東京でホームレス自立支援施設が完成

スポンサーリンク

 これはチビたさんの「みんながんばれ!」から拾ってきたネタ。

 ライブドア・ニュースは8月30日、「ホームレス自立支援施設完成」と報じた。東京都内で10番目のホームレス施設「千代田寮」が9月にオープンする(現時点ではすでにしている)。「千代田寮」は男性62人が定員だが、緊急一時保護センターであるため、入居は原則1ヶ月。順次、自立支援センターへと送られる。同施設の完成で、東京都では全体で1,029人のホームレスへの支援が可能になったという。写真を見る限りではきれいな建物だナ。

 これに関連して同ニュースは翌31日、「ホームレス社会復帰に関心を」と、日本女子大学の岩田正美教授へのインタビューを載せている。岩田さんは人間社会学部の教授で福祉の専門家だ。以前わたしが書いた「貧困・福祉・排除」「貧困・福祉・排除(2)」「コマッタトキハオタガイサマ」の3連記事で紹介した本も、同教授による編著だ。

 インタビュー内容には特に目新しさはないが、施設経由で社会復帰するホームレスは25%程度という数字、欧米では宗教団体のバックアップや企業の多額な寄付があって社会的に取り組んでいることなどは頭に入れておきたい。特に後者はわたしが「ホームレスというタブー」で触れた問題と大いに関係している。英国王室がホームレス問題に取り組んでいるのは前回の記事で触れたとおりだ。

 やや眼を引くのは、

(ホームレスの)社会復帰が進んでいないというより、繰り返し供給されていると考えられる。ニートやフリーターなどの問題と共通する部分もあるが、家族などを含め、社会とのつながりの切れる50代でホームレス化するという説もある。

 とのくだりか。さすが専門家、やはり当然にニートやフリーターをにらんでのホームレス論だ。表ではほとんど語られないが、裏ではかなり議論・研究されているんだろうナ。孤高なまでに両者を論じてきた俺っちとしてはうれしいよん(うれし泣き)。

関連記事

「富士見」シェルター設置へ(川崎)...  19日付の毎日・読売・朝日・東京・神奈川各新聞の地域版によると、18日に開かれた「川崎市ホームレス自立支援推進市民協議会」の第2回会議で、市は川崎区・富士見公園内に公園対策型シェルターを設置することを明らかにした。川崎競輪場東側の市所有地、約2,000平方メートルに、事務・管理棟を含めた2階~3階...
川崎市の弁当(パン券)支給廃止 ほかのことを考えられる状態にないのだが、川崎市のパン券廃止には触れておかなければならない(「川崎市、ホームレス救済の「パン券」廃止」(Soulful Shout -魂叫-))。 これは人道的支援の名目ではじめたものだったろう。ならば、本来、緊急避難的におこなわれるべきもののはずだ。その間に社会復...
あなたの給料、預かります ~「愛生寮」~... 13日付の読売・神奈川両新聞によれば、川崎市のホームレス一時宿泊施設「愛生寮」は12日、施設運営協議会を開き、利用者が仕事などで得た収入の一部を積み立てる「愛生バンク」をスタートさせることを決めた。5月の連休明けにも実施したい考えだ。 ホームレスは住所がないので銀行口座の開設が難しい。そのため、...
じょにぃさんが唄うホームレス支援イベント... じょにぃさんという方が、ホームレスの支援イベントで歌を唄うことになったのだと、ご自身のサイト『名無し草の唄が聴こえる・・・』に書いている。歌手の方かよくわからないが、 「何時か俺もホームレスの人達の前でうたいたい! 唄をうたうことでホームレスの人たちと、真剣勝負!」 といって、尋常ならざる熱の入れよ...
スポンサーリンク