「神奈川県ホームレス就業支援協議会」設立

スポンサーリンク

わたしの知る限り、このニュースを報じたのは日経新聞だけのようだった。少なくとも朝刊において、毎日、読売、朝日の3紙は記事にしていない。なぜ日経だけが?という見方もおもしろいけれど、それはさておき……

8月4日付の日経新聞・神奈川版は、県、横浜市、川崎市、県労働福祉協会など9団体が、ホームレスの就業支援を目的とした「神奈川県ホームレス就業支援協議会」を設立したと報じた。厚生労働省の指導する「ホームレス就業支援事業」の受託組織だという。9月に横浜と川崎に拠点を設け、就労意欲がありながらホームレス生活を余儀なくされている人の就業相談に乗る。そのほかにも仕事の情報提供や紹介をし、臨時的で簡易な仕事を提供する。また、職場体験講習の受け入れ先なども開拓するというが……

……なんだか窓口ばかりができてゆく印象がある。しかし、川崎にとってはよいニュースなのかも知れない。川崎には「愛生寮」というホームレス一時宿泊施設があるのだけれど、自立支援センターの建設は暗礁に乗り上げたままのようである。

要するに「入り口」はあるのだが「出口」がない。「愛生寮」では職業相談や紹介などにも業務を拡張しているようだけれど、あまりはかばかしい効果はあがっていないようだ。ようだ、というのは、ここは情報を一切出さないので知りようがないのである。まぁ「中抜き」ではあるが「出口」強化は悪いニュースじゃない。

問題は、ホームレスがそうした窓口を使うかどうかだ。場所だけ作って、あとは待ちの態勢になるんじゃないか。そうなると、おそらくほとんど機能しないだろう。仮にホームレスがやってきても一度きりで、以後は二度とこなくなるような窓口になりはしないか。そもそも大半のホームレスは行かないだろうし、行く元気のある者は冷やかしに行くのだ。無用の長物にならなければよいのだが……

関連記事

荒川千住でホームレス逮捕 9月8日の東京新聞夕刊に「ホームレスを逮捕」との見出し。小学生に暴行したホームレスが逮捕された記事だ。7日の夕方、荒川千住の河川敷で遊んでいた3人の小学生に、 「ばかにするんじゃない」 などと怒鳴りながら、殴ったり蹴ったり髪の毛を引っ張ったりして軽い怪我を負わせたという。犯人の男は、 「酒に酔ってい...
川崎市が「愛生寮」利用者枠拡大の意向... 6月11日 きのう開かれた川崎市議会で福祉局長が、ホームレス一時宿泊施設「愛生寮」の利用資格枠を拡大したい意向を示した。当初、「川崎駅周辺在住一年以上」といっていたのだが、先日の対象地域拡大に加え在住期間まで短縮し、開所一ヶ月が経過して、なお予想を下回ったままの利用者数をなんとか増加させたいようだ。...
10万人のホームレス  新潟県中越地震はたいへんなことになっているようだ。当初はその規模や被害の報道が多かったように思うが、時間が経つにつれ、被災民の過酷な避難状況にメディアの焦点が移行しつつある。  以前『住まいは人権か』で阪神大震災の状況に触れたけれども、おなじようなことが新潟でも起こりつつあるように思う。...
「怒った顔がおもしろい」のでホームレスに暴行... 東京新聞の「『怒った顔がおもしろい』ホームレスに暴行」によれば、東京・荒川河川敷のホームレスに暴行などを加えた都立高男子1年生7人が逮捕されたという。今年7月18日深夜、ホームレスに向けてロケット花火約30発を発射。小石約60個を投げつけたほか、暴行を加えた疑い。生徒のひとりは、 「ホームレスなら警...
スポンサーリンク