ニート化する若者たち

スポンサーリンク

 sin8さんという方の「研究員の日々雑感」というブログでニートなることばを見つけたが(「若年層のニート化は誰のせい?」)、近頃ニュースになったから、実にあちこちでよく見かける話題だ。要は「働く意思のない人」のことで「働く意思はあるが仕事がない人」とはちがうらしいのだけれども、若い人たちの間でこのニートが増えているのだそうである。

 まァ、家庭がすねかじりを養っておけるほど余裕があるのか、あるいはやりたい仕事が見つけられないというような社会的な問題もあるのかも知れないが、こりゃいったいどうしたことなのかと思う。

 お金のためだけなら金持ちは働かなくてよい。だが、実際には、有り余るほどの財産を持っている人物でも、それとはまったく関係なく、やはり仕事はしているのだ。それは、仕事がお金を与えてくれるからではなく、“自分の価値を高めてくれる”からではないのか。なにかを成し遂げる自分を誇りに思い、そしてまた周囲もそれを賞賛してくれる、そのことによって自分の価値を高め、またそれを確認できるからだろう。そうしたことに踏み出せない若者は、自分の価値に大きな不安を感じているのだと思う。自己評価が低いのだ。

 なにかモラトリアムということばを思い出させるような現象だけれども、この先、自己評価を高める場を得ることができなければ、つまるところ、彼らの行き着く先はホームレスである。

 ★今日のポイント

  • なにかを成す自分を誇りに思い周囲も賞賛してくれるので、仕事は自分の価値を高めてくれる
  • ニートは自己評価が低いので自分の価値に不安があり、就業に踏み出せない
  • 自己評価を高められないと、将来、ホームレスになる可能性がある

 ※この否定的見解の一部は、その後180度転回してゆく。詳しくは『ニートと引きこもり(1)』へ。

関連記事

ニート対策にはコーチング、はダメかも……... ニート対策にはコーチング、はダメかもね(苦笑)。 コーチングについてあれこれ調べていたのだけれども、どうもニートの子なんかには必ずしも効果がないかも知れないというか、たぶん引きこもりの子には無理だろうとか、要するにダメじゃんってことで(笑)。 心理療法でいうクライエント中心の考え方があるようなの...
ニートの代表? 杉村議員 先の衆院選で当選した自民党の杉村太蔵さんという人が 「早く料亭へ行きたい」 とかいろいろ物議をかもす発言をして、ワイドショーを賑わせていたことはみなさんご承知。といってもわたしは知らない。わざわざワイドショーを観るために電器店には足を運ばないからだ。そのせいか、世間ではすでに彼の話題は下火のようで、...
ニートのニュースあれこれ ニートの話題は一段落したものと思っていたが、その矢先にまたニュースとくる。 まずは産経が『「ニート」増加に危機感 日本経団連』と題し、 日本経団連が14日発表した経営労働政策委員会報告は、若年者の雇用問題について「技術・技能を持たない若年者の増加は将来の日本全体の競争力低下をもたらしかねない」...
杉村太蔵議員がニートやフリーターと会合... いろいろ物議をかもした杉村太蔵議員が、いよいよ活動を本格化させるようだ。「杉村太蔵が聞きたいっ!」と銘打って、計4回にわたって意見交換の場を設ける。 今回は、フリーター、ニート、その親御さんの声を 聞かせていただけないか、というのが僕の勝手なお願いです。 今、夢を持っている人、持っていない人。...
スポンサーリンク