川崎の愛生寮がグループホームを開設予定

スポンサーリンク

川崎市のホームレス一時宿泊施設「愛生寮」が来春にもグループホームを開設すると、東京新聞が「愛生寮 来春にもグループホーム」で報じた。

グループホームとは少人数での共同生活のことで高齢者支援などではよくあるが、ホームレスのグループホームはあまり聞いたことがない。市内では初めての試みだという。

たとえば東京都の「ホームレス自立支援システム」では第3段階にグループホームが組み込まれているが、ほとんど整備されていない状況だったと思う。代わりに都では「ホームレス地域生活移行支援事業」を推進している。こちらは民間アパートを都が借り上げ、ホームレスに月3,000円で貸すという事業だ。

グループホームは共同生活だから、多くのホームレスが抱えている「身近なヒューマン・リレーションの喪失」といった問題を穴埋めすることになる。都の施策は単身生活が基本なので、定期的な相談などこまめな対応を欠かすと失敗に終わる可能性をはらんでいるが、現在のところわりと順調に推移していると聞く。

川崎ではホームレス関連施設が「愛生寮」しかなく、現在ここがすべてを一手に引き受けているような状態なので、都のような施策が取れない。今度のグループホームも施設内に設置するという。孤軍奮闘の感がある。なにが効果的な手段なのか、みな手探りなのである。

関連記事

川崎市ホームレス自立支援実施計画案... 朝日・読売・神奈川各新聞によると、川崎市が2004~2008年度のホームレス自立支援実施計画案を発表した。緊急支援から自立支援への転換を明確にした。主な施策は次のとおり。 自立支援市民事業 就労支援センター(定員50人) 公園ホームレス対策シェルター(定員200人) パン券事業の縮小・廃止 ホ...
川崎市ホームレス自立支援施設問題の推移... 最新トピック ★12月15日 16日付毎日新聞によると、「川崎市社会福祉協議会」が市立川崎高校福祉科の学生、「愛生寮」の朝倉所長、周辺住民、ボランティア団体メンバーなど約200人を集めてパネルディスカッションを開いた。住民からは施設設置経緯における市の対応への批判、現在の利用者との良好な関係などが報...
村上知奈美アナ、ブログを開設 アナウンサーの村上知奈美さんが「東京ホームレス」というサイトを運営していることはみなさんご存知だろうが、そのうちの日記部分がブログとなって独立したそうだ。わがへなちょこホームレスブログにも、すでに2本のトラックバックをいただいた。ありがとうございます。 わたしは自分のブログをホームレス関連サイト...
ホームレス事件2題 お盆休み、みなさんはいかがお過ごしでしょうか? ここもアクセスが半減しましたけれども、今きてくれている人たちはお家で夏休み、ということですかね。熱中症に気をつけましょう。ちなみに、ホームレス自身にはお盆休みはありません。(買い取りなどの)業者がお休み、ということはあるけれど。 8月9日付の東京新聞・...
スポンサーリンク