ホームレス支援施設よりもまず職員?

スポンサーリンク

木村燈路さんという方は大学で福祉関係の勉強をされてらっしゃるようで、そのブログ「ひつじ」中の記事『ボランティア、そのあとボランティア。』では、ホームレスへのボランティア体験を語っているが、なかでも、

ソーシャルワークの専門性は、例えば「障害者」の「障害」に関わるのであって、「者」に関わるのは、ボランティアでよいと聞いたことがあったが、ホームレスの方にとっては、施策でも個別的にアセスメントするしくみがまだ遅れている。個別的にゆっくりと関わることができない。

とのくだりは、なにかホームレス問題の本質を突いているようにも思える。わたしは福祉にうといので、ソーシャルワークうんぬんについてはよくわからないが、ホームレス一人ひとりとじっくり向き合ってこころ通わせ、その精神的な支えのごとき存在としての専門家について語っているのだとしたら、それはもう圧倒的に不足しているのだろうと思う。

いや、ボランティアがどれだけいるのか知らないけれども、そのボランティアでさえ絶対的に数が少ないのであろう。 だから、行政がホームレス支援施設だけ作って、さァ後は勝手に使え、ではダメなんだといういつもの話になってしまうのだが、はっきりいって、施設よりまず専門家を増やしてきめ細かく対応したほうが、よほど成果が出るのではないかと思うのだが、どんなものだろうか?

関連記事

横浜・寿町周辺のドヤ街(簡易宿泊所)...  日本3大寄せ場のひとつである横浜・寿町。その周辺をお散歩。今回はカメラの操作ミスも手伝って、露光ミスや手ブレしている写真が非常に多い。そのおつもりでご覧ください。  労働福祉会館。なにをするところなのか知らないが、きっと労働と福祉の会館なのであろう。休日のせいか、人影はほとん...
傾聴ボランティア 「傾聴ボランティア養成講座」などというものがあるそうだ。ちょっと古いが6月11日付の読売新聞で紹介されていた。福祉施設でのボランティアを目指す人や、介護ヘルパーが主な受講者だという。 おもしろいエピソードとして、 「批判や反論はもちろん、助言や忠告も不要」 と指導すると、 「相談されているのに、...
山谷地域越年越冬宿泊援護施設「なぎさ寮」...  川崎の埋立地は工場ばかりで、公園も緑道もレクリエーション施設もほとんどなく、一般的な散策にはまったく不向きだが、多摩川を越えて東京都に入ると、こちらには公園のたぐいが豊富にある。羽田空港にほど近い埋立地は工業地帯というより物流センター街で、ものものしい異形の工場もなく、このあたりの散策コースは東京...
写真で見るホームレス自立支援センター 外観編...  ホームレス自立支援センターは、路上生活者の社会復帰を支援する施設です。ハウジングプアやハウジングファーストということばを耳にすることも多くなり、「住まい」について考える機会も増えたので、ざっと紹介していきます。  写真は2011年の春に閉鎖された、川崎市の「富士見生活づくり支援ホーム」。20...
スポンサーリンク