川崎の愛生寮がグループホームを開設予定

スポンサーリンク

川崎市のホームレス一時宿泊施設「愛生寮」が来春にもグループホームを開設すると、東京新聞が「愛生寮 来春にもグループホーム」で報じた。

グループホームとは少人数での共同生活のことで高齢者支援などではよくあるが、ホームレスのグループホームはあまり聞いたことがない。市内では初めての試みだという。

たとえば東京都の「ホームレス自立支援システム」では第3段階にグループホームが組み込まれているが、ほとんど整備されていない状況だったと思う。代わりに都では「ホームレス地域生活移行支援事業」を推進している。こちらは民間アパートを都が借り上げ、ホームレスに月3,000円で貸すという事業だ。

グループホームは共同生活だから、多くのホームレスが抱えている「身近なヒューマン・リレーションの喪失」といった問題を穴埋めすることになる。都の施策は単身生活が基本なので、定期的な相談などこまめな対応を欠かすと失敗に終わる可能性をはらんでいるが、現在のところわりと順調に推移していると聞く。

川崎ではホームレス関連施設が「愛生寮」しかなく、現在ここがすべてを一手に引き受けているような状態なので、都のような施策が取れない。今度のグループホームも施設内に設置するという。孤軍奮闘の感がある。なにが効果的な手段なのか、みな手探りなのである。

関連記事

東京府中ホームレス殺害事件 やや古いニュースで恐縮だが、東京の府中で起きたホームレス殺害事件は、相次いだ襲撃事件を含めて同一犯との見方が強い。20~30代の男で身長160~170センチ、痩せ型で短髪、メガネをかけていたという報道も一部にある。 東京・府中市でホームレスの男性が殺害された事件で、ことし3月に隣の調布市でも別...
あなたの給料、預かります ~「愛生寮」~... 13日付の読売・神奈川両新聞によれば、川崎市のホームレス一時宿泊施設「愛生寮」は12日、施設運営協議会を開き、利用者が仕事などで得た収入の一部を積み立てる「愛生バンク」をスタートさせることを決めた。5月の連休明けにも実施したい考えだ。 ホームレスは住所がないので銀行口座の開設が難しい。そのため、...
イギリスのITホームレス支援事情 「英国留学日記」というブロクの作者である高橋伸太郎さんという方は、イギリスでホームレスにネットへの接続環境を提供して社会復帰に役立ててもらうプロジェクトに参加しているという(「ホームレスの社会復帰プログラム」)。 まさに“ITホームレス”を支援しているわけである。このプロジェクトがどうなってゆくのか...
見えにくくなってゆくホームレス 6日付の東京新聞が「ホームレス6700人減少 4年前より、景気回復影響」と報じた。 公園や河川などで生活するホームレスの数が、4年前に比べ約6700人減り、約1万8500人であることが6日、厚生労働省が公表した全国調査の結果で分かった。東京、大阪、名古屋などの大都市で減少が目立っており、同省は「景...
スポンサーリンク