川崎市の弁当(パン券)支給廃止

スポンサーリンク

ほかのことを考えられる状態にないのだが、川崎市のパン券廃止には触れておかなければならない(「川崎市、ホームレス救済の「パン券」廃止」(Soulful Shout -魂叫-))。

これは人道的支援の名目ではじめたものだったろう。ならば、本来、緊急避難的におこなわれるべきもののはずだ。その間に社会復帰支援プログラムを推進させ、順次、社会に戻っていってもらうシステムを構築しなければならなかったはずである。

しかし、パン券のみを10年もつづけた。そのため、それ目当てのホームレスが他地域から多数流入し、居座りつづける結果を招くことになった。エサだけ与えて社会復帰支援がなければこうなるのは、はじめからわかっていたことではないのだろうか。納税者サイドから不満の声が上がるのも、むしろ当然とも思える。

社会復帰支援プログラムへの移行は遅きに失した感さえあるが、紆余曲折を経た「愛生寮」開所でスタートを切った。だが、これはまったくの端緒に過ぎない。今後は、本格的な社会復帰支援センターの設置や、施設から再び路上に戻ってしまうケースなどに対応してゆかなければならないのだ。難事業、である。

関連記事

イギリスのITホームレス支援事情 「英国留学日記」というブロクの作者である高橋伸太郎さんという方は、イギリスでホームレスにネットへの接続環境を提供して社会復帰に役立ててもらうプロジェクトに参加しているという(「ホームレスの社会復帰プログラム」)。 まさに“ITホームレス”を支援しているわけである。このプロジェクトがどうなってゆくのか...
川崎市が「愛生寮」利用者枠拡大の意向... 6月11日 きのう開かれた川崎市議会で福祉局長が、ホームレス一時宿泊施設「愛生寮」の利用資格枠を拡大したい意向を示した。当初、「川崎駅周辺在住一年以上」といっていたのだが、先日の対象地域拡大に加え在住期間まで短縮し、開所一ヶ月が経過して、なお予想を下回ったままの利用者数をなんとか増加させたいようだ。...
東京府中ホームレス殺害事件 やや古いニュースで恐縮だが、東京の府中で起きたホームレス殺害事件は、相次いだ襲撃事件を含めて同一犯との見方が強い。20~30代の男で身長160~170センチ、痩せ型で短髪、メガネをかけていたという報道も一部にある。 東京・府中市でホームレスの男性が殺害された事件で、ことし3月に隣の調布市でも別...
名古屋・白川公園でホームレステント撤去...  なんかあれだな、名古屋のほうでなんかあったんだろう。愛知万博に関係あるのかないのか、まぁそれはよいとしても、白川公園で最後まで抵抗していた8人のホームレスがテントを撤去されたとか、まぁそんな話のようだ。ちなみに、白川公園には緊急一時宿泊施設、いわゆるシェルターがある。行政はそこへ移るように指導して...
スポンサーリンク