荒川千住でホームレス逮捕

スポンサーリンク

9月8日の東京新聞夕刊に「ホームレスを逮捕」との見出し。小学生に暴行したホームレスが逮捕された記事だ。7日の夕方、荒川千住の河川敷で遊んでいた3人の小学生に、
「ばかにするんじゃない」
などと怒鳴りながら、殴ったり蹴ったり髪の毛を引っ張ったりして軽い怪我を負わせたという。犯人の男は、
「酒に酔っていたのでよく覚えていない」
などと供述しているらしい。

まったく子供にとってはとんだ災難である。幸い怪我はそれほどでもないらしい。犯人にはみっちりとお灸を据えてもらいたいが、気に入らないのはこの見出しだ。「ホームレスを逮捕」とある。なぜ「酔っ払いを逮捕」ではないのか? 「小学生に暴行の男を逮捕」ではないのか? この種のレッテル貼りは直ちに偏見に結びつく。マスコミの怖い一面である。

え? おまえの記事もおなじようなタイトルじゃないかって? このブログはかまわないのです(笑)。ホームレスがホームレスをどう呼ぼうとホームレスの自由じゃないか(笑)。

関連記事

「リプラス」破綻で「もやい」が窮地に... 支援企業破たん、窮地に 困窮者入居保証のNPO(中国新聞/2008.11.3)  今年相次いだ不動産会社の破たんが、思わぬところへ影を落とした。九月、米サブプライム住宅ローン問題などの影響で東証マザーズ上場の「リプラス」が東京地裁に破産を申し立てると、生活困窮者を支援する特定非営利活動法人(NPO...
ホームレス自立支援法見直し 「ホームレス自立支援法見直し」という解説記事が、6月30日付・毎日新聞に載っている。  「ホームレス自立支援法」施行から8月で5年が経過し、同法の規定による見直しの時期を迎える。それに向け、各地で自立支援に取り組むNPO(非営利組織)など40団体が「ホームレス支援全国ネットワーク」を設立。地方...
イギリスのITホームレス支援事情 「英国留学日記」というブロクの作者である高橋伸太郎さんという方は、イギリスでホームレスにネットへの接続環境を提供して社会復帰に役立ててもらうプロジェクトに参加しているという(「ホームレスの社会復帰プログラム」)。 まさに“ITホームレス”を支援しているわけである。このプロジェクトがどうなってゆくのか...
川崎市が「愛生寮」利用者枠拡大の意向... 6月11日 きのう開かれた川崎市議会で福祉局長が、ホームレス一時宿泊施設「愛生寮」の利用資格枠を拡大したい意向を示した。当初、「川崎駅周辺在住一年以上」といっていたのだが、先日の対象地域拡大に加え在住期間まで短縮し、開所一ヶ月が経過して、なお予想を下回ったままの利用者数をなんとか増加させたいようだ。...
スポンサーリンク