ニート対策にはコーチング

スポンサーリンク

ニート対策にはティーチング(指導・教育)よりもコーチングが有効だ。

ニートの原因として社会構造の変化、すなわち社会が「こう生きれば大丈夫」というモデルを示せなくなったということがあるのだが、これは家庭問題としても表面化していて、親が子供に「こう生きれば幸せになれる」というモデルを示せなくなっている、そういう時代をぼくらは生きている。

これは「予測ができない」「計画どおり進まない」「正解がない」「教えることができない」という時代なのだけれども、この種の変化は産業社会ではとっくのむかしに表面化していた。押し寄せるグローバリゼーションの波や、あるいは「ドッグイヤー(1年で7年分進む)」などと称される度重なる技術革新などで、上から下へ「こうすればうまくいく」というモデルが示せなくなっていた。上司が部下を指導・教育することができなくなったのだ。

それだから経営者たちが、やれ「激変の時代だ」とか「スピードが命」だとか「イノベーションだ」とか「管理職からリーダーへ」とか「ピラミッド型組織からフラットな組織へ」とか「管理・統制の組織から学習型組織へ」とかいって、生き残りを賭けて組織改革に取り組んできた経緯がある。

ビジネス・コーチングというのは、そうした時代の中で注目を集めた。
「指導はできないが、当事者自身の力で問題を解決できるよう、援助する」
組織内の個人が、あるいはチームが、ひいては組織全体が、自発的に学習する組織、すなわちラーニング・オーガニゼーションという概念が生まれる。

こうした産業社会の変化から示唆を受けるとすれば、ニート対策としてもティーチング(指導・教育)よりコーチングのほうが、よりよい結果を出すだろうということだ。単純なビジネス・スキル(名刺の受け渡しだとか書類の書き方)などはティーチングでよいのだが、どんな仕事をしてゆきたいか、そのためになにをすべきか、といったことは、もはや指導できないのだ。あくまでも当事者が自発的に学習することで問題が解決でき、周囲はそのために援助するのみである。

これはまた動機づけとも関わっていて、自発的な選択、達成感や責任感、成長や進歩、他者に認められるといったことが仕事への意欲をもたらし、さらなる学習へと結びついてゆくのだ。上から指導・教育を「してあげよう」ではなく、あくまでも横から「援助する」という姿勢が必要なのである。

実はホームレス対策も同様の問題を抱えていて、自立していない半人前をお役人がご指導申し上げてやろうという姿勢がそこかしこに見られることが、自発的な学習意欲を削いでいる事実は否めない。曲がりなりにもこれまで生きてきたという実績があるのだからなおさらだ。役人を含めホームレスに向き合う人は、コーチングの手法を学ぶ必要があるだろう。

ホームレス、ニート、社会構造の変化、家庭の変化、ビジネス社会の変化、カウンセリング、コーチング……。バラバラだったことが、ここへきてひとつにつながったという感じがあって、個人的には視界が明るくなった。特にビジネス社会の現象と共通項でつながったのは、
「ビンゴッ!」
ちょっとうれしいね(笑)。

関連記事

ニートと引きこもり(6)  かつての伝統的な社会では、自分が何者であるかなど、考えるまでもなく外側から規定されていた。それは身分であり家柄であり性別だった。だれそれは商家の嫡子であり家業を継いで嫁さんもらってなどということは、親も周辺の人間も、また本人さえも、まったく疑うことなくそう思い、またそのように見ていただろう。 ...
ニートの代表? 杉村議員 先の衆院選で当選した自民党の杉村太蔵さんという人が 「早く料亭へ行きたい」 とかいろいろ物議をかもす発言をして、ワイドショーを賑わせていたことはみなさんご承知。といってもわたしは知らない。わざわざワイドショーを観るために電器店には足を運ばないからだ。そのせいか、世間ではすでに彼の話題は下火のようで、...
まだ間に合うよ 8月19日付の日経新聞1面コラムで、博士号を持った人の就職難について触れられている。文部科学省は1991年から大学院を拡充して博士の大量養成に乗り出し、2004年度には博士課程修了の研究者が約15,000人になって、当時の倍に増えたという。しかし、就職できない博士が増えているというのである。 ...
杉村太蔵議員がニートやフリーターと会合... いろいろ物議をかもした杉村太蔵議員が、いよいよ活動を本格化させるようだ。「杉村太蔵が聞きたいっ!」と銘打って、計4回にわたって意見交換の場を設ける。 今回は、フリーター、ニート、その親御さんの声を 聞かせていただけないか、というのが僕の勝手なお願いです。 今、夢を持っている人、持っていない人。...
スポンサーリンク