ニートとコーチングとカウンセリング

スポンサーリンク

最近、というわけでもないようだけれど、ビジネスの世界ではコーチングなるマネジメントの方法論が根付きはじめているようだ。スポーツなどでよく聞くコーチは、要するに選手にコーチングをおこなう人のこと。その方法論をビジネスに取り込んだのがビジネス・コーチングというわけで、なんか流行っているらしい。

しかし、これはカウンセリングでいうクライエント中心療法とどうちがうのか? 相談者は自身で問題を解決する力を持っているといった根本的思想、オープン・クエスチョンの多用、非指示的なコミュニケーションなど、非常に共通項が多い。根っこはおなじ思想と思えるが、ビジネスの最前線で活用するわけで、より積極的で実戦的な内容なのかな。企業の研修なんかでは、よく扱われる題材になったのかね……?

しばらく前までは、傾聴がキーワードだったこともある。部下の話を聞け、ということだったと思うけれど、これも根本はカウンセリングの思想なんだ。カウンセリングを勉強していると、さまざまに応用が利いて、この先けっこういろいろ役に立ちそう。ワシ、勉強しといてよかったかも(笑)。

で、コーチングの方法論は、ニートの子たちにも使えるはず。要するにモチベーションという視点から捉えれば、それに関わる方法論はみな応用が利くはずなんだ。けっこう現場で使えるでしょう。

関連記事

ニートとは? ~ニートの定義と分類... ニートの定義  ニート(NEET)とは「Not in Employment, Education or Training」または「Not in Education, Employment or Training」の頭文字を取ったもので、学校(予備校なども含む)に籍がなくて仕事をしておらず進学お...
ニートと引きこもり(2)  先日発表された労働経済白書で、学校にもゆかず働きもせず求職活動もおこなっていない若年無業者、いわゆるニートが52万人いるとされた。これは定義からすれば、遊び人よろしくブラブラしている者だけではなく引きこもりの若者たちも含んだ数字だろうと思うのだが、今、引きこもりの人は数十万とも100万ともいわれて...
「働く若者ネット相談」がスタート 7月31日付の日経新聞によると、尾辻厚生労働相がニート対策に、 「お金がかかってもいい。一人でも多くの若者に働く意欲を持ってほしい」 と述べ、予算の拡充方針を示したという。 その厚労省では8月1日から「働く若者ネット相談」を始めるという。パソコンやケータイで専門家の相談を受けられるそうだ。ネットなら...
NHKニュース10のニート 今、NHKのニュース10でニートを取り上げている。ニュースを見て検索からここへきてくれた人も多いでしょう。番組が終わったら何か記事が書けるかも知れない。また後で。 ニュース、あっという間に終わってしまいました。「若者自立塾」が今日からスタートした(?)とかで、参加者への軽いインタビュー、例の小杉...
スポンサーリンク