ニートの日……

スポンサーリンク

2月10日は語呂を合わせて「ニートの日」だったそうだ。それに合わせてNPO法人ニュースタート事務局が「第一回ニート祭り」を開催したというニュースが報じられた。「ニートな僕らが時代を動かす!」と題して、仮装でウォーキングしたりシンポジウムを開いたりしたようだが、ブロク上での評価は低い。

まじめな問題をオチャラケていて不愉快、そもそもニートが参加するのか? など、かなり不評な模様。時代を動かすようなニートならそれはもうニートではないだろうし、ニートが増えて時代が動くのならば受動攻撃的でなんだか嫌な感じだ。

主催者は、深刻な問題だからこそ明るく軽いノリで当事者を引っ張り出そうと考えたのかも知れない。表に出て人と触れ合う機会をなんとかして作ろうとの思惑があったのだろうと思うのだけれども、う~ん、どうなんですかねぇ……。ニートの認知度からいっても、かなり微妙な判定。うむむ……

関連トラックバック先リスト

関連記事

ニート化する若者たち  sin8さんという方の「研究員の日々雑感」というブログでニートなることばを見つけたが(「若年層のニート化は誰のせい?」)、近頃ニュースになったから、実にあちこちでよく見かける話題だ。要は「働く意思のない人」のことで「働く意思はあるが仕事がない人」とはちがうらしいのだけれども、若い人たちの間でこのニ...
ニートと引きこもり(8)  いきなり仮説的結論。  ニートは、そして引きこもりも、結局のところ自己評価が非常に低い。詳しくは『ホームレス心理学』の一連記事に譲るが、今ここでいう両者に共通する低い自己評価とは、2種類ある自己評価のうち存在の価値のことである。今、生きて在る自分への根源的な信頼を欠いているため、能力の有無に関係...
ニート脱出にブログがひと役 山形大学の加納寛子助教授は10月30日に開かれたシンポジウムで、ブログがニート脱出に役立った事例について報告した。朝日新聞が報じた(リンク切れの可能性があります)。加納助教授によれば、 「ネット上で他者とやり取りをすることが、自分を客観的に見つめるきっかけになることもある」(同紙より) そうである。...
もっとラクしよう はっきりいって行き詰まってます(笑)。なにがってホームレスとニートやら引きこもりやらとの接点。 あるにはあるが部分と部分が重なり合うだけで、全体として語ることがむずかしい。要するに、それだけ多種多様ということなんでしょう。それはまた、こうしたグループが特別な人間で構成されているわけではないことを...
スポンサーリンク