「神奈川県ホームレス就業支援協議会」設立

スポンサーリンク

わたしの知る限り、このニュースを報じたのは日経新聞だけのようだった。少なくとも朝刊において、毎日、読売、朝日の3紙は記事にしていない。なぜ日経だけが?という見方もおもしろいけれど、それはさておき……

8月4日付の日経新聞・神奈川版は、県、横浜市、川崎市、県労働福祉協会など9団体が、ホームレスの就業支援を目的とした「神奈川県ホームレス就業支援協議会」を設立したと報じた。厚生労働省の指導する「ホームレス就業支援事業」の受託組織だという。9月に横浜と川崎に拠点を設け、就労意欲がありながらホームレス生活を余儀なくされている人の就業相談に乗る。そのほかにも仕事の情報提供や紹介をし、臨時的で簡易な仕事を提供する。また、職場体験講習の受け入れ先なども開拓するというが……

……なんだか窓口ばかりができてゆく印象がある。しかし、川崎にとってはよいニュースなのかも知れない。川崎には「愛生寮」というホームレス一時宿泊施設があるのだけれど、自立支援センターの建設は暗礁に乗り上げたままのようである。

要するに「入り口」はあるのだが「出口」がない。「愛生寮」では職業相談や紹介などにも業務を拡張しているようだけれど、あまりはかばかしい効果はあがっていないようだ。ようだ、というのは、ここは情報を一切出さないので知りようがないのである。まぁ「中抜き」ではあるが「出口」強化は悪いニュースじゃない。

問題は、ホームレスがそうした窓口を使うかどうかだ。場所だけ作って、あとは待ちの態勢になるんじゃないか。そうなると、おそらくほとんど機能しないだろう。仮にホームレスがやってきても一度きりで、以後は二度とこなくなるような窓口になりはしないか。そもそも大半のホームレスは行かないだろうし、行く元気のある者は冷やかしに行くのだ。無用の長物にならなければよいのだが……

関連記事

イギリスのITホームレス支援事情 「英国留学日記」というブロクの作者である高橋伸太郎さんという方は、イギリスでホームレスにネットへの接続環境を提供して社会復帰に役立ててもらうプロジェクトに参加しているという(「ホームレスの社会復帰プログラム」)。 まさに“ITホームレス”を支援しているわけである。このプロジェクトがどうなってゆくのか...
ホームレス自立支援2施設が社会復帰に成果... 「ホームレス自立支援2施設が社会復帰に成果/川崎」と、6月3日付・神奈川新聞が報じた。  ホームレス(路上生活者)の自立や就労を支援する川崎市の「市就労自立支援センター」(川崎区日進町)と「富士見生活づくり支援ホーム」(同区富士見)が、一定の成果を上げている。開設から一年たち、両施設で...
ホームレス事件3題 「ホームレス連続襲撃か=バットで殴る、警視庁が捜査」(2008年3月13日・時事ドットコム)ということで、相も変わらずホームレスへの襲撃事件はあとを絶たないわけである。ふたりともかなり重傷のもよう。  東京都府中市で就寝中のホームレスの男性が男にバットのようなもので殴られて負傷する事件が2件相次ぎ...
川崎市ホームレス自立支援実施計画案... 朝日・読売・神奈川各新聞によると、川崎市が2004~2008年度のホームレス自立支援実施計画案を発表した。緊急支援から自立支援への転換を明確にした。主な施策は次のとおり。 自立支援市民事業 就労支援センター(定員50人) 公園ホームレス対策シェルター(定員200人) パン券事業の縮小・廃止 ホ...
スポンサーリンク