フリーター25万人を正社員化

スポンサーリンク

政府、フリーター25万人の「正社員化」めざす」と10月7日の日経新聞が報じた。首相官邸で開かれた「若者自立・挑戦戦略会議」で来年度に25万人のフリーターの正社員化を目指す方針を決めた。ニートに対しても自立支援施設を全国60カ所に設置するという。

窓口だけ作って待っていてもダメなんで、積極的にアウトリーチしないとなかなか結果は出てこないでしょうね。自分から窓口へやってくるような子たちは、簡単なきっかけさえあれば……というタイプで、そもそもそれほど問題にならない子ですからね。もっと掘り起こしていかないといけないよね。

それともうひとつは費用の問題がある。現在実施されている「若者自立塾」のプランは、たとえば富山の宇奈月でスタートしたもので個人負担が3カ月間で21万5千円かかる。

ニートがいる世帯は4割弱が年収300万円未満であることが内閣府の「若年無業者に関する調査(中間報告)」でも明らかになっていて、負担費用のために施設利用をためらうケースもあると聞く。といって、無料というのも世間の承認を得られにくいであろう。世帯の所得によって費用を調整する必要もあるのかも知れない。

関連記事

「ニート」支援マニュアル(工藤啓)... 「ニート」支援マニュアルPHP研究所工藤 啓(著)価格:¥ -発送:通常24時間以内に発送発売日:2005-11-12Amazon.co.jpで詳しくみるby Amazy 先日、書店をウロウロしていて見つけたニート本。新刊のようだ。著者の工藤啓さんというのは「育て上げネット」の親玉だろう。 手に取っ...
ニート~良くもなく悪くもなく  このカテゴリーで扱うニートや引きこもりの話題についての、わたしのポジション。 原因  すでに『ニートと引きこもり(5)』でも触れているとおり、ニートや引きこもりの原因は産業構造・雇用・家庭・教育・住宅環境・地域社会など、さまざまな分野で起きている大きな構造的変化にある。それらが複雑に絡...
ニート対策にはコーチング ニート対策にはティーチング(指導・教育)よりもコーチングが有効だ。 ニートの原因として社会構造の変化、すなわち社会が「こう生きれば大丈夫」というモデルを示せなくなったということがあるのだが、これは家庭問題としても表面化していて、親が子供に「こう生きれば幸せになれる」というモデルを示せなくなっている、...
ニート脱出にブログがひと役 山形大学の加納寛子助教授は10月30日に開かれたシンポジウムで、ブログがニート脱出に役立った事例について報告した。朝日新聞が報じた(リンク切れの可能性があります)。加納助教授によれば、 「ネット上で他者とやり取りをすることが、自分を客観的に見つめるきっかけになることもある」(同紙より) そうである。...
スポンサーリンク