ニート対策にはコーチング、はダメかも……

スポンサーリンク

ニート対策にはコーチング、はダメかもね(苦笑)。

コーチングについてあれこれ調べていたのだけれども、どうもニートの子なんかには必ずしも効果がないかも知れないというか、たぶん引きこもりの子には無理だろうとか、要するにダメじゃんってことで(笑)。

心理療法でいうクライエント中心の考え方があるようなのでもしやと思ったが、コーチングはあくまでも健常者のため、しかもかなり限定的な状況における技法と見た? キャリアカウンセラーなんかは臨床心理も勉強するのだが、コーチングにはそうした体系がないようだ。細かい質問の技法なんかはかなり発達しているようで参考にはなるけれど。

一般に、臨床心理の世界では相談者を「クライエント」と呼ぶのだが、コーチングの世界では世間一般で使われることの多い「クライアント」ということばを使う。このあたりにも生まれ育ちのちがいが出ているようにも思う。

コーチングにもたくさんの流派(?)があるのはカウンセリングと変わりがなく、中にはメンタルヘルスにも対応できるような流派があるのかも知れないけれど、基本的に職場とかスポーツとか限定的なシーンで、能力向上を求める技法らしい。あくまでも健常者向けということか。境界にある人相手なんかには微妙だな。

そういうことで、コーチングはダメだ(笑)。でもホームレス対策にはどうかなぁ……?

関連記事

日本人、哀れなり 数日前に毎日新聞に「ニートやフリーターは本人の責任か、社会の責任か?」というアンケートの結果が載っていた。8割ぐらいの人たちが「本人の責任」と答えていた。哀れな結果だと思った。 年齢別では、やや低い数字を示している10代の若者から数値が上がりはじめ、30代、40代の働き盛りでピークを迎える。高齢...
フリーター25万人を正社員化 「政府、フリーター25万人の「正社員化」めざす」と10月7日の日経新聞が報じた。首相官邸で開かれた「若者自立・挑戦戦略会議」で来年度に25万人のフリーターの正社員化を目指す方針を決めた。ニートに対しても自立支援施設を全国60カ所に設置するという。 窓口だけ作って待っていてもダメなんで、積極的にア...
もっとラクしよう はっきりいって行き詰まってます(笑)。なにがってホームレスとニートやら引きこもりやらとの接点。 あるにはあるが部分と部分が重なり合うだけで、全体として語ることがむずかしい。要するに、それだけ多種多様ということなんでしょう。それはまた、こうしたグループが特別な人間で構成されているわけではないことを...
「働く若者ネット相談」がスタート 7月31日付の日経新聞によると、尾辻厚生労働相がニート対策に、 「お金がかかってもいい。一人でも多くの若者に働く意欲を持ってほしい」 と述べ、予算の拡充方針を示したという。 その厚労省では8月1日から「働く若者ネット相談」を始めるという。パソコンやケータイで専門家の相談を受けられるそうだ。ネットなら...
スポンサーリンク