【フォトレポート】『生活保護から考える』(稲葉剛/岩波新書)出版記念・院内集会「生活保護から考える 日本の貧困と社会保障」

スポンサーリンク

 11月20日に参議院議員会館でおこなわれた集会《『生活保護から考える』(稲葉剛/岩波新書)出版記念・院内集会「生活保護から考える 日本の貧困と社会保障」》の写真です。著書の出版記念を兼ねてということでしたが、貧困問題の最前線を駆け抜けてきた第一人者らしい講演の内容で、非常に多角的な視点からこの問題が語られました。著書がベースになっているらしいので、詳しくは本を読んでくださいというところでしょうか(笑)。

 また、撮影禁止のために割愛しましたが、当事者による座談会は「当事者になって初めてわかること」が盛りだくさんの内容で、たいへんに聞きごたえのあるものでした。こちらもおなじメンバーの話が著書に収録されているということです。

 ひとくちに当事者といいますけれども、当事者になるまでの経緯は、まったくのところ人それぞれです。病気で失業した人、障害のある人、DVから逃げてきた人、ホームレスだった人など、みな事情がちがいます。それは当事者になってからもおなじで、経験する悩みや苦しみは、その人の事情によってちがっています。他の当事者の話を聞くことは、当事者自身にとってもたいへん役立つことなのだと実感した座談会でした。

re-P1030378
re-P1030275
re-P1030290
re-P1030317
re-P1030328
re-P1030370
re-P1030260

関連記事

【フォトレポート】「生活保護「改革」を問う11・20緊急院内集会」...  2013年11月20日、衆議院議員会館でおこなわれた「生活保護「改革」を問う11・20緊急院内集会」のフォトレポートです。10月24日に、1,000名を超える研究者が生活保護法改正案に反対し、共同声明を発表しました。通常、研究者は忙しく、声明も100人前後で、1,000人もの共同声明は異例のことだ...
【フォトレポート】シンポジウム《“低きに合わせる”のが、この国の生存権保障なのか? ~次に狙われる住...  2014年9月15日に東京駅前ビルで開催された、生活保護関連シンポジウム《“低きに合わせる”のが、この国の生存権保障なのか? ~次に狙われる住宅扶助基準と冬季加算の削減~》(主催:「STOP!生活保護基準引き下げアクション」「住まいの貧困に取り組むネットワーク」)のお手軽レポートです。 ...
スポンサーリンク