ホームレス問題? なにそれ?

スポンサーリンク

既存のマスメディアはいうに及ばず、ネット上のジャーナリズムでさえ、ホームレス問題などはまず取り扱わない。そんな問題は無きが如し。テレビに映ったり新聞の一面を賑わせる事件だけが世界である。
「ホームレス問題? なにそれ?」
ジャーナリズムにホームレス問題は存在しないのが現実なのである。

関連記事

川崎市の弁当(パン券)支給廃止 ほかのことを考えられる状態にないのだが、川崎市のパン券廃止には触れておかなければならない(「川崎市、ホームレス救済の「パン券」廃止」(Soulful Shout -魂叫-))。 これは人道的支援の名目ではじめたものだったろう。ならば、本来、緊急避難的におこなわれるべきもののはずだ。その間に社会復...
イギリスのITホームレス支援事情 「英国留学日記」というブロクの作者である高橋伸太郎さんという方は、イギリスでホームレスにネットへの接続環境を提供して社会復帰に役立ててもらうプロジェクトに参加しているという(「ホームレスの社会復帰プログラム」)。 まさに“ITホームレス”を支援しているわけである。このプロジェクトがどうなってゆくのか...
『傾聴ボランティアのすすめ』(ホールファミリーケア協会)... 傾聴ボランティアのすすめ―聴くことでできる社会貢献三省堂ホールファミリーケア協会(編集)価格:¥ -発送:通常24時間以内に発送Amazon.co.jpで詳しくみるby アフィリエイト戦略論(Amazy) 以前紹介した「ホールファミリーケア協会」の本。ピア・カウンセリングというのがあって、通常のカウ...
川崎市が「愛生寮」利用者枠拡大の意向... 6月11日 きのう開かれた川崎市議会で福祉局長が、ホームレス一時宿泊施設「愛生寮」の利用資格枠を拡大したい意向を示した。当初、「川崎駅周辺在住一年以上」といっていたのだが、先日の対象地域拡大に加え在住期間まで短縮し、開所一ヶ月が経過して、なお予想を下回ったままの利用者数をなんとか増加させたいようだ。...
スポンサーリンク