ホームレス支援施設よりもまず職員?

スポンサーリンク

木村燈路さんという方は大学で福祉関係の勉強をされてらっしゃるようで、そのブログ「ひつじ」中の記事『ボランティア、そのあとボランティア。』では、ホームレスへのボランティア体験を語っているが、なかでも、

ソーシャルワークの専門性は、例えば「障害者」の「障害」に関わるのであって、「者」に関わるのは、ボランティアでよいと聞いたことがあったが、ホームレスの方にとっては、施策でも個別的にアセスメントするしくみがまだ遅れている。個別的にゆっくりと関わることができない。

とのくだりは、なにかホームレス問題の本質を突いているようにも思える。わたしは福祉にうといので、ソーシャルワークうんぬんについてはよくわからないが、ホームレス一人ひとりとじっくり向き合ってこころ通わせ、その精神的な支えのごとき存在としての専門家について語っているのだとしたら、それはもう圧倒的に不足しているのだろうと思う。

いや、ボランティアがどれだけいるのか知らないけれども、そのボランティアでさえ絶対的に数が少ないのであろう。 だから、行政がホームレス支援施設だけ作って、さァ後は勝手に使え、ではダメなんだといういつもの話になってしまうのだが、はっきりいって、施設よりまず専門家を増やしてきめ細かく対応したほうが、よほど成果が出るのではないかと思うのだが、どんなものだろうか?

関連記事

地域の協力 東京都では今年度から「ホームレス地域生活移行支援事業」なるものをはじめている。かいつまんでいうならば、都で住宅を用意して、公園のテント生活者に安い家賃で提供するというもの。空き缶や雑誌の回収など、現在のホームレス自身の労働収入と、清掃などの臨時就労支援によって、生活費はまかなえるとされている。そして...
「富士見」シェルター設置へ(川崎)...  19日付の毎日・読売・朝日・東京・神奈川各新聞の地域版によると、18日に開かれた「川崎市ホームレス自立支援推進市民協議会」の第2回会議で、市は川崎区・富士見公園内に公園対策型シェルターを設置することを明らかにした。川崎競輪場東側の市所有地、約2,000平方メートルに、事務・管理棟を含めた2階~3階...
ジャーナリストはもういらない ★3月7日 わたしがインターネットでホームレスからの発信という奇怪なことをはじめてからの最大のなぞは、プロフェッショナルなジャーナリストたちの存在だった。幾人ものジャーナリストたちがサイトを持ち、それぞれの視点で政治や経済や国際問題や社会問題を切り取ってゆくさまは、テレビや新聞といった既存の巨大メデ...
東京でホームレス自立支援施設が完成...  これはチビたさんの「みんながんばれ!」から拾ってきたネタ。  ライブドア・ニュースは8月30日、「ホームレス自立支援施設完成」と報じた。東京都内で10番目のホームレス施設「千代田寮」が9月にオープンする(現時点ではすでにしている)。「千代田寮」は男性62人が定員だが、緊急一時保護センターであるた...
スポンサーリンク