ホームレスというタブー

スポンサーリンク

 雨崎良未さんのご紹介で今年の2月、「アメリカ漫画と韓国のホームレス施設」という記事を書いた。インターネットを使ってバリバリと社会活動をしているホームレスの漫画だ。その際、雨崎さんから
「日本の新聞連載漫画に常連キャラでホームレスを登場させることに抵抗があるとすればそれはなぜか。考えてみると吉」
 との宿題をもらい、以来そのことが引っかかっていた。

 いや、単純に考えれば、たとえば人権団体から抗議がくるとか教育上よろしくないとか差別を助長するとか、ないと思っていた貧困を思い出させるのはよくないとか隠蔽しちゃおうとかこのまま切り捨てちゃえとかワシャ知らんよとか、まぁいろいろあるんでしょう。

 アメリカにはナッシュビルに住む Kevin Barbieux(ケヴィン・バービークス?)というメチャメチャ有名なホームレス・ブロガーがいて、・人気の「The Homeless Guy」なるブログを運賊している。こいつはまったくたいしたブログで、わたしは個人的にはブッ飛んだヨッ! まぁそれほどたいしたたまげたブログなんだけれど、彼のブログは数多くのマスコミに取り上げられているんだ。アメリカやヨーロッパのマスコミはホームレスを相手にすることに躊躇しない、わたしにはそう見えた。

 わたしのところにも、ときどきマスコミから取尊の依頼がある。面倒なので断っているが、実はすべて外国のマスコミなんだ。日本の社があることはあったが、これも英語版。実質、外国のマスコミだ。

 これはいったいなんだろう、と思うのだな。外国と日本のマスコミのこの差、これはなんなんだろうと思うわけ。雨崎さんからいただいた宿題が解けたわけじゃないけれど、いやむしろ謎が深まったというか、これはねぇ、ホントに謎。文化の差か?

 実はこれ、マスコミだけの問題じゃない。日本ではホームレスに関心のある者ない者を問わず、どういうわけか当事者を蚊帳の外に置きたがる。彼我に線を引くという、この「括り方」の差だろうか。こちらはこちら、あちらはあちらという、こちらはこちらだけで話を進めるよという……、これも文化なのだろうか。

 ちなみに先のケヴィン、今は低所得者用の住宅に住んでいる。がしかし、最近財布を落としてしまったらしい。ナッシュビル市のホームレス委員会に任命されたとかで張り切っていた矢先の出来事だが、この委員会のあり方も日本では考えられない。たいしたものだと思う。まぁなんとか乗り切ってくれたまへ。

関連記事

カウンセリング的視点から クリニカル・サイコロジー 臨床心理学。主に病理を持つクライエントに対して、治療的に関わるセラピスト(精神科医・臨床心理士)としての領域 カウンセリング・サイコロジー カウンセリング心理学。主に健常人に対して、予防・自己実現・自己成長・能力開発的に関わるカウンセラーとしての領域 ソーシャルワー...
「富士見」シェルター設置へ(川崎)...  19日付の毎日・読売・朝日・東京・神奈川各新聞の地域版によると、18日に開かれた「川崎市ホームレス自立支援推進市民協議会」の第2回会議で、市は川崎区・富士見公園内に公園対策型シェルターを設置することを明らかにした。川崎競輪場東側の市所有地、約2,000平方メートルに、事務・管理棟を含めた2階~3階...
「ビッグイシュー」統合エントリー 「ビッグイシュー」の話題を統合しました。コメントやトラックバックはこちらまで。 ★2005年9月29日 「お茶の水でビッグイシュー」は「ビッグイシュー」販売員であるお茶の水博士さんのブログである。「ビッグイシュー」とは、ホームレスだけが販売できる一般向けの雑誌である。つまり、お茶の水博士さんはホ...
「怒った顔がおもしろい」のでホームレスに暴行... 東京新聞の「『怒った顔がおもしろい』ホームレスに暴行」によれば、東京・荒川河川敷のホームレスに暴行などを加えた都立高男子1年生7人が逮捕されたという。今年7月18日深夜、ホームレスに向けてロケット花火約30発を発射。小石約60個を投げつけたほか、暴行を加えた疑い。生徒のひとりは、 「ホームレスなら警...
スポンサーリンク