ニートとコーチングとカウンセリング

スポンサーリンク

最近、というわけでもないようだけれど、ビジネスの世界ではコーチングなるマネジメントの方法論が根付きはじめているようだ。スポーツなどでよく聞くコーチは、要するに選手にコーチングをおこなう人のこと。その方法論をビジネスに取り込んだのがビジネス・コーチングというわけで、なんか流行っているらしい。

しかし、これはカウンセリングでいうクライエント中心療法とどうちがうのか? 相談者は自身で問題を解決する力を持っているといった根本的思想、オープン・クエスチョンの多用、非指示的なコミュニケーションなど、非常に共通項が多い。根っこはおなじ思想と思えるが、ビジネスの最前線で活用するわけで、より積極的で実戦的な内容なのかな。企業の研修なんかでは、よく扱われる題材になったのかね……?

しばらく前までは、傾聴がキーワードだったこともある。部下の話を聞け、ということだったと思うけれど、これも根本はカウンセリングの思想なんだ。カウンセリングを勉強していると、さまざまに応用が利いて、この先けっこういろいろ役に立ちそう。ワシ、勉強しといてよかったかも(笑)。

で、コーチングの方法論は、ニートの子たちにも使えるはず。要するにモチベーションという視点から捉えれば、それに関わる方法論はみな応用が利くはずなんだ。けっこう現場で使えるでしょう。

関連記事

「働く若者ネット相談」がスタート 7月31日付の日経新聞によると、尾辻厚生労働相がニート対策に、 「お金がかかってもいい。一人でも多くの若者に働く意欲を持ってほしい」 と述べ、予算の拡充方針を示したという。 その厚労省では8月1日から「働く若者ネット相談」を始めるという。パソコンやケータイで専門家の相談を受けられるそうだ。ネットなら...
まだ間に合うよ 8月19日付の日経新聞1面コラムで、博士号を持った人の就職難について触れられている。文部科学省は1991年から大学院を拡充して博士の大量養成に乗り出し、2004年度には博士課程修了の研究者が約15,000人になって、当時の倍に増えたという。しかし、就職できない博士が増えているというのである。 ...
ニートと引きこもり(6)  かつての伝統的な社会では、自分が何者であるかなど、考えるまでもなく外側から規定されていた。それは身分であり家柄であり性別だった。だれそれは商家の嫡子であり家業を継いで嫁さんもらってなどということは、親も周辺の人間も、また本人さえも、まったく疑うことなくそう思い、またそのように見ていただろう。 ...
親の愛は悪か?  悩んでいる。 ニートを問題視するのはよいことか?  働かないのは問題だ、国の経済上問題だ、労働義務を果たしていないのは問題だ、事件を起こすかも知れないので問題だ、ホームレスになっちゃうかも知れないので問題だ……などなど。むろん、わたしもこれに加担しているわけだが、しかし、これは問題だと声高に叫...
スポンサーリンク