川崎の愛生寮がグループホームを開設予定

スポンサーリンク

川崎市のホームレス一時宿泊施設「愛生寮」が来春にもグループホームを開設すると、東京新聞が「愛生寮 来春にもグループホーム」で報じた。

グループホームとは少人数での共同生活のことで高齢者支援などではよくあるが、ホームレスのグループホームはあまり聞いたことがない。市内では初めての試みだという。

たとえば東京都の「ホームレス自立支援システム」では第3段階にグループホームが組み込まれているが、ほとんど整備されていない状況だったと思う。代わりに都では「ホームレス地域生活移行支援事業」を推進している。こちらは民間アパートを都が借り上げ、ホームレスに月3,000円で貸すという事業だ。

グループホームは共同生活だから、多くのホームレスが抱えている「身近なヒューマン・リレーションの喪失」といった問題を穴埋めすることになる。都の施策は単身生活が基本なので、定期的な相談などこまめな対応を欠かすと失敗に終わる可能性をはらんでいるが、現在のところわりと順調に推移していると聞く。

川崎ではホームレス関連施設が「愛生寮」しかなく、現在ここがすべてを一手に引き受けているような状態なので、都のような施策が取れない。今度のグループホームも施設内に設置するという。孤軍奮闘の感がある。なにが効果的な手段なのか、みな手探りなのである。

関連記事

ホームレス自立支援法見直し 「ホームレス自立支援法見直し」という解説記事が、6月30日付・毎日新聞に載っている。  「ホームレス自立支援法」施行から8月で5年が経過し、同法の規定による見直しの時期を迎える。それに向け、各地で自立支援に取り組むNPO(非営利組織)など40団体が「ホームレス支援全国ネットワーク」を設立。地方...
第1回「東京ホームレス会議」開催 ホームレスが販売する雑誌「ビッグイシュー日本版」が、25日午後5時から、第1回「東京ホームレス会議」を開くと、「聞いて知って語って 第1回「東京ホームレス会議」開催 - OhmyNews:オーマイニュース “市民みんなが記者だ”」が伝えている。  「会議」前半は、実際の販売者3人と企業のCSR...
イギリスのITホームレス支援事情 「英国留学日記」というブロクの作者である高橋伸太郎さんという方は、イギリスでホームレスにネットへの接続環境を提供して社会復帰に役立ててもらうプロジェクトに参加しているという(「ホームレスの社会復帰プログラム」)。 まさに“ITホームレス”を支援しているわけである。このプロジェクトがどうなってゆくのか...
川崎市ホームレス自立支援施設問題の推移... 最新トピック ★12月15日 16日付毎日新聞によると、「川崎市社会福祉協議会」が市立川崎高校福祉科の学生、「愛生寮」の朝倉所長、周辺住民、ボランティア団体メンバーなど約200人を集めてパネルディスカッションを開いた。住民からは施設設置経緯における市の対応への批判、現在の利用者との良好な関係などが報...
スポンサーリンク