「神奈川県ホームレス就業支援協議会」設立

スポンサーリンク

わたしの知る限り、このニュースを報じたのは日経新聞だけのようだった。少なくとも朝刊において、毎日、読売、朝日の3紙は記事にしていない。なぜ日経だけが?という見方もおもしろいけれど、それはさておき……

8月4日付の日経新聞・神奈川版は、県、横浜市、川崎市、県労働福祉協会など9団体が、ホームレスの就業支援を目的とした「神奈川県ホームレス就業支援協議会」を設立したと報じた。厚生労働省の指導する「ホームレス就業支援事業」の受託組織だという。9月に横浜と川崎に拠点を設け、就労意欲がありながらホームレス生活を余儀なくされている人の就業相談に乗る。そのほかにも仕事の情報提供や紹介をし、臨時的で簡易な仕事を提供する。また、職場体験講習の受け入れ先なども開拓するというが……

……なんだか窓口ばかりができてゆく印象がある。しかし、川崎にとってはよいニュースなのかも知れない。川崎には「愛生寮」というホームレス一時宿泊施設があるのだけれど、自立支援センターの建設は暗礁に乗り上げたままのようである。

要するに「入り口」はあるのだが「出口」がない。「愛生寮」では職業相談や紹介などにも業務を拡張しているようだけれど、あまりはかばかしい効果はあがっていないようだ。ようだ、というのは、ここは情報を一切出さないので知りようがないのである。まぁ「中抜き」ではあるが「出口」強化は悪いニュースじゃない。

問題は、ホームレスがそうした窓口を使うかどうかだ。場所だけ作って、あとは待ちの態勢になるんじゃないか。そうなると、おそらくほとんど機能しないだろう。仮にホームレスがやってきても一度きりで、以後は二度とこなくなるような窓口になりはしないか。そもそも大半のホームレスは行かないだろうし、行く元気のある者は冷やかしに行くのだ。無用の長物にならなければよいのだが……

関連記事

名古屋・白川公園でホームレステント撤去...  なんかあれだな、名古屋のほうでなんかあったんだろう。愛知万博に関係あるのかないのか、まぁそれはよいとしても、白川公園で最後まで抵抗していた8人のホームレスがテントを撤去されたとか、まぁそんな話のようだ。ちなみに、白川公園には緊急一時宿泊施設、いわゆるシェルターがある。行政はそこへ移るように指導して...
「自立生活サポートセンター・もやい」の窮地・その後... リプラス破綻で資金援助を受けていた「自立生活サポートセンター・もやい」が窮地に立った話だが、1ヶ月あまりで総額3,400万円以上(!)の寄付が集まったそうで、来年度までの活動には支障をきたさなくなったようだ。よかったね。 しかし、この金額の大きさには、多くのホームレス団体が度肝を抜かれたり腰を抜...
野宿者自立支援のNPO法人が1億3千万円所得隠し... 嫌なニュースだねぇ。「野宿者自立支援のNPO法人が1億3千万円所得隠し」(5月15日付・朝日新聞)。  野宿生活者らの自立を支援するNPO法人「大東ネットワーク事業團」(大阪市西区)が大阪国税局の税務調査を受け、宿泊施設の利用料などを申告していなかったとして、05年12月期までの3年間で計約1...
東京23区のホームレスが2割減  東京都の調査では、23区のホームレスが昨年に比べて1,000人以上減り、4,200人余りになったと朝日新聞が報じた(リンクが切れているかも)。都では家賃3,000円で2年間アパートを貸す「ホームレス地域生活移行支援事業」などの施策が奏功したと見ている。  今3,000円を払えるからといって2年後...
スポンサーリンク