適職診断サービスを開始(神奈川)

スポンサーリンク

8月6日付の日経新聞によれば、パソコンやケータイで利用できる「適職診断」サービスを神奈川県がはじめたそうだ。心理カウンセラーが作った60問の問題に答えると、適正があると思われる職業が表示される。

県が運営する「かながわ若者就職支援センター」が開設したものだが、センター利用の呼び水にしたいとの考えだという。

そういうわけで、わたしもやってみた。結果は……芸術的思考が強いので、専門的・技術的職業(芸術的)に向いているとのこと。たとえば、通訳、インテリアコーディネーター、バーテンダー、潜水士、産業カウンセラー、漫画家、肖像画家、エッセイスト、彫刻家、ウェイトレスなどなど?

また、社会的思考も強いので、サービスの職業、たとえば、歴史学者、高校教師、理学療法士、美容師、福祉用具専門相談員、福祉事務所所長、言語聴覚士、言語治療士、小・中学校校長、臨床心理学者……などにも向いているらしい?

エッセイストというのはよくわかるし、産業カウンセラーも資格所得を考えたことがあるので納得できるのだけれど、バーテンとかはちょっとちがうなぁ(苦笑)。なにより潜水士というのはなんでしょーか? ワシ、カナヅチなんですけど(笑)。ていうか、それ以前に若者じゃないんだけど(爆笑)。

というわけでいろいろあるが、当たらずとも遠からず、といったところか。この種の質問紙法は、答え方で結果が読めてしまうことが多いので、考えないでサクサク進めてね!

関連記事

藤沢市がニート・フリーター対策「レッツしごと塾」... ニートやフリーター対策に藤沢市が「レッツしごと塾」なる若者支援事業をはじめるのだと、8月19日付の日経新聞が報じている。講演会やカウンセリングを中心に、当事者だけでなく親を対象とした個別相談会なども実施するそうだ。ハローワークの就職面接会にも参加するという。若者の現状は「地域社会にとっても大きな損失...
NHKニュース10のニート 今、NHKのニュース10でニートを取り上げている。ニュースを見て検索からここへきてくれた人も多いでしょう。番組が終わったら何か記事が書けるかも知れない。また後で。 ニュース、あっという間に終わってしまいました。「若者自立塾」が今日からスタートした(?)とかで、参加者への軽いインタビュー、例の小杉...
ニート成人 10日付の読売新聞・社説は、成人の日を受けて「『働く』ことの意味を考えたい」と題しているのだが、もちろんニートにも触れられている。  気がかりなのは、働こうとしない若者が増えていることだ。 ~中略~  企業が採用を抑え、人材育成を怠ってきた影響は大きい。だが、若者の側も就労意欲をなくし、働くことに...
ニート支援策、見直しへ 厚生労働省がニートの支援策を見直すそうだ。調査の結果、発達障害を持つ人が一部に含まれていることがわかったため、支援機関に心理専門職を配置するらしい。 なにをいまさらこんなことをやっているのか、さっぱりわけがわからないニュースだ。このことばが流通しはじめた当初から、すでにニートにはいくつかの種類が...
スポンサーリンク