ホームレスと非ホームレスの距離

スポンサーリンク

わたしがネットで犯した最大のまちがいは、おそらくボランティアを敵にまわしたことだろう。ご存知のように、わたしはボランティアのみなさんにはかなり厳しい注文をつけてきた。それはホームレスに対する認識、とりわけその精神性に関する認識におおきな隔たりがあったためだ。

ホームレスは特別な人種ではない。いみじくも引きこもりの研究で知られる精神科医・斎藤環さんの「ひきこもりとは状態像である」ということばを借りるのなら、まさしく、
「ホームレスとは単なる状態像である」
といってよい。なにか特別な人たちのみが陥る世界ではない。誰しもが経験可能な単なる状態像である。

しかし、「ホームレスである」ということが、その個人に与える影響は非常におおきい。わたしは、
「ホームレスになっちゃったぁッ!」
と泣き叫んでいる日雇い労働者を見たことがあるし、わたし自身も路上に堕ちた当初は、突然わめき出したい衝動に駆られ、実際わめき散らしたこともある。やたらと他人に絡むような非常に不機嫌なホームレスもいたが、彼もまた路上に堕ちて日の浅い者だった。これらの例だけでも、ホームレス状態が人間に与える悪影響が十分にわかるはずだ。

しかしながら、特殊な環境にある者の心理は、通常はやはり想像しがたいものであろう。わたしはその想像しがたい心理をなお想像して欲しいと思い、あれこれとうるさく注文をつけてきた。ホームレスを心から理解しようとする姿勢、おそらくそれこそがホームレス問題改善の決め手となるだろうからだ。

だが、どうもなかなかそうは問屋が卸さぬようである。わたしはホームレス相手のボランティアなどという人たちは非常に志が高い人たちだと思っていて、ホームレスが泣こうがわめこうがきちんと耳を傾けてくれるはずだと、いささか高をくくっていた。このあたり、完全に読みちがえてしまったのだ。今、このブログを、いったい何人のボランティア諸兄が読んでいるのか? きわめて少数にちがいない。

その原因は前述のとおり、わたしがボランティアに厳しい態度を取りつづけてきたこともあるのだろうが、最近もうひとつ気がついた。どうやら「真剣に福祉活動をしている人」には、わたしが「べつに困っていない者」と映るようなのだ。
「なんだこの健次郎とかいうのは? ネットなんかしていてべつに困っていないんだろ。本当に困っているホームレスはたくさんいるんだぞ。こんなのの相手なんかしていられるか」
ということのようだ。

以前(そして現在も)ホームレス施設建設問題が持ち上がった地域で、反対住民組織の代表だった人を思い出す。東南アジアなどの貧しい地域でボランティア活動をおこなっている立派な人物だったが、そのような人でさえ、こと近所のホームレスの話となると、中にはぶん殴ってやりたいようなホームレスがいると口走ったものである。世界にはもっと貧しい人たちがいるのに……ということらしかった。ボランティア諸兄も、わたしに対しておなじような感情を抱いているようである。

それで、もっと貧しい、もっとたいへん、とは、どういうことだろうか? 新潟地震の被災者について、
「阪神大震災の被災者はもっとたいへんだったんだ」
ということだろうか? ポルポト政権下のカンボジアよりナチのほうがひどかったということか? 長崎よりも広島のほうがひどかった?

なにがわからないって、ネット上をウロウロしているボランティアほどワケのわからないものはない(苦笑)。実名を挙げて名指ししてもよいが……、この人たちの考えほど見通せないものにはあったことがない。なにかこの……、いや、そこでニコニコとツルんでいる○○さんと△△さんと××さん、あなた方はなんのために……。いや、そこゆくアナタとソナタ、アナタ方の態度はなにか本末転倒じゃ……。いや、まったくわからない。理解不能に近い。

非ホームレスの中でも突出してホームレスから遠く離れた距離にいる存在、それがボランティアという種類の人間なのじゃないだろうか。そうとしか思えない今日このごろ。というか、ほぼ確信……

関連記事

山谷の労働者にパソコン講習 13日の朝日新聞・夕刊だと思うのだが、「城北労働・福祉センター」が、山谷の主にドヤ暮らしの労働者にパソコン講習をおこなっているという記事。といっても専門職に育てるつもりはなく、あくまでも必要最低限のスキル範囲内らしい。土木関係の求人が激減しているので、別の職種への取っ掛かりとしてということのようだ。...
女子大生が焼き打ち「燃やせ!殺せ!」... 「女子大生が焼き打ち「燃やせ!殺せ!」」と、6月7日付・日刊スポーツが報じた。  埼玉県警朝霞署は6日までに、ホームレスの男性が寝ていた段ボール箱の「家」にサラダ油をまき、放火しようとしたとして、東洋大4年の安藤佳南子容疑者(21)ら男女4人を器物損壊容疑で逮捕した。4人は深夜河川敷でバーベキ...
写真で見るホームレス自立支援センター 生活編...  前回につづき、ホームレス自立支援センターの一例を紹介します。写真は2011年の春に閉鎖された、川崎市の「富士見生活づくり支援ホーム」です。2008年から2009年の撮影です。  代表的な4人部屋の居室です。2段ベッドをひとりで使うわけではありません。上下とも人が寝ます。鉄パイプなので、か...
スッポン・ボランティア わたしの願いは極めて明瞭だ。 マイノリティに眼を向けて欲しい つまるところそれだけなのだ。 寄せ場経由のホームレス問題など、すでに散々語られてきている。日本寄せ場学会なんてものまであるぐらいなのだ。公園や河川敷に小屋を持って定住しているホームレスでさえ、もはや誰もが語り尽くしている。いまさら語っ...
スポンサーリンク