火事場のホームレス

スポンサーリンク

火事場の馬鹿力、とは、
「これ以上ちからを出すとケガするかも」
という限度を超えたときに発揮されるんだそうである。ふつうはリミッターみたいなのが働いて、そこまではいかないんだとか。スポーツ選手はこのリミッターを外すらしい。それで超人的な活躍をするそうな。

まちがっても超人的とはいわないけれど、このブログもずいぶんと無理をしてきたナ。いやァ、最近痩せちゃって(笑)。そりゃそうですヨ。食費削ってネットカフェ代をひねり出してるんですから。食費ったってああた、たかが数百円ですからネ。それ削って1日2食だったものを1食にし、1日1食だったものが2日で1食になり……てなことをしてるわけですから、そりゃァ痩せまさァ。

関連記事

殺人刀と活人剣、武器執る者の掟、禅... 『よろずや平四郎活人剣』といえば、ドラマ化されたこともある藤沢周平の傑作時代小説だ。しかしこの「活人剣」とは、いったいなんのことだろう? 「かつじんけん」と読むようだが、字義どおりなら「人を活かす剣」だけれど、それはいったいどのようなものなのだろうか。 これは元をたどれば禅の用語で「かつにんけん」と...
不思議の世界 このブログをざっと読み返してみる。ヤだな、と思う。とりわけここのところ攻撃的な記事がつづいていて、ヤだな、と思う。読むとひどくすさんだ気持ちになってくる。読んですさんだ気持ちになるような文章は、ヤだな、と思う。なんだってコイツはこんなヤな文章を書いてやがるんだと思い、またヤだな、と思う。文章には人が...
ギリギリの厳しさを探して 古い記事をざっと整理している。こんなことを書いたか、と自分で驚くようなものもあって、恥ずかしいやらなんやら、なかなかに楽しい発見でもある。だが、ギリギリの状態で書かれたものは、今読んでも楽しい気分にはなれない。追い詰められて醜態をさらすその姿を読み返すにつけ、あの崖っぷちの気持ちはなんだったのだろう...
母の日に そうか、きのうは母の日だったんだね。すっかり忘れていた。娘として息子として、あるいは母として、過ごした人も多かったのだろう。 ぼくに母はいない。まだ存命だと思うけれど、もう何年も会っていないので実際にはわからない。いずれにせよ、彼女が死ぬまで会うことはないだろうと思うので、もう死んだことにしてい...
スポンサーリンク