火事場のホームレス

スポンサーリンク

火事場の馬鹿力、とは、
「これ以上ちからを出すとケガするかも」
という限度を超えたときに発揮されるんだそうである。ふつうはリミッターみたいなのが働いて、そこまではいかないんだとか。スポーツ選手はこのリミッターを外すらしい。それで超人的な活躍をするそうな。

まちがっても超人的とはいわないけれど、このブログもずいぶんと無理をしてきたナ。いやァ、最近痩せちゃって(笑)。そりゃそうですヨ。食費削ってネットカフェ代をひねり出してるんですから。食費ったってああた、たかが数百円ですからネ。それ削って1日2食だったものを1食にし、1日1食だったものが2日で1食になり……てなことをしてるわけですから、そりゃァ痩せまさァ。

関連記事

武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのか?... わたし、武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのだろうか? 「ホームレス問題を訴える」 「ホームレスへの理解を求める」 というのはあとから取って付けたもっともらしい理由に過ぎない。正直、わたしはホームレス問題などどうでもよい。わたしが書くのは、魂のうちから否応なく吹き上がってくる衝動があるからだ。だから...
雨降る晩に  雨がしとしとと降りつづける深更にただひとり、ぽつねんと路上の影に立ち止まっていると、なんだかひどくわびしい。天から雨粒がぽつぽつと落ちてきては、透明な傘の向こうで粉々に砕け散ってゆく。ざぁざぁとやかましい音がしているのにひどく静かなのは、人間がいないからだ。自分ひとりだけしか人間がいない。まる...
ホームレスタウン ~葬られてゆく人々~...  今回は写真のみ。説明は無用と思う。
梅雨なる季節 この季節、路上はほんとうに厄介な場所だ。 雨、雨、雨…… 傘などあろうがなかろうが、ほとんど意味などない。ちょっと歩けば、足元はすぐにびしょ濡れになってしまうからである。それがまたいつ乾くとも知れず、不快きわまりないのだ。 日中といわず夜間といわず、寝場所が極端に少なくなるのも頭が痛い。明日どころか...
スポンサーリンク