邸で開かれた「若者自立・挑戦戦略会議」で来年度に25万人のフリーターの正社員化を目指す方針を決めた。ニートに対しても自立支援施設を全国60カ所に設置するという。

窓口だけ作って待っていてもダメなんで、積極的にアウトリーチしないとなかなか結果は出てこないでしょうね。自分から窓口へやってくるような子たちは、簡単なきっかけさえあれば……というタイプで、そもそもそれほど問題にならない子ですからね。もっと掘り起こしていかないといけないよね。

それともうひとつは費用の問題がある。現在実施されている「若者自立塾」のプランは、たとえば富山の宇奈月でスタートしたもので個人負担が3カ月間で21万5千円かかる。

ニートがいる世帯は4割弱が年収300万円未満であることが内閣府の「若年無業者に関する調査(中間報告)」でも明らかになっていて、負担費用のために施設利用をためらうケースもあると聞く。といって、無料というのも世間の承認を得られにくいであろう。世帯の所得によって費用を調整する必要もあるのかも知れない。

関連記事

ニートと引きこもり(5)  引きこもりやニート、あるいはフリーターなどを生み出した原因と考えられるものを、これまで聞いた、あるいはつらつらと思いつくままに挙げてみた。 産業 製造業の衰退と産業の空洞化によって労働市場が悪化し、失業が増加した 不況下、会社が中高年労働者を保護し若い社員を育てる役割を放棄し...
ニートとひきこもり(1)  にせ藤沢人さんのブログ「藤沢生活」の記事『引きこもりとホームレス』では、ひきこもりとホームレスの接点について触れられているが、わたしもホームレス、ニート、ひきこもりには多分に重なり合う部分があると感じている。また、フリーターも単に雇用の問題としてではなく、その心性においてどこかホームレスに通じると...
適職診断サービスを開始(神奈川) 8月6日付の日経新聞によれば、パソコンやケータイで利用できる「適職診断」サービスを神奈川県がはじめたそうだ。心理カウンセラーが作った60問の問題に答えると、適正があると思われる職業が表示される。 県が運営する「かながわ若者就職支援センター」が開設したものだが、センター利用の呼び水にしたいとの考えだと...
ニートと引きこもり(7)  要するに土浦の事件なのだ。すわっ、ニートだ、というのでドドッとこちらを覗いていただきました(笑)。ちなみに、わたしはニートではありません。ホームレスですが収入はあります。 「自分の居場所がない」  という容疑者のコメントは、物理的空間より精神的なものだろうと思う。家族だけで抱え込んでし...
スポンサーリンク