東京でホームレス自立支援施設が完成

スポンサーリンク

 これはチビたさんの「みんながんばれ!」から拾ってきたネタ。

 ライブドア・ニュースは8月30日、「ホームレス自立支援施設完成」と報じた。東京都内で10番目のホームレス施設「千代田寮」が9月にオープンする(現時点ではすでにしている)。「千代田寮」は男性62人が定員だが、緊急一時保護センターであるため、入居は原則1ヶ月。順次、自立支援センターへと送られる。同施設の完成で、東京都では全体で1,029人のホームレスへの支援が可能になったという。写真を見る限りではきれいな建物だナ。

 これに関連して同ニュースは翌31日、「ホームレス社会復帰に関心を」と、日本女子大学の岩田正美教授へのインタビューを載せている。岩田さんは人間社会学部の教授で福祉の専門家だ。以前わたしが書いた「貧困・福祉・排除」「貧困・福祉・排除(2)」「コマッタトキハオタガイサマ」の3連記事で紹介した本も、同教授による編著だ。

 インタビュー内容には特に目新しさはないが、施設経由で社会復帰するホームレスは25%程度という数字、欧米では宗教団体のバックアップや企業の多額な寄付があって社会的に取り組んでいることなどは頭に入れておきたい。特に後者はわたしが「ホームレスというタブー」で触れた問題と大いに関係している。英国王室がホームレス問題に取り組んでいるのは前回の記事で触れたとおりだ。

 やや眼を引くのは、

(ホームレスの)社会復帰が進んでいないというより、繰り返し供給されていると考えられる。ニートやフリーターなどの問題と共通する部分もあるが、家族などを含め、社会とのつながりの切れる50代でホームレス化するという説もある。

 とのくだりか。さすが専門家、やはり当然にニートやフリーターをにらんでのホームレス論だ。表ではほとんど語られないが、裏ではかなり議論・研究されているんだろうナ。孤高なまでに両者を論じてきた俺っちとしてはうれしいよん(うれし泣き)。

関連記事

ホームレスが地震で募金 デンマークのホームレスがスマトラ沖地震の募金活動をして約35万円を集めたというニュース。デンマーク政府の支援金額を「少なすぎる」と批判してみずから立ち上がったのだとか。その甲斐あってか、その後、支援金額が42倍に増やされたのだとか。「家ない辛さ分かる」とは心からの共感がいわせたことばでしょう。あっぱ...
ホームレスだって投票したい ホームレスとて選挙となれば血がうずく、というわけでもなかろうが、9月3日付・読売新聞の地域版には「ホームレスに投票の機会を」という記事。川崎のホームレスシェルター「愛生寮」において、施設での住民登録を認めるよう、区役所に要望するという話題だ。 ご存知のようにホームレスには住民票がない人も多い。わ...
川崎市ホームレス自立支援実施計画案... 朝日・読売・神奈川各新聞によると、川崎市が2004~2008年度のホームレス自立支援実施計画案を発表した。緊急支援から自立支援への転換を明確にした。主な施策は次のとおり。 自立支援市民事業 就労支援センター(定員50人) 公園ホームレス対策シェルター(定員200人) パン券事業の縮小・廃止 ホ...
荒川のホームレスウサギ大爆発 ★2月28日 荒川のホームレスウサギは、その後ただならぬ展開になっている模様。そのウサウサたちの様子をまずは「Dream of Forest」さんの『荒川河川敷のうさぎ』から別ページへとリンクされている詳しいルポでお楽しみいただき、さらに「日本うさぎ愛護協会」の『2/25 現地レポート』でもウサウサ...
スポンサーリンク