東京でホームレス自立支援施設が完成

スポンサーリンク

 これはチビたさんの「みんながんばれ!」から拾ってきたネタ。

 ライブドア・ニュースは8月30日、「ホームレス自立支援施設完成」と報じた。東京都内で10番目のホームレス施設「千代田寮」が9月にオープンする(現時点ではすでにしている)。「千代田寮」は男性62人が定員だが、緊急一時保護センターであるため、入居は原則1ヶ月。順次、自立支援センターへと送られる。同施設の完成で、東京都では全体で1,029人のホームレスへの支援が可能になったという。写真を見る限りではきれいな建物だナ。

 これに関連して同ニュースは翌31日、「ホームレス社会復帰に関心を」と、日本女子大学の岩田正美教授へのインタビューを載せている。岩田さんは人間社会学部の教授で福祉の専門家だ。以前わたしが書いた「貧困・福祉・排除」「貧困・福祉・排除(2)」「コマッタトキハオタガイサマ」の3連記事で紹介した本も、同教授による編著だ。

 インタビュー内容には特に目新しさはないが、施設経由で社会復帰するホームレスは25%程度という数字、欧米では宗教団体のバックアップや企業の多額な寄付があって社会的に取り組んでいることなどは頭に入れておきたい。特に後者はわたしが「ホームレスというタブー」で触れた問題と大いに関係している。英国王室がホームレス問題に取り組んでいるのは前回の記事で触れたとおりだ。

 やや眼を引くのは、

(ホームレスの)社会復帰が進んでいないというより、繰り返し供給されていると考えられる。ニートやフリーターなどの問題と共通する部分もあるが、家族などを含め、社会とのつながりの切れる50代でホームレス化するという説もある。

 とのくだりか。さすが専門家、やはり当然にニートやフリーターをにらんでのホームレス論だ。表ではほとんど語られないが、裏ではかなり議論・研究されているんだろうナ。孤高なまでに両者を論じてきた俺っちとしてはうれしいよん(うれし泣き)。

関連記事

パリ市職員の51人がホームレスだった フランス・パリ市職員のうち、少なくとも51人がホームレスだったことがわかったと、9月17日付の朝日新聞(asahi.com)が報じた。市民は衝撃を受けているという。 いずれも最も給与水準の低い公務員たちで、離婚など家庭の事情が原因でホームレス生活を強いられている人が多いらしい。市は低所得者向け住...
川崎市が「愛生寮」利用者枠拡大の意向... 6月11日 きのう開かれた川崎市議会で福祉局長が、ホームレス一時宿泊施設「愛生寮」の利用資格枠を拡大したい意向を示した。当初、「川崎駅周辺在住一年以上」といっていたのだが、先日の対象地域拡大に加え在住期間まで短縮し、開所一ヶ月が経過して、なお予想を下回ったままの利用者数をなんとか増加させたいようだ。...
「リプラス」破綻で「もやい」が窮地に... 支援企業破たん、窮地に 困窮者入居保証のNPO(中国新聞/2008.11.3)  今年相次いだ不動産会社の破たんが、思わぬところへ影を落とした。九月、米サブプライム住宅ローン問題などの影響で東証マザーズ上場の「リプラス」が東京地裁に破産を申し立てると、生活困窮者を支援する特定非営利活動法人(NPO...
川崎市の弁当(パン券)支給廃止 ほかのことを考えられる状態にないのだが、川崎市のパン券廃止には触れておかなければならない(「川崎市、ホームレス救済の「パン券」廃止」(Soulful Shout -魂叫-))。 これは人道的支援の名目ではじめたものだったろう。ならば、本来、緊急避難的におこなわれるべきもののはずだ。その間に社会復...
スポンサーリンク