ホームレスのボランティアで社会参加?

スポンサーリンク

もうずっと前から考えていたことなのだが、ニートや引きこもりの人たちが社会参加する機会として、ホームレスのボランティアをするというのはどうなんだろ? そうすれば一石二鳥だよね。こういうのをコラボレーションとかなんとかいうのかな? 双方の支援団体が横の連絡を取り合えば不可能なことではないよね。あるいは行政が積極的に動けばさ。実現には山あり谷ありって感じだけれども……

関連記事

ニートニュース ★6月14日 「ニート実態調査 家族や本人から原因聞き取り 文科省が初」(産経新聞) 中山成彬文部科学相は十三日、ニート対策などを中央教育審議会に諮問するとともに、同省は本人や家族から聞き取り調査するなど初の実態調査の実施を決めた。 ~中略~ 「原因を掘り下げ、さまざまな教育の機会をとらえて対策を...
まだ間に合うよ 8月19日付の日経新聞1面コラムで、博士号を持った人の就職難について触れられている。文部科学省は1991年から大学院を拡充して博士の大量養成に乗り出し、2004年度には博士課程修了の研究者が約15,000人になって、当時の倍に増えたという。しかし、就職できない博士が増えているというのである。 ...
ニート~良くもなく悪くもなく  このカテゴリーで扱うニートや引きこもりの話題についての、わたしのポジション。 原因  すでに『ニートと引きこもり(5)』でも触れているとおり、ニートや引きこもりの原因は産業構造・雇用・家庭・教育・住宅環境・地域社会など、さまざまな分野で起きている大きな構造的変化にある。それらが複雑に絡...
「働く若者ネット相談」がスタート 7月31日付の日経新聞によると、尾辻厚生労働相がニート対策に、 「お金がかかってもいい。一人でも多くの若者に働く意欲を持ってほしい」 と述べ、予算の拡充方針を示したという。 その厚労省では8月1日から「働く若者ネット相談」を始めるという。パソコンやケータイで専門家の相談を受けられるそうだ。ネットなら...
スポンサーリンク