川崎市の弁当(パン券)支給廃止

スポンサーリンク

ほかのことを考えられる状態にないのだが、川崎市のパン券廃止には触れておかなければならない(「川崎市、ホームレス救済の「パン券」廃止」(Soulful Shout -魂叫-))。

これは人道的支援の名目ではじめたものだったろう。ならば、本来、緊急避難的におこなわれるべきもののはずだ。その間に社会復帰支援プログラムを推進させ、順次、社会に戻っていってもらうシステムを構築しなければならなかったはずである。

しかし、パン券のみを10年もつづけた。そのため、それ目当てのホームレスが他地域から多数流入し、居座りつづける結果を招くことになった。エサだけ与えて社会復帰支援がなければこうなるのは、はじめからわかっていたことではないのだろうか。納税者サイドから不満の声が上がるのも、むしろ当然とも思える。

社会復帰支援プログラムへの移行は遅きに失した感さえあるが、紆余曲折を経た「愛生寮」開所でスタートを切った。だが、これはまったくの端緒に過ぎない。今後は、本格的な社会復帰支援センターの設置や、施設から再び路上に戻ってしまうケースなどに対応してゆかなければならないのだ。難事業、である。

関連記事

川崎市ホームレス自立支援施設問題の推移... 最新トピック ★12月15日 16日付毎日新聞によると、「川崎市社会福祉協議会」が市立川崎高校福祉科の学生、「愛生寮」の朝倉所長、周辺住民、ボランティア団体メンバーなど約200人を集めてパネルディスカッションを開いた。住民からは施設設置経緯における市の対応への批判、現在の利用者との良好な関係などが報...
川崎のホームレス、数えまちがいで減少か?... 川崎のホームレスが減少したと8月25日付・読売新聞川崎版が報じた。川崎市では7月にホームレス数の調査をおこない、同月29日現在で938人(概数)を確認。90人減少したという。内訳は川崎区605人、幸区132人、中原区92人、高津区35人、宮前区6人、多摩区62人、麻生区6人。場所は公園など351人、...
傾聴ボランティア 「傾聴ボランティア養成講座」などというものがあるそうだ。ちょっと古いが6月11日付の読売新聞で紹介されていた。福祉施設でのボランティアを目指す人や、介護ヘルパーが主な受講者だという。 おもしろいエピソードとして、 「批判や反論はもちろん、助言や忠告も不要」 と指導すると、 「相談されているのに、...
東京でホームレス自立支援施設が完成...  これはチビたさんの「みんながんばれ!」から拾ってきたネタ。  ライブドア・ニュースは8月30日、「ホームレス自立支援施設完成」と報じた。東京都内で10番目のホームレス施設「千代田寮」が9月にオープンする(現時点ではすでにしている)。「千代田寮」は男性62人が定員だが、緊急一時保護センターであるた...
スポンサーリンク