ホームレス支援施設よりもまず職員?

スポンサーリンク

木村燈路さんという方は大学で福祉関係の勉強をされてらっしゃるようで、そのブログ「ひつじ」中の記事『ボランティア、そのあとボランティア。』では、ホームレスへのボランティア体験を語っているが、なかでも、

ソーシャルワークの専門性は、例えば「障害者」の「障害」に関わるのであって、「者」に関わるのは、ボランティアでよいと聞いたことがあったが、ホームレスの方にとっては、施策でも個別的にアセスメントするしくみがまだ遅れている。個別的にゆっくりと関わることができない。

とのくだりは、なにかホームレス問題の本質を突いているようにも思える。わたしは福祉にうといので、ソーシャルワークうんぬんについてはよくわからないが、ホームレス一人ひとりとじっくり向き合ってこころ通わせ、その精神的な支えのごとき存在としての専門家について語っているのだとしたら、それはもう圧倒的に不足しているのだろうと思う。

いや、ボランティアがどれだけいるのか知らないけれども、そのボランティアでさえ絶対的に数が少ないのであろう。 だから、行政がホームレス支援施設だけ作って、さァ後は勝手に使え、ではダメなんだといういつもの話になってしまうのだが、はっきりいって、施設よりまず専門家を増やしてきめ細かく対応したほうが、よほど成果が出るのではないかと思うのだが、どんなものだろうか?

関連記事

長居公園でのホームレステント強制撤去... 毎日新聞の「強制撤去:長居公園の野宿者テントなど 大阪市」で触れられているとおり、大阪の長居公園でホームレスのテントが行政代執行によって強制撤去されたようである。8月に開かれる世界陸上大阪大会に備えての公園整備が理由だが、行政代執行による強制撤去はほとんど年中行事のようになっているから、あぁまたか、...
写真で見るホームレス自立支援センター 生活編...  前回につづき、ホームレス自立支援センターの一例を紹介します。写真は2011年の春に閉鎖された、川崎市の「富士見生活づくり支援ホーム」です。2008年から2009年の撮影です。  代表的な4人部屋の居室です。2段ベッドをひとりで使うわけではありません。上下とも人が寝ます。鉄パイプなので、か...
『一つの未来予想 ――ブロガーホームレスの絶望と軌跡――』を読む... 東京大学先端科学技術研究センター「ジャーナリスト養成コース」の履修者である宮田清彦さんが、ぼくへのインタビューをルポにまとめてくださいました。たいへんな力作で、ありがたいことだと感謝しております。 事前に草稿を拝読しましたが、名称や時期のまちがい、若干のオフレコ部分を除いて、ぼくは内容に一切タッチし...
パリ市職員の51人がホームレスだった フランス・パリ市職員のうち、少なくとも51人がホームレスだったことがわかったと、9月17日付の朝日新聞(asahi.com)が報じた。市民は衝撃を受けているという。 いずれも最も給与水準の低い公務員たちで、離婚など家庭の事情が原因でホームレス生活を強いられている人が多いらしい。市は低所得者向け住...
スポンサーリンク