適職診断サービスを開始(神奈川)

スポンサーリンク

8月6日付の日経新聞によれば、パソコンやケータイで利用できる「適職診断」サービスを神奈川県がはじめたそうだ。心理カウンセラーが作った60問の問題に答えると、適正があると思われる職業が表示される。

県が運営する「かながわ若者就職支援センター」が開設したものだが、センター利用の呼び水にしたいとの考えだという。

そういうわけで、わたしもやってみた。結果は……芸術的思考が強いので、専門的・技術的職業(芸術的)に向いているとのこと。たとえば、通訳、インテリアコーディネーター、バーテンダー、潜水士、産業カウンセラー、漫画家、肖像画家、エッセイスト、彫刻家、ウェイトレスなどなど?

また、社会的思考も強いので、サービスの職業、たとえば、歴史学者、高校教師、理学療法士、美容師、福祉用具専門相談員、福祉事務所所長、言語聴覚士、言語治療士、小・中学校校長、臨床心理学者……などにも向いているらしい?

エッセイストというのはよくわかるし、産業カウンセラーも資格所得を考えたことがあるので納得できるのだけれど、バーテンとかはちょっとちがうなぁ(苦笑)。なにより潜水士というのはなんでしょーか? ワシ、カナヅチなんですけど(笑)。ていうか、それ以前に若者じゃないんだけど(爆笑)。

というわけでいろいろあるが、当たらずとも遠からず、といったところか。この種の質問紙法は、答え方で結果が読めてしまうことが多いので、考えないでサクサク進めてね!

関連記事

ニート支援策、見直しへ 厚生労働省がニートの支援策を見直すそうだ。調査の結果、発達障害を持つ人が一部に含まれていることがわかったため、支援機関に心理専門職を配置するらしい。 なにをいまさらこんなことをやっているのか、さっぱりわけがわからないニュースだ。このことばが流通しはじめた当初から、すでにニートにはいくつかの種類が...
「ちゃんといい加減に生きよう」と玄田さん... ニートなどの研究で知られる東京大学社会科学研究所の玄田有史助教授が「ニートが大人に問うたこと」というテーマで講演したとライブドアニュースが報じた。助教授は「社会全体が余裕を失っている。生真面目になりすぎるのではなく、"ちゃんといい加減に"生きよう」と語ったという。  玄田助教授は「何でも理解し...
「働く若者ネット相談」がスタート 7月31日付の日経新聞によると、尾辻厚生労働相がニート対策に、 「お金がかかってもいい。一人でも多くの若者に働く意欲を持ってほしい」 と述べ、予算の拡充方針を示したという。 その厚労省では8月1日から「働く若者ネット相談」を始めるという。パソコンやケータイで専門家の相談を受けられるそうだ。ネットなら...
ニート脱出にブログがひと役 山形大学の加納寛子助教授は10月30日に開かれたシンポジウムで、ブログがニート脱出に役立った事例について報告した。朝日新聞が報じた(リンク切れの可能性があります)。加納助教授によれば、 「ネット上で他者とやり取りをすることが、自分を客観的に見つめるきっかけになることもある」(同紙より) そうである。...
スポンサーリンク