生きることへの安心感

スポンサーリンク

例によって自己評価の話だが、お付き合い願いたい。

以前の『自己評価の心理学』で、わたしは自己評価には二種類あると書いた。存在の価値と能力の評価だ。これを別のいい方にすると、生きることへの保証、つまり安心感と、生きてゆけることの能力、すなわち自信である。

で、人間はその根本に、生きることが保証されている安心感が必要だというのは、以前とおなじ話のいい換えなのだけれども、実際、ホームレスにおいてはこの安心が得られない。衣食住といった物理的な欲求が満たされにくい環境であることはいうまでもないが、根本で社会からその存在を否定されている、それが精神に大きく影響している。社会から否定され、生きることへの保証を失ってしまっているのだから、安心感など得ているはずもない。つまり、以前に書いた「存在の価値はしっかりしている」などというホームレスの存在は、非常に考えにくいのだ。

マスコミで、時折「自由がいちばんよい」などといって、社会に背を向けたようなホームレスが報道されることがある。あれをそのことばどおりに受け取る人はあまりいないだろうし、いたらかなり素直な人だろうと思う。では、なぜあんなことをいうのか? あんなことをいわせるものとはなんなのか? ああいわざるを得ないとはどんな心なのか? ということを考えると、それは、「安心感を得られない社会に、ついに見切りをつけてみせた」という、切羽詰ったホームレスの心境が透けて見えるように思うのだけれども、あなたにはそれがどのように見えるだろうか?

関連記事

ホームレスのタイプ分類(再掲) 失業系基本的には、仕事および住居がないことが原因のジョブレス・ハウスレスタイプ。仕事および住居があれば「当面は」社会復帰できる。仕事の斡旋および住居の確保で対応可能。反社会系反社会的な性向により、ホームレス生活に陥っているタイプ。活力はあるので元気がよい。開き直ってエンジョイしているよう...
ボランティアのためのカウンセリング講座(2)... ラポール(信頼関係) ラポールとは、カウンセラーとクライエント(相談者)とのあいだに作られる、信頼関係のことです。クライエントが「あぁ、この人にならなんでも話せる、相談できる」と安心感を持てる信頼関係を指していいます。 ボランティアは専門的なメンタルヘルスに関わるわけではありませんから、最終的に...
ボランティアのためのカウンセリング講座(1)... 最近では「傾聴ボランティア」などが知られるようになり、より効果的な援助をおこなうためのカウンセリング技法が、にわかに注目を集めています。ボランティアは一般に「やる気、世直し、手弁当」などといって、その自主性がたいへんに尊重されますが、ものごとを進めるためには「やる気、知識、スキル」の3つが必要です。...
責任と差別の認知心理学 原因帰属と基本的帰属錯誤  誰かになにかが起きた。その原因は彼自身にあるのか、外部の要因なのか? これを原因帰属と云い、前者を内的原因、後者を外的原因と呼ぶ。  たとえば、わたしが石につまずいて転んだ。これはわたしのせいか、それとも石のせいなのか? ここでわたしはその石ころを蹴飛ばして、...
スポンサーリンク