東京でホームレス自立支援施設が完成

スポンサーリンク

 これはチビたさんの「みんながんばれ!」から拾ってきたネタ。

 ライブドア・ニュースは8月30日、「ホームレス自立支援施設完成」と報じた。東京都内で10番目のホームレス施設「千代田寮」が9月にオープンする(現時点ではすでにしている)。「千代田寮」は男性62人が定員だが、緊急一時保護センターであるため、入居は原則1ヶ月。順次、自立支援センターへと送られる。同施設の完成で、東京都では全体で1,029人のホームレスへの支援が可能になったという。写真を見る限りではきれいな建物だナ。

 これに関連して同ニュースは翌31日、「ホームレス社会復帰に関心を」と、日本女子大学の岩田正美教授へのインタビューを載せている。岩田さんは人間社会学部の教授で福祉の専門家だ。以前わたしが書いた「貧困・福祉・排除」「貧困・福祉・排除(2)」「コマッタトキハオタガイサマ」の3連記事で紹介した本も、同教授による編著だ。

 インタビュー内容には特に目新しさはないが、施設経由で社会復帰するホームレスは25%程度という数字、欧米では宗教団体のバックアップや企業の多額な寄付があって社会的に取り組んでいることなどは頭に入れておきたい。特に後者はわたしが「ホームレスというタブー」で触れた問題と大いに関係している。英国王室がホームレス問題に取り組んでいるのは前回の記事で触れたとおりだ。

 やや眼を引くのは、

(ホームレスの)社会復帰が進んでいないというより、繰り返し供給されていると考えられる。ニートやフリーターなどの問題と共通する部分もあるが、家族などを含め、社会とのつながりの切れる50代でホームレス化するという説もある。

 とのくだりか。さすが専門家、やはり当然にニートやフリーターをにらんでのホームレス論だ。表ではほとんど語られないが、裏ではかなり議論・研究されているんだろうナ。孤高なまでに両者を論じてきた俺っちとしてはうれしいよん(うれし泣き)。

関連記事

川崎のホームレス、数えまちがいで減少か?... 川崎のホームレスが減少したと8月25日付・読売新聞川崎版が報じた。川崎市では7月にホームレス数の調査をおこない、同月29日現在で938人(概数)を確認。90人減少したという。内訳は川崎区605人、幸区132人、中原区92人、高津区35人、宮前区6人、多摩区62人、麻生区6人。場所は公園など351人、...
山谷の労働者にパソコン講習 13日の朝日新聞・夕刊だと思うのだが、「城北労働・福祉センター」が、山谷の主にドヤ暮らしの労働者にパソコン講習をおこなっているという記事。といっても専門職に育てるつもりはなく、あくまでも必要最低限のスキル範囲内らしい。土木関係の求人が激減しているので、別の職種への取っ掛かりとしてということのようだ。...
川崎市ホームレス自立支援実施計画案... 朝日・読売・神奈川各新聞によると、川崎市が2004~2008年度のホームレス自立支援実施計画案を発表した。緊急支援から自立支援への転換を明確にした。主な施策は次のとおり。 自立支援市民事業 就労支援センター(定員50人) 公園ホームレス対策シェルター(定員200人) パン券事業の縮小・廃止 ホ...
ホームレスが施設に損害賠償請求 読売新聞によると、川崎市のホームレス一時宿泊施設を利用した男性が、精神的苦痛を受けたとして施設を訴えたというんだな。番号で呼ばれたり暴言を吐かれたそうな。施設運営会社ならびに業務委託している市に230万の慰謝料請求だ。3月から6月までというし、民間なら「愛生寮」ではないな。業務委託というとあそこの簡...
スポンサーリンク