ホームレス相手にストレス解消

スポンサーリンク

先日、東京は墨田区の公園に住んでいたホームレスのおじさんが、定時校生のふたり組に殺された。酒を飲んだあとのストレス解消、だという。こんな事件も珍しくなくなった。

学校がヒマになるとつまらぬ輩が出てくる。10日ほど前か、深夜、公園のベンチに寝ていたところを頭の上でロケット花火を打ち上げられた。やはり高校生ぐらいの子だったと思う。暗がりでライターの炎に浮かび上がったその顔は、まだ幼かった。火をつけると同時に逃げ出してゆくその足取りも、若者らしく俊敏であった。

関連記事

ホームレスの将来  ホームレスに将来があるか、と問われたら、躊躇なく「ない」と答える。ホームレスの将来とは、すなわちワーキングプアのことだからだ。  ホームレス脱出、などといったところで、所在なきワーキングプアから、住まいのあるワーキングプアに出世するだけである。そこがホームレスのドン詰まりだ。その先に道はない...
健次郎、その後 順序が逆になっていますが、簡単に状況報告を。 管理人の胃袋は当面の危機を脱しましたが、アクセス環境の不安定さは相変わらずで、まぁこれは以前も不安定だったわけですからそれほど変わらないわけで、まぁそうした中で今までやってきたわけで、まぁこれからもそのようにつづけてゆくしかあるまいというわけで、まぁこの...
なにも届かないことばたち 「見えにくくなってゆくホームレス」のコメント欄でオセロットさんからいただいた、  このところの健次郎さんのトピックに触れながら想うのは、“個人と普遍”、“ガッカリするかもしれない読み手の在り方”と表現されたこと=一連のトピックで“哀しさ”や“喪失”を健次郎さんのスタイルで叩きつけるように刻まれ...
ホームレス、眠る  ここは私鉄の高架下。電車が通るたびに、けたたましい騒音が響き渡る。ついでに巨大なバスターミナルのど真ん中だ。バスやタクシーが引きも切らず、のべつまくなし出入りして、膨大な排気ガスをまき散らしてゆく。  健康によいはずもないが、それでも人は眠らなければ、生きてはゆけない。...
スポンサーリンク