川崎市の弁当(パン券)支給廃止

スポンサーリンク

ほかのことを考えられる状態にないのだが、川崎市のパン券廃止には触れておかなければならない(「川崎市、ホームレス救済の「パン券」廃止」(Soulful Shout -魂叫-))。

これは人道的支援の名目ではじめたものだったろう。ならば、本来、緊急避難的におこなわれるべきもののはずだ。その間に社会復帰支援プログラムを推進させ、順次、社会に戻っていってもらうシステムを構築しなければならなかったはずである。

しかし、パン券のみを10年もつづけた。そのため、それ目当てのホームレスが他地域から多数流入し、居座りつづける結果を招くことになった。エサだけ与えて社会復帰支援がなければこうなるのは、はじめからわかっていたことではないのだろうか。納税者サイドから不満の声が上がるのも、むしろ当然とも思える。

社会復帰支援プログラムへの移行は遅きに失した感さえあるが、紆余曲折を経た「愛生寮」開所でスタートを切った。だが、これはまったくの端緒に過ぎない。今後は、本格的な社会復帰支援センターの設置や、施設から再び路上に戻ってしまうケースなどに対応してゆかなければならないのだ。難事業、である。

関連記事

NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織... 古い記事で恐縮だが、5月1日付の東京新聞が「NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織」と報じた。  ホームレス支援に取り組む各地の特定非営利活動法人(NPO法人)などが、全国規模のネットワーク組織を六月に発足させることを決めた。  支援団体は別々に活動してきたが、多様化するホームレス問題に対...
東京府中ホームレス殺害事件 やや古いニュースで恐縮だが、東京の府中で起きたホームレス殺害事件は、相次いだ襲撃事件を含めて同一犯との見方が強い。20~30代の男で身長160~170センチ、痩せ型で短髪、メガネをかけていたという報道も一部にある。 東京・府中市でホームレスの男性が殺害された事件で、ことし3月に隣の調布市でも別...
女子大生が焼き打ち「燃やせ!殺せ!」... 「女子大生が焼き打ち「燃やせ!殺せ!」」と、6月7日付・日刊スポーツが報じた。  埼玉県警朝霞署は6日までに、ホームレスの男性が寝ていた段ボール箱の「家」にサラダ油をまき、放火しようとしたとして、東洋大4年の安藤佳南子容疑者(21)ら男女4人を器物損壊容疑で逮捕した。4人は深夜河川敷でバーベキ...
東京・池袋でホームレスへの炊き出しボランティア募集中... 東京・池袋のボランティア・中村雅俊さんが、炊き出しのお手伝いさんを募集しています。 日時:毎週金曜日の午後3時半から5時まで(3時半から4時15分まででも可) 場所:南池袋公園 豊島区南池袋2-21(池袋駅東口より徒歩5分) 内容:ボランティア・中村雅俊さんのお手伝い 条件:年齢・性別を問わず。た...
スポンサーリンク