ニートの代表? 杉村議員

スポンサーリンク

先の衆院選で当選した自民党の杉村太蔵さんという人が
「早く料亭へ行きたい」
とかいろいろ物議をかもす発言をして、ワイドショーを賑わせていたことはみなさんご承知。といってもわたしは知らない。わざわざワイドショーを観るために電器店には足を運ばないからだ。そのせいか、世間ではすでに彼の話題は下火のようで、なにを今さらなのだけど……

で、まァその杉村さんを先輩議員である元プロレスラー・大仁田厚さんがどうこうというニュースがあったのだが、そんなことはどうでもよい。それよりも、この杉村さんというのは、ニートの代表になる、とかなんとかいっているらしいのだ。

意味がよくわからない。ニートの代表??? この人はニートなのか? ほんとうかどうか知らないが、元フリーターだとかなんだとか? しかし定義上、ニートにはならんだろう? 今じゃ国会議員だし……。なにをいっているのかよくわからない。

なんだかエライ人が議員になっちゃったんだねぇ……。これでこの人、何千万も給料をもらうのよ。どーすんのかしら……(@_@;)

関連記事

適職診断サービスを開始(神奈川) 8月6日付の日経新聞によれば、パソコンやケータイで利用できる「適職診断」サービスを神奈川県がはじめたそうだ。心理カウンセラーが作った60問の問題に答えると、適正があると思われる職業が表示される。 県が運営する「かながわ若者就職支援センター」が開設したものだが、センター利用の呼び水にしたいとの考えだと...
もっとラクしよう はっきりいって行き詰まってます(笑)。なにがってホームレスとニートやら引きこもりやらとの接点。 あるにはあるが部分と部分が重なり合うだけで、全体として語ることがむずかしい。要するに、それだけ多種多様ということなんでしょう。それはまた、こうしたグループが特別な人間で構成されているわけではないことを...
ニートと引きこもり(6)  かつての伝統的な社会では、自分が何者であるかなど、考えるまでもなく外側から規定されていた。それは身分であり家柄であり性別だった。だれそれは商家の嫡子であり家業を継いで嫁さんもらってなどということは、親も周辺の人間も、また本人さえも、まったく疑うことなくそう思い、またそのように見ていただろう。 ...
日本人、哀れなり 数日前に毎日新聞に「ニートやフリーターは本人の責任か、社会の責任か?」というアンケートの結果が載っていた。8割ぐらいの人たちが「本人の責任」と答えていた。哀れな結果だと思った。 年齢別では、やや低い数字を示している10代の若者から数値が上がりはじめ、30代、40代の働き盛りでピークを迎える。高齢...
スポンサーリンク