川崎の愛生寮がグループホームを開設予定

スポンサーリンク

川崎市のホームレス一時宿泊施設「愛生寮」が来春にもグループホームを開設すると、東京新聞が「愛生寮 来春にもグループホーム」で報じた。

グループホームとは少人数での共同生活のことで高齢者支援などではよくあるが、ホームレスのグループホームはあまり聞いたことがない。市内では初めての試みだという。

たとえば東京都の「ホームレス自立支援システム」では第3段階にグループホームが組み込まれているが、ほとんど整備されていない状況だったと思う。代わりに都では「ホームレス地域生活移行支援事業」を推進している。こちらは民間アパートを都が借り上げ、ホームレスに月3,000円で貸すという事業だ。

グループホームは共同生活だから、多くのホームレスが抱えている「身近なヒューマン・リレーションの喪失」といった問題を穴埋めすることになる。都の施策は単身生活が基本なので、定期的な相談などこまめな対応を欠かすと失敗に終わる可能性をはらんでいるが、現在のところわりと順調に推移していると聞く。

川崎ではホームレス関連施設が「愛生寮」しかなく、現在ここがすべてを一手に引き受けているような状態なので、都のような施策が取れない。今度のグループホームも施設内に設置するという。孤軍奮闘の感がある。なにが効果的な手段なのか、みな手探りなのである。

関連記事

NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織... 古い記事で恐縮だが、5月1日付の東京新聞が「NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織」と報じた。  ホームレス支援に取り組む各地の特定非営利活動法人(NPO法人)などが、全国規模のネットワーク組織を六月に発足させることを決めた。  支援団体は別々に活動してきたが、多様化するホームレス問題に対...
移行済み  こちらの記事は『「ビッグイシュー」統合エントリー』に移行しました。
東京でホームレス自立支援施設が完成...  これはチビたさんの「みんながんばれ!」から拾ってきたネタ。  ライブドア・ニュースは8月30日、「ホームレス自立支援施設完成」と報じた。東京都内で10番目のホームレス施設「千代田寮」が9月にオープンする(現時点ではすでにしている)。「千代田寮」は男性62人が定員だが、緊急一時保護センターであるた...
長居公園でのホームレステント強制撤去... 毎日新聞の「強制撤去:長居公園の野宿者テントなど 大阪市」で触れられているとおり、大阪の長居公園でホームレスのテントが行政代執行によって強制撤去されたようである。8月に開かれる世界陸上大阪大会に備えての公園整備が理由だが、行政代執行による強制撤去はほとんど年中行事のようになっているから、あぁまたか、...
スポンサーリンク