ニート対策にはコーチング、はダメかも……

スポンサーリンク

ニート対策にはコーチング、はダメかもね(苦笑)。

コーチングについてあれこれ調べていたのだけれども、どうもニートの子なんかには必ずしも効果がないかも知れないというか、たぶん引きこもりの子には無理だろうとか、要するにダメじゃんってことで(笑)。

心理療法でいうクライエント中心の考え方があるようなのでもしやと思ったが、コーチングはあくまでも健常者のため、しかもかなり限定的な状況における技法と見た? キャリアカウンセラーなんかは臨床心理も勉強するのだが、コーチングにはそうした体系がないようだ。細かい質問の技法なんかはかなり発達しているようで参考にはなるけれど。

一般に、臨床心理の世界では相談者を「クライエント」と呼ぶのだが、コーチングの世界では世間一般で使われることの多い「クライアント」ということばを使う。このあたりにも生まれ育ちのちがいが出ているようにも思う。

コーチングにもたくさんの流派(?)があるのはカウンセリングと変わりがなく、中にはメンタルヘルスにも対応できるような流派があるのかも知れないけれど、基本的に職場とかスポーツとか限定的なシーンで、能力向上を求める技法らしい。あくまでも健常者向けということか。境界にある人相手なんかには微妙だな。

そういうことで、コーチングはダメだ(笑)。でもホームレス対策にはどうかなぁ……?

関連記事

ニートと引きこもり(3) ニート―フリーターでもなく失業者でもなく玄田 有史 曲沼 美恵幻冬舎 2004-07Amazonで詳しく見る  by G-Tools  はじめに、ニートの定義について。 『ニート』(玄田有史・曲沼美恵/幻冬舎)によると、 就業者 失業者:仕事はしていないが、行政の調査期間中(月末...
ニートのニュースあれこれ ニートの話題は一段落したものと思っていたが、その矢先にまたニュースとくる。 まずは産経が『「ニート」増加に危機感 日本経団連』と題し、 日本経団連が14日発表した経営労働政策委員会報告は、若年者の雇用問題について「技術・技能を持たない若年者の増加は将来の日本全体の競争力低下をもたらしかねない」...
ニートと引きこもり(8)  いきなり仮説的結論。  ニートは、そして引きこもりも、結局のところ自己評価が非常に低い。詳しくは『ホームレス心理学』の一連記事に譲るが、今ここでいう両者に共通する低い自己評価とは、2種類ある自己評価のうち存在の価値のことである。今、生きて在る自分への根源的な信頼を欠いているため、能力の有無に関係...
ニートと引きこもり(4)  前回、ニートや引きこもり、ホームレスなどの分類については、就業意思のあるなしで分類・対策を考えたほうがシンプルになるのではないかというような意味のことを書いたが、5月17日の産経新聞でニート問題が取り上げられたとき、すでに「就業意欲」を分類の概念として取り込んでいた人の記事があった。  ...
スポンサーリンク