ホームレスだって投票したい

スポンサーリンク

ホームレスとて選挙となれば血がうずく、というわけでもなかろうが、9月3日付・読売新聞の地域版には「ホームレスに投票の機会を」という記事。川崎のホームレスシェルター「愛生寮」において、施設での住民登録を認めるよう、区役所に要望するという話題だ。

ご存知のようにホームレスには住民票がない人も多い。わたしにもない。住民票がないので選挙にゆけない。だから、施設での住民登録を認めてくれということ。同施設の朝倉所長は、
「選挙に関心を持つことは自立の一環」(同紙)
とし、ある利用者は、
「投票ができないと、選挙に関心がわかない。住民登録の問題が解決すれば、仕事にも投票にも大きな道が開ける」(同紙)
という。

選挙の時期だからこの話題が出たのだろうが、住民登録の問題は、投票権よりもむしろ仕事の問題のほうが圧倒的な比重を占めているはずだ。住所不定の輩を雇う企業などたかが知れているからだ。住民票のあるなしは、就業の根幹を成す問題ではある。その問題を持ち出すには、今回の選挙は格好の機会だった。実は、来月下旬には川崎市長選挙がある。またこの話が出るのだろうと思う。

関連トラックバック先リスト
ホームレスに住民登録を」(湘南生活もとい藤沢生活さん)

関連記事

東京府中ホームレス殺害事件 やや古いニュースで恐縮だが、東京の府中で起きたホームレス殺害事件は、相次いだ襲撃事件を含めて同一犯との見方が強い。20~30代の男で身長160~170センチ、痩せ型で短髪、メガネをかけていたという報道も一部にある。 東京・府中市でホームレスの男性が殺害された事件で、ことし3月に隣の調布市でも別...
じょにぃさんが唄うホームレス支援イベント... じょにぃさんという方が、ホームレスの支援イベントで歌を唄うことになったのだと、ご自身のサイト『名無し草の唄が聴こえる・・・』に書いている。歌手の方かよくわからないが、 「何時か俺もホームレスの人達の前でうたいたい! 唄をうたうことでホームレスの人たちと、真剣勝負!」 といって、尋常ならざる熱の入れよ...
ホームレス事件3題 「ホームレス連続襲撃か=バットで殴る、警視庁が捜査」(2008年3月13日・時事ドットコム)ということで、相も変わらずホームレスへの襲撃事件はあとを絶たないわけである。ふたりともかなり重傷のもよう。  東京都府中市で就寝中のホームレスの男性が男にバットのようなもので殴られて負傷する事件が2件相次ぎ...
女子大生が焼き打ち「燃やせ!殺せ!」... 「女子大生が焼き打ち「燃やせ!殺せ!」」と、6月7日付・日刊スポーツが報じた。  埼玉県警朝霞署は6日までに、ホームレスの男性が寝ていた段ボール箱の「家」にサラダ油をまき、放火しようとしたとして、東洋大4年の安藤佳南子容疑者(21)ら男女4人を器物損壊容疑で逮捕した。4人は深夜河川敷でバーベキ...
スポンサーリンク