『フリーターとニート』(小杉礼子ほか/勁草書房)

スポンサーリンク

ニート関連の本というと、以前は『ニート―フリーターでもなく失業者でもなく』(玄田有史・曲沼美恵/幻冬舎)ぐらいしかなかったが、ニートということばが市民権を得た(といってよいだろう)現在、続々と関連本が出版されているようだ。

そういうわけで『フリーターとニート』(小杉礼子ほか/勁草書房)を図書館で借りた。予約なども入っていてなかなか借りられなかったが、間隙を突いてひょいっと借りた。がははッ!

……が、一読して散漫な印象を持った。序章で統計データを使い、ニートやフリーターの増減や学歴などを分析するまではよいのだが、次章以降、教育課程のどの段階で逸脱するのか、家庭状況との関連は? などの分析に入ったとたん、非常にわかりにくくなる。個々の事例に触れてあれもこれもという感じで、ポイントが絞り切れていないように見えるのだ。何度か読むとやっとこちらの頭が整理されてきて、ようやく全体像がぼんやりと見えてくる印象が強い。少々つらい。

小杉礼子さんは「ヤンキー型・ひきこもり型・立ちすくみ型・つまずき型」というニートの分類をした人だが、この本でもおなじような類型化を試みている。しかし、この分類は、どうもMECE(ミッシー:モレなしダブりなし)感が薄い。分類の軸が不鮮明なので、他にも型があるんじゃないかと思わせたり、たとえばAとB-1といった、ちがうレベル(深さ)の型を並べているように見える部分もあって、今ひとつ関係がはっきりせず、どうも納得感に欠けるように感じる。事例のみを類型化するとこういうことが起こりがちで、そのうち例外が出てきてしまうので、この類型が定着するのはあまり賛成できない。はっきりと軸を取り、できるだけMECE感を高めたいところだ。

「ニートとかフリーターとかって、どういう人たちなんだい?」
「……いろいろだな」
「原因は何?」
「……いろいろだよ」
「どんな対策をすりゃいいんだ?」
「……いろいろだね。人生いろいろ」
「……おまえはコイズミさんかい」

なんか、読み終わった印象は上記のようなものだが、ただ、この本はおそらく専門書に近い。少なくとも、一般向けにニートやフリーターをやさしく解説した啓蒙書ではない。1冊目としてはお薦めできないが、2冊目以降、理解を深めたい人にとっては、それなりの知見を与えてくれるかも知れない。

フリーターとニート
4326653043 小杉 礼子
勁草書房 2005-04

健次郎レビュー

Amazonレビュー平均 star
starただの報告書?
star事例がたくさんあるのがよいが、議論の根本が間違っている
star参考にはなるが、何か違うと思う。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

関連記事

ニートのニュースあれこれ ニートの話題は一段落したものと思っていたが、その矢先にまたニュースとくる。 まずは産経が『「ニート」増加に危機感 日本経団連』と題し、 日本経団連が14日発表した経営労働政策委員会報告は、若年者の雇用問題について「技術・技能を持たない若年者の増加は将来の日本全体の競争力低下をもたらしかねない」...
ニートと引きこもり(6)  かつての伝統的な社会では、自分が何者であるかなど、考えるまでもなく外側から規定されていた。それは身分であり家柄であり性別だった。だれそれは商家の嫡子であり家業を継いで嫁さんもらってなどということは、親も周辺の人間も、また本人さえも、まったく疑うことなくそう思い、またそのように見ていただろう。 ...
ニート~良くもなく悪くもなく  このカテゴリーで扱うニートや引きこもりの話題についての、わたしのポジション。 原因  すでに『ニートと引きこもり(5)』でも触れているとおり、ニートや引きこもりの原因は産業構造・雇用・家庭・教育・住宅環境・地域社会など、さまざまな分野で起きている大きな構造的変化にある。それらが複雑に絡...
ニートと引きこもり(3) ニート―フリーターでもなく失業者でもなく玄田 有史 曲沼 美恵幻冬舎 2004-07Amazonで詳しく見る  by G-Tools  はじめに、ニートの定義について。 『ニート』(玄田有史・曲沼美恵/幻冬舎)によると、 就業者 失業者:仕事はしていないが、行政の調査期間中(月末...
スポンサーリンク