ホームレスにおける好意の返報性

スポンサーリンク

以前、とあるサイトでホームレスの「心変わり」が話題になった。ホームレスの世話をしている人なのだけれども、面倒を見た相手が突然いなくなったり、次に会っても詫びもないことが多いというので、ホームレスとは深く付き合わないことにしたという話である。

心理学に「好意の返報性」とか「互恵性」とか呼ばれるものがあったと思う。人間は、自分を好きになってくれる人を好きになる、というような法則で、恋愛などの説明によく使われる。ビジネスでも営業の世界では広く応用されていて、
「親切にされたらなにかお返しをしなければならない」
という心理を利用して、客に親切にして物を買わせる、そういう法則である。

余談ながら、マスコミを賑わす悪徳業者はたいていこの手を使う。
「あんなに親切だった人が……」
と話す被害者は後を絶たない。みなさんもお気をつけあそばせ。

閑話休題。
人に親切にされるとお返しをしたくなるのが人間の心理である。そう感じない人は、自分を特別な存在だと思っている自己愛性人格だ。だから、たいていの人はお返しをしようと思うものである。だが、ここで、もう少しよく考えてみて欲しい。

お返しをしたいが、できない場合はどうなるか?

こうしたケースはあまり論じられないようだが、それ以上の親切を拒む、という選択肢がある。ここでは、親切にされることを拒絶するのが最大の誠意の表明となり得るのである。

先のホームレスが、返せる当てがない親切にたいへんなプレッシャーを感じていた可能性は十分に想像できる。むろん、単なる自己愛性格者だったのかも知れないが。

ただ、だからといって、まったく相手にするなという話ではない。あなたが路上で何気なく世話をしているホームレスが、実はとんでもなくプレッシャーを感じているかも知れないという話だ。ならば、相手が返さずとも済むような、ほどほどの親切でもよい。そうでなければ逃げられるか、相手が自己愛性人格者なら徹底的にむしられてしまう可能性がある。

ホームレスにしろニートにしろ引きこもりにしろなんにしろ、社会問題だの経済問題だの労働問題だのといって、とどのつまりは対応する側を含めた人間性の問題なのである。相手をどう見抜き、どう対応するのか、その力量が問われているのだ。

関連記事

ボランティアのためのカウンセリング講座(2)... ラポール(信頼関係) ラポールとは、カウンセラーとクライエント(相談者)とのあいだに作られる、信頼関係のことです。クライエントが「あぁ、この人にならなんでも話せる、相談できる」と安心感を持てる信頼関係を指していいます。 ボランティアは専門的なメンタルヘルスに関わるわけではありませんから、最終的に...
生きることへの安心感 例によって自己評価の話だが、お付き合い願いたい。 以前の『自己評価の心理学』で、わたしは自己評価には二種類あると書いた。存在の価値と能力の評価だ。これを別のいい方にすると、生きることへの保証、つまり安心感と、生きてゆけることの能力、すなわち自信である。 で、人間はその根本に、生きることが保証されてい...
ホームレスのフラストレーション ホームレスのフラストレーション 生じた欲求が満たされない場合、人はフラストレーション状態に置かれる。なんのことはない、欲求不満というやつです。フラストレーションの原因となる障害には、物理的・社会的・人的などの外因性のものと、内的欠乏・心的飽和・葛藤などの内因性のものがあるが、ここではホームレスに関係...
あなたもまた退行する さて、よく引き合いに出されるのは入院患者さんの話だろうと思うのだが、患者さんは、はじめのうちは大人の自覚もあるし、医者や看護士さんは赤の他人であるから、いわれたことはきちんと守っておとなしく療養している。ところが入院が長引くにつれ、あれをしたいだのこうして欲しいだの、だんだんとわがままをいい出す。社...
スポンサーリンク