ホームレスだって投票したい

スポンサーリンク

ホームレスとて選挙となれば血がうずく、というわけでもなかろうが、9月3日付・読売新聞の地域版には「ホームレスに投票の機会を」という記事。川崎のホームレスシェルター「愛生寮」において、施設での住民登録を認めるよう、区役所に要望するという話題だ。

ご存知のようにホームレスには住民票がない人も多い。わたしにもない。住民票がないので選挙にゆけない。だから、施設での住民登録を認めてくれということ。同施設の朝倉所長は、
「選挙に関心を持つことは自立の一環」(同紙)
とし、ある利用者は、
「投票ができないと、選挙に関心がわかない。住民登録の問題が解決すれば、仕事にも投票にも大きな道が開ける」(同紙)
という。

選挙の時期だからこの話題が出たのだろうが、住民登録の問題は、投票権よりもむしろ仕事の問題のほうが圧倒的な比重を占めているはずだ。住所不定の輩を雇う企業などたかが知れているからだ。住民票のあるなしは、就業の根幹を成す問題ではある。その問題を持ち出すには、今回の選挙は格好の機会だった。実は、来月下旬には川崎市長選挙がある。またこの話が出るのだろうと思う。

関連トラックバック先リスト
ホームレスに住民登録を」(湘南生活もとい藤沢生活さん)

関連記事

ホームレス絞殺事件 読売新聞やら朝日新聞やら毎日新聞やらによれば、7月26日午後8時ごろ、川崎市内の多摩川河川敷に小屋掛けしていたホームレスが、おなじホームレス仲間を絞殺しちゃったんだって。容疑者は自首したというが、嫌な事件だなァ…… 小屋の中で一緒に酒を呑んでいたんだが、金銭問題をめぐって口論になったんだと。殴り...
イギリスのITホームレス支援事情 「英国留学日記」というブロクの作者である高橋伸太郎さんという方は、イギリスでホームレスにネットへの接続環境を提供して社会復帰に役立ててもらうプロジェクトに参加しているという(「ホームレスの社会復帰プログラム」)。 まさに“ITホームレス”を支援しているわけである。このプロジェクトがどうなってゆくのか...
山谷の労働者にパソコン講習 13日の朝日新聞・夕刊だと思うのだが、「城北労働・福祉センター」が、山谷の主にドヤ暮らしの労働者にパソコン講習をおこなっているという記事。といっても専門職に育てるつもりはなく、あくまでも必要最低限のスキル範囲内らしい。土木関係の求人が激減しているので、別の職種への取っ掛かりとしてということのようだ。...
「ビッグイシュー」統合エントリー 「ビッグイシュー」の話題を統合しました。コメントやトラックバックはこちらまで。 ★2005年9月29日 「お茶の水でビッグイシュー」は「ビッグイシュー」販売員であるお茶の水博士さんのブログである。「ビッグイシュー」とは、ホームレスだけが販売できる一般向けの雑誌である。つまり、お茶の水博士さんはホ...
スポンサーリンク