ホームレスだって投票したい

スポンサーリンク

ホームレスとて選挙となれば血がうずく、というわけでもなかろうが、9月3日付・読売新聞の地域版には「ホームレスに投票の機会を」という記事。川崎のホームレスシェルター「愛生寮」において、施設での住民登録を認めるよう、区役所に要望するという話題だ。

ご存知のようにホームレスには住民票がない人も多い。わたしにもない。住民票がないので選挙にゆけない。だから、施設での住民登録を認めてくれということ。同施設の朝倉所長は、
「選挙に関心を持つことは自立の一環」(同紙)
とし、ある利用者は、
「投票ができないと、選挙に関心がわかない。住民登録の問題が解決すれば、仕事にも投票にも大きな道が開ける」(同紙)
という。

選挙の時期だからこの話題が出たのだろうが、住民登録の問題は、投票権よりもむしろ仕事の問題のほうが圧倒的な比重を占めているはずだ。住所不定の輩を雇う企業などたかが知れているからだ。住民票のあるなしは、就業の根幹を成す問題ではある。その問題を持ち出すには、今回の選挙は格好の機会だった。実は、来月下旬には川崎市長選挙がある。またこの話が出るのだろうと思う。

関連トラックバック先リスト
ホームレスに住民登録を」(湘南生活もとい藤沢生活さん)

関連記事

川崎のホームレス、数えまちがいで減少か?... 川崎のホームレスが減少したと8月25日付・読売新聞川崎版が報じた。川崎市では7月にホームレス数の調査をおこない、同月29日現在で938人(概数)を確認。90人減少したという。内訳は川崎区605人、幸区132人、中原区92人、高津区35人、宮前区6人、多摩区62人、麻生区6人。場所は公園など351人、...
淀川河川敷でホームレス襲撃続発 ■「淀川河川敷でホームレス襲撃続発…投石や小屋破壊」(YOMIURI ONLINE(読売新聞)) 大阪の淀川河川敷に住むホームレス3人が先月から今月にかけて、10人前後の少年グループから連続して襲撃されていたというニュースだ。石を投げられたり小屋を壊されたりしたというが、ひとりは怪我もしているからた...
川崎市ホームレス自立支援施設問題の推移... 最新トピック ★12月15日 16日付毎日新聞によると、「川崎市社会福祉協議会」が市立川崎高校福祉科の学生、「愛生寮」の朝倉所長、周辺住民、ボランティア団体メンバーなど約200人を集めてパネルディスカッションを開いた。住民からは施設設置経緯における市の対応への批判、現在の利用者との良好な関係などが報...
長居公園でのホームレステント強制撤去... 毎日新聞の「強制撤去:長居公園の野宿者テントなど 大阪市」で触れられているとおり、大阪の長居公園でホームレスのテントが行政代執行によって強制撤去されたようである。8月に開かれる世界陸上大阪大会に備えての公園整備が理由だが、行政代執行による強制撤去はほとんど年中行事のようになっているから、あぁまたか、...
スポンサーリンク