川崎市の弁当(パン券)支給廃止

スポンサーリンク

ほかのことを考えられる状態にないのだが、川崎市のパン券廃止には触れておかなければならない(「川崎市、ホームレス救済の「パン券」廃止」(Soulful Shout -魂叫-))。

これは人道的支援の名目ではじめたものだったろう。ならば、本来、緊急避難的におこなわれるべきもののはずだ。その間に社会復帰支援プログラムを推進させ、順次、社会に戻っていってもらうシステムを構築しなければならなかったはずである。

しかし、パン券のみを10年もつづけた。そのため、それ目当てのホームレスが他地域から多数流入し、居座りつづける結果を招くことになった。エサだけ与えて社会復帰支援がなければこうなるのは、はじめからわかっていたことではないのだろうか。納税者サイドから不満の声が上がるのも、むしろ当然とも思える。

社会復帰支援プログラムへの移行は遅きに失した感さえあるが、紆余曲折を経た「愛生寮」開所でスタートを切った。だが、これはまったくの端緒に過ぎない。今後は、本格的な社会復帰支援センターの設置や、施設から再び路上に戻ってしまうケースなどに対応してゆかなければならないのだ。難事業、である。

関連記事

ホームレス自立支援法見直し 「ホームレス自立支援法見直し」という解説記事が、6月30日付・毎日新聞に載っている。  「ホームレス自立支援法」施行から8月で5年が経過し、同法の規定による見直しの時期を迎える。それに向け、各地で自立支援に取り組むNPO(非営利組織)など40団体が「ホームレス支援全国ネットワーク」を設立。地方...
10万人のホームレス  新潟県中越地震はたいへんなことになっているようだ。当初はその規模や被害の報道が多かったように思うが、時間が経つにつれ、被災民の過酷な避難状況にメディアの焦点が移行しつつある。  以前『住まいは人権か』で阪神大震災の状況に触れたけれども、おなじようなことが新潟でも起こりつつあるように思う。...
ウィリアム王子がホームレス支援 ジャーニーは9月14日、「ウィリアム王子、母親の遺志を受け継ぎ、ホームレス支援チャリティのパトロンに」と報じた。故ダイアナ元妃が関わっていたホームレス支援団体「センターポイント(Centrepoint)」のパトロン(後援者)となり、母親の遺志を継いだかたちとなった。 王子がこうした慈善団体のパト...
ほとんど進まぬホームレス施策 「遅れる施策、効果鈍く」と10月4日の東京新聞が川崎市のホームレス施策について報じた。 現在、川崎市のホームレス施策は一時宿泊施設である「愛生寮」がほとんどすべてをまかなっている。しかし、その後につづくはずの自立支援センターなどの設置が進まないため、「出口」を設けることができない。同施設の朝倉所...
スポンサーリンク