ウィリアム王子がホームレス支援

スポンサーリンク

ジャーニーは9月14日、「ウィリアム王子、母親の遺志を受け継ぎ、ホームレス支援チャリティのパトロンに」と報じた。故ダイアナ元妃が関わっていたホームレス支援団体「センターポイント(Centrepoint)」のパトロン(後援者)となり、母親の遺志を継いだかたちとなった。

王子がこうした慈善団体のパトロンになるのは初めてというが、センターポイントは主に若者のホームレスを支援する団体で、同世代ということもあり、王子はさまざまな相談に乗るなど積極的にボランティア活動をおこなっているそうだ。

記事では触れられていないが、これまで王子のもとには230もの団体からパトロンの要請があったといわれる。その中から彼はセンターポイントを選んだわけだ。王子の関心の高さがうかがわれるエピソードだ。

え、日本? ダメ。皇族が来るってんで公園ホームレスを排除しちゃう国だから、皇族がやらせてくれっていったってパトロンなんざさせてもらえるわけがない。

関連記事

ほとんど進まぬホームレス施策 「遅れる施策、効果鈍く」と10月4日の東京新聞が川崎市のホームレス施策について報じた。 現在、川崎市のホームレス施策は一時宿泊施設である「愛生寮」がほとんどすべてをまかなっている。しかし、その後につづくはずの自立支援センターなどの設置が進まないため、「出口」を設けることができない。同施設の朝倉所...
傾聴ボランティア 「傾聴ボランティア養成講座」などというものがあるそうだ。ちょっと古いが6月11日付の読売新聞で紹介されていた。福祉施設でのボランティアを目指す人や、介護ヘルパーが主な受講者だという。 おもしろいエピソードとして、 「批判や反論はもちろん、助言や忠告も不要」 と指導すると、 「相談されているのに、...
ホームレス自立支援施設で利用制限 「ホームレス自立支援施設で利用制限、入所拒否も/川崎市」と、5月26日付・神奈川新聞が報じた。  川崎市がホームレス(路上生活者)の自立や就労を促進するために設けた施設の利用要件に「市内で三カ月以上野宿していること」との制限を加え、他都市からのホームレスの利用を事実上、約一年にわって門前払いし...
あなたの給料、預かります ~「愛生寮」~... 13日付の読売・神奈川両新聞によれば、川崎市のホームレス一時宿泊施設「愛生寮」は12日、施設運営協議会を開き、利用者が仕事などで得た収入の一部を積み立てる「愛生バンク」をスタートさせることを決めた。5月の連休明けにも実施したい考えだ。 ホームレスは住所がないので銀行口座の開設が難しい。そのため、...
スポンサーリンク