ニートの日……

スポンサーリンク

2月10日は語呂を合わせて「ニートの日」だったそうだ。それに合わせてNPO法人ニュースタート事務局が「第一回ニート祭り」を開催したというニュースが報じられた。「ニートな僕らが時代を動かす!」と題して、仮装でウォーキングしたりシンポジウムを開いたりしたようだが、ブロク上での評価は低い。

まじめな問題をオチャラケていて不愉快、そもそもニートが参加するのか? など、かなり不評な模様。時代を動かすようなニートならそれはもうニートではないだろうし、ニートが増えて時代が動くのならば受動攻撃的でなんだか嫌な感じだ。

主催者は、深刻な問題だからこそ明るく軽いノリで当事者を引っ張り出そうと考えたのかも知れない。表に出て人と触れ合う機会をなんとかして作ろうとの思惑があったのだろうと思うのだけれども、う~ん、どうなんですかねぇ……。ニートの認知度からいっても、かなり微妙な判定。うむむ……

関連トラックバック先リスト

関連記事

もっとラクしよう はっきりいって行き詰まってます(笑)。なにがってホームレスとニートやら引きこもりやらとの接点。 あるにはあるが部分と部分が重なり合うだけで、全体として語ることがむずかしい。要するに、それだけ多種多様ということなんでしょう。それはまた、こうしたグループが特別な人間で構成されているわけではないことを...
藤沢市がニート・フリーター対策「レッツしごと塾」... ニートやフリーター対策に藤沢市が「レッツしごと塾」なる若者支援事業をはじめるのだと、8月19日付の日経新聞が報じている。講演会やカウンセリングを中心に、当事者だけでなく親を対象とした個別相談会なども実施するそうだ。ハローワークの就職面接会にも参加するという。若者の現状は「地域社会にとっても大きな損失...
ニートと引きこもり(7)  要するに土浦の事件なのだ。すわっ、ニートだ、というのでドドッとこちらを覗いていただきました(笑)。ちなみに、わたしはニートではありません。ホームレスですが収入はあります。 「自分の居場所がない」  という容疑者のコメントは、物理的空間より精神的なものだろうと思う。家族だけで抱え込んでし...
日本人、哀れなり 数日前に毎日新聞に「ニートやフリーターは本人の責任か、社会の責任か?」というアンケートの結果が載っていた。8割ぐらいの人たちが「本人の責任」と答えていた。哀れな結果だと思った。 年齢別では、やや低い数字を示している10代の若者から数値が上がりはじめ、30代、40代の働き盛りでピークを迎える。高齢...
スポンサーリンク