ニートとコーチングとカウンセリング

スポンサーリンク

最近、というわけでもないようだけれど、ビジネスの世界ではコーチングなるマネジメントの方法論が根付きはじめているようだ。スポーツなどでよく聞くコーチは、要するに選手にコーチングをおこなう人のこと。その方法論をビジネスに取り込んだのがビジネス・コーチングというわけで、なんか流行っているらしい。

しかし、これはカウンセリングでいうクライエント中心療法とどうちがうのか? 相談者は自身で問題を解決する力を持っているといった根本的思想、オープン・クエスチョンの多用、非指示的なコミュニケーションなど、非常に共通項が多い。根っこはおなじ思想と思えるが、ビジネスの最前線で活用するわけで、より積極的で実戦的な内容なのかな。企業の研修なんかでは、よく扱われる題材になったのかね……?

しばらく前までは、傾聴がキーワードだったこともある。部下の話を聞け、ということだったと思うけれど、これも根本はカウンセリングの思想なんだ。カウンセリングを勉強していると、さまざまに応用が利いて、この先けっこういろいろ役に立ちそう。ワシ、勉強しといてよかったかも(笑)。

で、コーチングの方法論は、ニートの子たちにも使えるはず。要するにモチベーションという視点から捉えれば、それに関わる方法論はみな応用が利くはずなんだ。けっこう現場で使えるでしょう。

関連記事

ニート対策にはコーチング ニート対策にはティーチング(指導・教育)よりもコーチングが有効だ。 ニートの原因として社会構造の変化、すなわち社会が「こう生きれば大丈夫」というモデルを示せなくなったということがあるのだが、これは家庭問題としても表面化していて、親が子供に「こう生きれば幸せになれる」というモデルを示せなくなっている、...
生き方の「型」を持つ ニートの原因はさまざまに議論されてきたが、専門家も一般人もマスコミもおおむね、 若年者の正規雇用の道が非常に険しいという雇用の問題 こうすれば幸せになれるといったモデルの喪失 将来の見通せない希望なき社会 「自分探し系」の若者の増加 働く意味がわからない若者が増えた 若者の無気力化 若者のコミュニ...
ニートのニュースあれこれ ニートの話題は一段落したものと思っていたが、その矢先にまたニュースとくる。 まずは産経が『「ニート」増加に危機感 日本経団連』と題し、 日本経団連が14日発表した経営労働政策委員会報告は、若年者の雇用問題について「技術・技能を持たない若年者の増加は将来の日本全体の競争力低下をもたらしかねない」...
ニートと引きこもり(4)  前回、ニートや引きこもり、ホームレスなどの分類については、就業意思のあるなしで分類・対策を考えたほうがシンプルになるのではないかというような意味のことを書いたが、5月17日の産経新聞でニート問題が取り上げられたとき、すでに「就業意欲」を分類の概念として取り込んでいた人の記事があった。  ...
スポンサーリンク