適職診断サービスを開始(神奈川)

スポンサーリンク

8月6日付の日経新聞によれば、パソコンやケータイで利用できる「適職診断」サービスを神奈川県がはじめたそうだ。心理カウンセラーが作った60問の問題に答えると、適正があると思われる職業が表示される。

県が運営する「かながわ若者就職支援センター」が開設したものだが、センター利用の呼び水にしたいとの考えだという。

そういうわけで、わたしもやってみた。結果は……芸術的思考が強いので、専門的・技術的職業(芸術的)に向いているとのこと。たとえば、通訳、インテリアコーディネーター、バーテンダー、潜水士、産業カウンセラー、漫画家、肖像画家、エッセイスト、彫刻家、ウェイトレスなどなど?

また、社会的思考も強いので、サービスの職業、たとえば、歴史学者、高校教師、理学療法士、美容師、福祉用具専門相談員、福祉事務所所長、言語聴覚士、言語治療士、小・中学校校長、臨床心理学者……などにも向いているらしい?

エッセイストというのはよくわかるし、産業カウンセラーも資格所得を考えたことがあるので納得できるのだけれど、バーテンとかはちょっとちがうなぁ(苦笑)。なにより潜水士というのはなんでしょーか? ワシ、カナヅチなんですけど(笑)。ていうか、それ以前に若者じゃないんだけど(爆笑)。

というわけでいろいろあるが、当たらずとも遠からず、といったところか。この種の質問紙法は、答え方で結果が読めてしまうことが多いので、考えないでサクサク進めてね!

関連記事

フリーター25万人を正社員化 「政府、フリーター25万人の「正社員化」めざす」と10月7日の日経新聞が報じた。首相官邸で開かれた「若者自立・挑戦戦略会議」で来年度に25万人のフリーターの正社員化を目指す方針を決めた。ニートに対しても自立支援施設を全国60カ所に設置するという。 窓口だけ作って待っていてもダメなんで、積極的にア...
ニート脱出にブログがひと役 山形大学の加納寛子助教授は10月30日に開かれたシンポジウムで、ブログがニート脱出に役立った事例について報告した。朝日新聞が報じた(リンク切れの可能性があります)。加納助教授によれば、 「ネット上で他者とやり取りをすることが、自分を客観的に見つめるきっかけになることもある」(同紙より) そうである。...
ニートのニュースあれこれ ニートの話題は一段落したものと思っていたが、その矢先にまたニュースとくる。 まずは産経が『「ニート」増加に危機感 日本経団連』と題し、 日本経団連が14日発表した経営労働政策委員会報告は、若年者の雇用問題について「技術・技能を持たない若年者の増加は将来の日本全体の競争力低下をもたらしかねない」...
杉村太蔵議員がニートやフリーターと会合... いろいろ物議をかもした杉村太蔵議員が、いよいよ活動を本格化させるようだ。「杉村太蔵が聞きたいっ!」と銘打って、計4回にわたって意見交換の場を設ける。 今回は、フリーター、ニート、その親御さんの声を 聞かせていただけないか、というのが僕の勝手なお願いです。 今、夢を持っている人、持っていない人。...
スポンサーリンク