傾聴ボランティア

スポンサーリンク

「傾聴ボランティア養成講座」などというものがあるそうだ。ちょっと古いが6月11日付の読売新聞で紹介されていた。福祉施設でのボランティアを目指す人や、介護ヘルパーが主な受講者だという。

おもしろいエピソードとして、
「批判や反論はもちろん、助言や忠告も不要」
と指導すると、
「相談されているのに、なぜ自分の考えを言ってはいけないのか」
「話を聞いてもらうだけでは、問題を解決できないのではないか」
などと反論されることが多いと紹介されている。

基本的にカウンセリング(この場合はクライエント中心療法)の方法論でゆけば、相談者にはもともと問題を解決できる力が備わっていると考えるところからスタートし、カウンセラーはその力を引き出す手助けをするに過ぎないと考える。だから「指示をしない」のだ。

言い換えれば「自分の意見を棚に上げる」ということなのだけれども、これがなんともむずかしい。受講者たちも、やはりはじめは大いに戸惑ったのだろう。どうやら人間は、自分の意見を述べ、できれば相手に押し付けてしまいたい動物のようなのだ。まぁ、他者をコントロールしたいという、ある種の支配欲なのかも知れない。

わたしもたまに安いコーヒーなど飲みにゆくのだけれど、すると嫌でも他人の会話が耳に入ってくる。まぁたいていは相手の話など聞いていない。返事はしているが、みんな自分がしゃべるのに夢中になっている。なにかの本で読んだが、それこそ、
「自分の話す順番をひたすら待っているかのように」
して、会話が進んでゆく。

以前、カウンセラーが書いた本を読んだ。その先生は、カウンセラーってどんな仕事ですか、と聞かれ、
「人の愚痴を聴く仕事です」
と答えたそうだ。すると相手は、それはたいへんな仕事だと感心していたとか。

ちなみに、先の講座を開いたのは、「ホールファミリーケア協会」という東京のNPO法人だそうだ。興味のある人はどうぞ。

関連記事

東京23区のホームレスが2割減  東京都の調査では、23区のホームレスが昨年に比べて1,000人以上減り、4,200人余りになったと朝日新聞が報じた(リンクが切れているかも)。都では家賃3,000円で2年間アパートを貸す「ホームレス地域生活移行支援事業」などの施策が奏功したと見ている。  今3,000円を払えるからといって2年後...
イギリスのITホームレス支援事情 「英国留学日記」というブロクの作者である高橋伸太郎さんという方は、イギリスでホームレスにネットへの接続環境を提供して社会復帰に役立ててもらうプロジェクトに参加しているという(「ホームレスの社会復帰プログラム」)。 まさに“ITホームレス”を支援しているわけである。このプロジェクトがどうなってゆくのか...
「ビッグイシュー」統合エントリー 「ビッグイシュー」の話題を統合しました。コメントやトラックバックはこちらまで。 ★2005年9月29日 「お茶の水でビッグイシュー」は「ビッグイシュー」販売員であるお茶の水博士さんのブログである。「ビッグイシュー」とは、ホームレスだけが販売できる一般向けの雑誌である。つまり、お茶の水博士さんはホ...
荒川のホームレスウサギ大爆発 ★2月28日 荒川のホームレスウサギは、その後ただならぬ展開になっている模様。そのウサウサたちの様子をまずは「Dream of Forest」さんの『荒川河川敷のうさぎ』から別ページへとリンクされている詳しいルポでお楽しみいただき、さらに「日本うさぎ愛護協会」の『2/25 現地レポート』でもウサウサ...
スポンサーリンク