ニートの日……

スポンサーリンク

2月10日は語呂を合わせて「ニートの日」だったそうだ。それに合わせてNPO法人ニュースタート事務局が「第一回ニート祭り」を開催したというニュースが報じられた。「ニートな僕らが時代を動かす!」と題して、仮装でウォーキングしたりシンポジウムを開いたりしたようだが、ブロク上での評価は低い。

まじめな問題をオチャラケていて不愉快、そもそもニートが参加するのか? など、かなり不評な模様。時代を動かすようなニートならそれはもうニートではないだろうし、ニートが増えて時代が動くのならば受動攻撃的でなんだか嫌な感じだ。

主催者は、深刻な問題だからこそ明るく軽いノリで当事者を引っ張り出そうと考えたのかも知れない。表に出て人と触れ合う機会をなんとかして作ろうとの思惑があったのだろうと思うのだけれども、う~ん、どうなんですかねぇ……。ニートの認知度からいっても、かなり微妙な判定。うむむ……

関連トラックバック先リスト

関連記事

ホームレスのボランティアで社会参加?... もうずっと前から考えていたことなのだが、ニートや引きこもりの人たちが社会参加する機会として、ホームレスのボランティアをするというのはどうなんだろ? そうすれば一石二鳥だよね。こういうのをコラボレーションとかなんとかいうのかな? 双方の支援団体が横の連絡を取り合えば不可能なことではないよね。あるいは行...
生き方の「型」を持つ ニートの原因はさまざまに議論されてきたが、専門家も一般人もマスコミもおおむね、 若年者の正規雇用の道が非常に険しいという雇用の問題 こうすれば幸せになれるといったモデルの喪失 将来の見通せない希望なき社会 「自分探し系」の若者の増加 働く意味がわからない若者が増えた 若者の無気力化 若者のコミュニ...
ニートと引きこもり(6)  かつての伝統的な社会では、自分が何者であるかなど、考えるまでもなく外側から規定されていた。それは身分であり家柄であり性別だった。だれそれは商家の嫡子であり家業を継いで嫁さんもらってなどということは、親も周辺の人間も、また本人さえも、まったく疑うことなくそう思い、またそのように見ていただろう。 ...
ニートの代表? 杉村議員 先の衆院選で当選した自民党の杉村太蔵さんという人が 「早く料亭へ行きたい」 とかいろいろ物議をかもす発言をして、ワイドショーを賑わせていたことはみなさんご承知。といってもわたしは知らない。わざわざワイドショーを観るために電器店には足を運ばないからだ。そのせいか、世間ではすでに彼の話題は下火のようで、...
スポンサーリンク