傾聴ボランティア

スポンサーリンク

「傾聴ボランティア養成講座」などというものがあるそうだ。ちょっと古いが6月11日付の読売新聞で紹介されていた。福祉施設でのボランティアを目指す人や、介護ヘルパーが主な受講者だという。

おもしろいエピソードとして、
「批判や反論はもちろん、助言や忠告も不要」
と指導すると、
「相談されているのに、なぜ自分の考えを言ってはいけないのか」
「話を聞いてもらうだけでは、問題を解決できないのではないか」
などと反論されることが多いと紹介されている。

基本的にカウンセリング(この場合はクライエント中心療法)の方法論でゆけば、相談者にはもともと問題を解決できる力が備わっていると考えるところからスタートし、カウンセラーはその力を引き出す手助けをするに過ぎないと考える。だから「指示をしない」のだ。

言い換えれば「自分の意見を棚に上げる」ということなのだけれども、これがなんともむずかしい。受講者たちも、やはりはじめは大いに戸惑ったのだろう。どうやら人間は、自分の意見を述べ、できれば相手に押し付けてしまいたい動物のようなのだ。まぁ、他者をコントロールしたいという、ある種の支配欲なのかも知れない。

わたしもたまに安いコーヒーなど飲みにゆくのだけれど、すると嫌でも他人の会話が耳に入ってくる。まぁたいていは相手の話など聞いていない。返事はしているが、みんな自分がしゃべるのに夢中になっている。なにかの本で読んだが、それこそ、
「自分の話す順番をひたすら待っているかのように」
して、会話が進んでゆく。

以前、カウンセラーが書いた本を読んだ。その先生は、カウンセラーってどんな仕事ですか、と聞かれ、
「人の愚痴を聴く仕事です」
と答えたそうだ。すると相手は、それはたいへんな仕事だと感心していたとか。

ちなみに、先の講座を開いたのは、「ホールファミリーケア協会」という東京のNPO法人だそうだ。興味のある人はどうぞ。

関連記事

東京府中ホームレス殺害事件 やや古いニュースで恐縮だが、東京の府中で起きたホームレス殺害事件は、相次いだ襲撃事件を含めて同一犯との見方が強い。20~30代の男で身長160~170センチ、痩せ型で短髪、メガネをかけていたという報道も一部にある。 東京・府中市でホームレスの男性が殺害された事件で、ことし3月に隣の調布市でも別...
ホームレスが地震で募金 デンマークのホームレスがスマトラ沖地震の募金活動をして約35万円を集めたというニュース。デンマーク政府の支援金額を「少なすぎる」と批判してみずから立ち上がったのだとか。その甲斐あってか、その後、支援金額が42倍に増やされたのだとか。「家ない辛さ分かる」とは心からの共感がいわせたことばでしょう。あっぱ...
名古屋・白川公園でホームレステント撤去...  なんかあれだな、名古屋のほうでなんかあったんだろう。愛知万博に関係あるのかないのか、まぁそれはよいとしても、白川公園で最後まで抵抗していた8人のホームレスがテントを撤去されたとか、まぁそんな話のようだ。ちなみに、白川公園には緊急一時宿泊施設、いわゆるシェルターがある。行政はそこへ移るように指導して...
川崎市の弁当(パン券)支給廃止 ほかのことを考えられる状態にないのだが、川崎市のパン券廃止には触れておかなければならない(「川崎市、ホームレス救済の「パン券」廃止」(Soulful Shout -魂叫-))。 これは人道的支援の名目ではじめたものだったろう。ならば、本来、緊急避難的におこなわれるべきもののはずだ。その間に社会復...
スポンサーリンク