ホームレスにおける好意の返報性

スポンサーリンク

以前、とあるサイトでホームレスの「心変わり」が話題になった。ホームレスの世話をしている人なのだけれども、面倒を見た相手が突然いなくなったり、次に会っても詫びもないことが多いというので、ホームレスとは深く付き合わないことにしたという話である。

心理学に「好意の返報性」とか「互恵性」とか呼ばれるものがあったと思う。人間は、自分を好きになってくれる人を好きになる、というような法則で、恋愛などの説明によく使われる。ビジネスでも営業の世界では広く応用されていて、
「親切にされたらなにかお返しをしなければならない」
という心理を利用して、客に親切にして物を買わせる、そういう法則である。

余談ながら、マスコミを賑わす悪徳業者はたいていこの手を使う。
「あんなに親切だった人が……」
と話す被害者は後を絶たない。みなさんもお気をつけあそばせ。

閑話休題。
人に親切にされるとお返しをしたくなるのが人間の心理である。そう感じない人は、自分を特別な存在だと思っている自己愛性人格だ。だから、たいていの人はお返しをしようと思うものである。だが、ここで、もう少しよく考えてみて欲しい。

お返しをしたいが、できない場合はどうなるか?

こうしたケースはあまり論じられないようだが、それ以上の親切を拒む、という選択肢がある。ここでは、親切にされることを拒絶するのが最大の誠意の表明となり得るのである。

先のホームレスが、返せる当てがない親切にたいへんなプレッシャーを感じていた可能性は十分に想像できる。むろん、単なる自己愛性格者だったのかも知れないが。

ただ、だからといって、まったく相手にするなという話ではない。あなたが路上で何気なく世話をしているホームレスが、実はとんでもなくプレッシャーを感じているかも知れないという話だ。ならば、相手が返さずとも済むような、ほどほどの親切でもよい。そうでなければ逃げられるか、相手が自己愛性人格者なら徹底的にむしられてしまう可能性がある。

ホームレスにしろニートにしろ引きこもりにしろなんにしろ、社会問題だの経済問題だの労働問題だのといって、とどのつまりは対応する側を含めた人間性の問題なのである。相手をどう見抜き、どう対応するのか、その力量が問われているのだ。

関連記事

生きることへの安心感 例によって自己評価の話だが、お付き合い願いたい。 以前の『自己評価の心理学』で、わたしは自己評価には二種類あると書いた。存在の価値と能力の評価だ。これを別のいい方にすると、生きることへの保証、つまり安心感と、生きてゆけることの能力、すなわち自信である。 で、人間はその根本に、生きることが保証されてい...
続・自己評価の心理学 自己評価の作られ方 さて、以前に触れた自己評価について、再び考える。 自己評価とは、自分が自分自身をどのように評価しているかということである。ここに本人の客観性はない。あくまでもその人物の主観としてである。この自己評価が低い場合、それが適度であれば慎重さや謙虚さとなって好ましいものとなることもあるが...
ボランティアのタイプ分類  ホームレスを支援するボランティアがいるのはご存知でしょうが、彼らは通常、衣類や雑貨などを配って歩いたり、炊き出しをおこなったり、生活相談を受けたり、福祉事務所と交渉したりしますけれども、おおむねその立場と目的によって3種類ほどにわかれています。 労働・社会運動系 日雇い労働者市場である...
ホームレスとの接し方 ホームレスへの援助といっても、国がおこなう大規模なものから個人が細々とつづけるボランティアまで、その方法はさまざまです。あるいはまたその動機も、社会全体のことを考えるといった大きな視点から、困っている人を助けたいという個人的な理由まで、これまたいろいろです。 動機や方法はいろいろですが、もしあなたが...
スポンサーリンク