格差と不平等

スポンサーリンク

7月28日付・東京新聞夕刊で、同志社大学ビジネススクール教授の浜矩子さんが、「格差と不平等を読む」という記事を書いている。書店店頭の平積みが、かつての「激動の時代を生き抜くサバイバル本」から「格差と不平等の本」へと変わりつつあるという。人々の意識が、「なぜこういう社会になったのか?」という原因に向かいはじめた結果だというのだ。

格差社会は確かに弱者に対して手厳しい。だが、平等社会は強き者の力量を抹殺する。いずれも、単独では最適解にはつながらない。格差あることが切り捨てにつながらず、平等を保障することが画一化につながらない社会をつくれるか。

氏はそう問い、自身がイギリスで過ごした小学生時代の思い出を語る。そこでは試験の全結果が張り出され、格差が一目瞭然だったという。しかし、不平等感を持つこともなく、排除されることもなかった。かえって、お互いに苦手なものを支え合う互助精神が芽生えたという。それを踏まえ、「格差無きところに真の平等無し」。氏はそう結んでいるのだが……

日本ではおかしな横並びの平等主義がはびこっている。それが、能力はみないっしょ、というまちがった考えにつながっている。ために、「できないのは努力していないせいだ」という、他者の努力を無価値化して責め立てる人々が非常に増えた。

能力ではなく努力のせい、だからがんばろうよ、という励ましとして使うぶんには効果的なこの手法も、ひとたび相手を責める道具として誤った使い方をされると、とんでもないことになる。それまでの努力をまったく評価されず、価値のないものとして打ち捨てられた結果、自尊心の欠如と不安を生み、しかし先へ進まなければならないという強迫観念に取り付かれてしまう。

こうした画一的な平等主義者の存在が、人々から意欲を奪う一因になっているのはまちがいない。それまでの努力を無価値化されたがゆえに、意欲を失うケースは枚挙に暇がない。とりわけ繊細な若い時代はそうである。不用意な言動は、才能ある若者をいとも簡単につぶしてしまうのだし、実際、わたしはそういうケースをたくさん見てきた。

人間を評価する軸がひとつであることはあり得ない。AがよければBがだめ、BがだめでもCはよし。人は軸の組み合わせで成り立っている。その軸をどこまでたくさん持って他人を見ることができるのか。おそらく成熟とはそのことにかかっているのだと思う。人間とは多面体の動物なのである。

格差はあって当然である。しかし、願わくば、強き者が弱き者の曇った面を助け、弱き者が強き者の曇った面を支える格差であって欲しい。“社会”とは、本来そうしたものであろう。

関連記事

ニートの代表? 杉村議員 先の衆院選で当選した自民党の杉村太蔵さんという人が 「早く料亭へ行きたい」 とかいろいろ物議をかもす発言をして、ワイドショーを賑わせていたことはみなさんご承知。といってもわたしは知らない。わざわざワイドショーを観るために電器店には足を運ばないからだ。そのせいか、世間ではすでに彼の話題は下火のようで、...
人情という名のお人好し 「NC-15 - 他者に対する想像力がなきゃ、いざというときに助けてくれる奴っていねえと思うけどな。」では、元ネタである「日々、とんは語る。 - 新しいホームレス。」に対する見解を述べている。6月12日放送分の「クローズアップ現代」(NHK)で触れられたネットカフェ難民について、元ネタは、  ...
ニートと引きこもり(2)  先日発表された労働経済白書で、学校にもゆかず働きもせず求職活動もおこなっていない若年無業者、いわゆるニートが52万人いるとされた。これは定義からすれば、遊び人よろしくブラブラしている者だけではなく引きこもりの若者たちも含んだ数字だろうと思うのだが、今、引きこもりの人は数十万とも100万ともいわれて...
まだ間に合うよ 8月19日付の日経新聞1面コラムで、博士号を持った人の就職難について触れられている。文部科学省は1991年から大学院を拡充して博士の大量養成に乗り出し、2004年度には博士課程修了の研究者が約15,000人になって、当時の倍に増えたという。しかし、就職できない博士が増えているというのである。 ...
スポンサーリンク