ニート化する若者たち

スポンサーリンク

 sin8さんという方の「研究員の日々雑感」というブログでニートなることばを見つけたが(「若年層のニート化は誰のせい?」)、近頃ニュースになったから、実にあちこちでよく見かける話題だ。要は「働く意思のない人」のことで「働く意思はあるが仕事がない人」とはちがうらしいのだけれども、若い人たちの間でこのニートが増えているのだそうである。

 まァ、家庭がすねかじりを養っておけるほど余裕があるのか、あるいはやりたい仕事が見つけられないというような社会的な問題もあるのかも知れないが、こりゃいったいどうしたことなのかと思う。

 お金のためだけなら金持ちは働かなくてよい。だが、実際には、有り余るほどの財産を持っている人物でも、それとはまったく関係なく、やはり仕事はしているのだ。それは、仕事がお金を与えてくれるからではなく、“自分の価値を高めてくれる”からではないのか。なにかを成し遂げる自分を誇りに思い、そしてまた周囲もそれを賞賛してくれる、そのことによって自分の価値を高め、またそれを確認できるからだろう。そうしたことに踏み出せない若者は、自分の価値に大きな不安を感じているのだと思う。自己評価が低いのだ。

 なにかモラトリアムということばを思い出させるような現象だけれども、この先、自己評価を高める場を得ることができなければ、つまるところ、彼らの行き着く先はホームレスである。

 ★今日のポイント

  • なにかを成す自分を誇りに思い周囲も賞賛してくれるので、仕事は自分の価値を高めてくれる
  • ニートは自己評価が低いので自分の価値に不安があり、就業に踏み出せない
  • 自己評価を高められないと、将来、ホームレスになる可能性がある

 ※この否定的見解の一部は、その後180度転回してゆく。詳しくは『ニートと引きこもり(1)』へ。

関連記事

NHKニュース10のニート 今、NHKのニュース10でニートを取り上げている。ニュースを見て検索からここへきてくれた人も多いでしょう。番組が終わったら何か記事が書けるかも知れない。また後で。 ニュース、あっという間に終わってしまいました。「若者自立塾」が今日からスタートした(?)とかで、参加者への軽いインタビュー、例の小杉...
まだ間に合うよ(2) 7月以降、厚生労働省がニートやフリーターなどを支援する「若者自立塾」がスタートした。しかし、その内実は、早寝早起きなどの生活習慣を身に付けながら、職場体験などによって就労意欲を高めさせ、 「ニートの根性をたたきなおす(与党の有力議員)」(8月3日付・読売新聞) ものだという。 「朝6時半起床。ぞ...
ホームレスのボランティアで社会参加?... もうずっと前から考えていたことなのだが、ニートや引きこもりの人たちが社会参加する機会として、ホームレスのボランティアをするというのはどうなんだろ? そうすれば一石二鳥だよね。こういうのをコラボレーションとかなんとかいうのかな? 双方の支援団体が横の連絡を取り合えば不可能なことではないよね。あるいは行...
フリーター25万人を正社員化 「政府、フリーター25万人の「正社員化」めざす」と10月7日の日経新聞が報じた。首相官邸で開かれた「若者自立・挑戦戦略会議」で来年度に25万人のフリーターの正社員化を目指す方針を決めた。ニートに対しても自立支援施設を全国60カ所に設置するという。 窓口だけ作って待っていてもダメなんで、積極的にア...
スポンサーリンク