隠すかオープンにするか

スポンサーリンク

まずは住居

まず仕事を、というホームレスやボランティアが非常に多く見受けられるけれど、わたしはやはり住居が先だと考える。日雇いの仕事がいくら増えても、かつてのようなドヤや飯場の生活へと舞い戻るだけで、失業即ホームレスの状況は変わらない。常雇用で安定就労をしてアパートを借りる、というには、技能も資格も足りない。やはり住まいが先であろう。

もともと支援団体は、労働環境の改善や賃金交渉など労働問題を扱ってきたところが多いので、ついつい、
「まずは仕事を」
となってしまうらしい。ほとんど反射神経なのだろう。なるほど、これも理屈である。

もっと情報公開を

支援者のホームページは多いが、行政や公的支援施設や地域住民の取り組みなどを紹介したサイトはまったくない。シェルターとか自立支援センターとか、中で誰がどんなことをやってどんな結果を出してるのか? 地域の住民組織などが、
「わたしたちの地域では、このようにホームレス問題に取り組んでいます」
とか、日々の活動状況とかをきちんとしたかたちでまとめ上げて発信する、そういう情報こそが必要とされているのだが、なぜないのだろうか?

要するに情報公開の話なのだ。どこかで誰かが日々ホームレス問題に取り組み、なにがしかを話し合いその結果を試行錯誤しているはずなのに、その情報がまったく流れてこない。時折、新聞の隅に書かれるだけでは、ホームレス問題の理解など広まるわけもない。

偏見や差別を含むホームレス問題は、実は一般市民がホームレスについてなにも知らないことから起こっている部分が大きいのだ。学校で教わった子供たちのほうが、よほどよく知っている場合もある。もっとオープンに、積極的に情報を提供してゆかなきゃいかんでしょう。ちいさな地域の中だけで完結させず外に向かってアピールしてゆかなきゃダメなのだが、情報発信の有用性を知らない人たちはどうもいろいろ隠したがるよねぇ。隠すプラスよりオープンにしないマイナスのほうがはるかに大きいのだということが、ぜんぜんわかってないんだなァ……

関連記事

ホームレス情報の提供 たとえば厚生労働省のホームページを見てみると、「生活保護・福祉一般」というページに「ホームレス対策」という文言が見られるが、これはホームレス対策を簡単に説明しただけのもので、ホームレス当事者にとってなんら役立つ情報ではない。 東京都では「福祉・人権」の項目からさらに「東京都福祉保健局」のページへ...
写真で見るホームレス自立支援センター 生活編...  前回につづき、ホームレス自立支援センターの一例を紹介します。写真は2011年の春に閉鎖された、川崎市の「富士見生活づくり支援ホーム」です。2008年から2009年の撮影です。  代表的な4人部屋の居室です。2段ベッドをひとりで使うわけではありません。上下とも人が寝ます。鉄パイプなので、か...
傾聴ボランティア 「傾聴ボランティア養成講座」などというものがあるそうだ。ちょっと古いが6月11日付の読売新聞で紹介されていた。福祉施設でのボランティアを目指す人や、介護ヘルパーが主な受講者だという。 おもしろいエピソードとして、 「批判や反論はもちろん、助言や忠告も不要」 と指導すると、 「相談されているのに、...
長居公園でのホームレステント強制撤去... 毎日新聞の「強制撤去:長居公園の野宿者テントなど 大阪市」で触れられているとおり、大阪の長居公園でホームレスのテントが行政代執行によって強制撤去されたようである。8月に開かれる世界陸上大阪大会に備えての公園整備が理由だが、行政代執行による強制撤去はほとんど年中行事のようになっているから、あぁまたか、...
スポンサーリンク