ほとんど進まぬホームレス施策

スポンサーリンク

遅れる施策、効果鈍く」と10月4日の東京新聞が川崎市のホームレス施策について報じた。

現在、川崎市のホームレス施策は一時宿泊施設である「愛生寮」がほとんどすべてをまかなっている。しかし、その後につづくはずの自立支援センターなどの設置が進まないため、「出口」を設けることができない。同施設の朝倉所長は、
「次につながる施設がない現状ではしんどい」(同紙)
と話す。こうした現状を見て同紙は、

こういった施策の遅れが自立への歩みを鈍らせている側面は否めない。

~中略~

限られた時間の中で効率的な施策を展開するためには「次の一手」が急がれる。

としている。

興味深いのは川崎におけるホームレス数の現状だ。市が7月におこなった調査では938人で90人減。市はこれを自立支援施策の効果だとしているとのニュースは「川崎のホームレス、数えまちがいで減少か?」でお伝えしたが、東京新聞はこの数字に「愛生寮」の利用者が含まれていないと書いている(!)。なんてことだ。調査当日の「愛生寮」利用者数は114人で、これを足せば実際には増えている勘定になる。

市は成果が出ているとアピールしたくて差し引いたのだろうが、施設利用者をホームレスの勘定に入れないなどというのは、意図的な数字操作だといわれてもしかたないのではないか。というよりも詭弁に近い。それをそのまま報じた読売新聞の報道姿勢にも、いささか呆れ果てざるを得ない。知らなかったはずはあるまい。ジャーナリズムとしての姿勢が問われる。どうかしていると思う。

ちなみに昨年度の「愛生寮」卒業者は14人だという。つつかれてやっと数字を出してきたか、という感が否めない。数字が数字だけに出せなかったのであろうか。わたしは前記事で「せいぜい10人程度」と書いたと思うが、当たらずとも遠からず、か。実感として、凡手といってよい既存の施策で1年程度で90人も減るはずがない。減ったら奇跡と思ってよかろう。

関連記事

あなたの給料、預かります ~「愛生寮」~... 13日付の読売・神奈川両新聞によれば、川崎市のホームレス一時宿泊施設「愛生寮」は12日、施設運営協議会を開き、利用者が仕事などで得た収入の一部を積み立てる「愛生バンク」をスタートさせることを決めた。5月の連休明けにも実施したい考えだ。 ホームレスは住所がないので銀行口座の開設が難しい。そのため、...
アメリカ漫画と韓国のホームレス施設... 「EP : end-point  科学に佇む心と体」という科学関係のブログを運営されている雨崎良未さんからのネタをご紹介。 アメリカの有名な漫画に「Doonesbury@Slate」というのがあって、ここに準レギュラーでワシントンのホームレスが登場するらしい。そのAliceとElmontは図書館...
ホームレス自立支援施設で利用制限 「ホームレス自立支援施設で利用制限、入所拒否も/川崎市」と、5月26日付・神奈川新聞が報じた。  川崎市がホームレス(路上生活者)の自立や就労を促進するために設けた施設の利用要件に「市内で三カ月以上野宿していること」との制限を加え、他都市からのホームレスの利用を事実上、約一年にわって門前払いし...
「富士見」シェルター設置へ(川崎)...  19日付の毎日・読売・朝日・東京・神奈川各新聞の地域版によると、18日に開かれた「川崎市ホームレス自立支援推進市民協議会」の第2回会議で、市は川崎区・富士見公園内に公園対策型シェルターを設置することを明らかにした。川崎競輪場東側の市所有地、約2,000平方メートルに、事務・管理棟を含めた2階~3階...
スポンサーリンク