ホームレスが地震で募金

スポンサーリンク

デンマークのホームレスがスマトラ沖地震の募金活動をして約35万円を集めたというニュース。デンマーク政府の支援金額を「少なすぎる」と批判してみずから立ち上がったのだとか。その甲斐あってか、その後、支援金額が42倍に増やされたのだとか。「家ない辛さ分かる」とは心からの共感がいわせたことばでしょう。あっぱれ、デンマークのホームレスはたいした心意気である。

それに比べてこちらはなんとも情けない。わたしも今回のスマトラや新潟の地震には自腹でこっそり募金したけれども、あまりに少額なのが恥ずかし過ぎる。しかし、やはり他人事とは思えない感情が先に立って、みっともないのを承知でつい一般人じみたことをしてしまうのだ。ちなみに、日本からの支援額は、国民ひとり当たり400円程度だという。

余談ながら、わたしはホームレスになってから、道ばたなどに落ちている小銭を見つけると、すべてコンビニなどの募金箱へ入れてしまうようになった。なぜそんなことをするようになったのかよくわからないのだが、最近では子供でも交番へ届けるよりは募金を選択することがあるようで、わりと世間でも承認されつつあることのように思う。

ちなみにこの行為、自分のふところが痛むわけじゃないので、特に褒められたことではない。強いていうなら、
「悪いことをしなかった」
というだけのことである。

実は年末年始、時期もあったのだろうが、トータルすると千円単位の金額を拾ったように思う。みな新潟だのユニセフだので役立っているはずだけれども、やはり落とした人はガッカリだろうから、あまり落とさないように気をつけてください。

関連記事

ホームレス自立支援法見直し 「ホームレス自立支援法見直し」という解説記事が、6月30日付・毎日新聞に載っている。  「ホームレス自立支援法」施行から8月で5年が経過し、同法の規定による見直しの時期を迎える。それに向け、各地で自立支援に取り組むNPO(非営利組織)など40団体が「ホームレス支援全国ネットワーク」を設立。地方...
川崎市の弁当(パン券)支給廃止 ほかのことを考えられる状態にないのだが、川崎市のパン券廃止には触れておかなければならない(「川崎市、ホームレス救済の「パン券」廃止」(Soulful Shout -魂叫-))。 これは人道的支援の名目ではじめたものだったろう。ならば、本来、緊急避難的におこなわれるべきもののはずだ。その間に社会復...
淀川河川敷でホームレス襲撃続発 ■「淀川河川敷でホームレス襲撃続発…投石や小屋破壊」(YOMIURI ONLINE(読売新聞)) 大阪の淀川河川敷に住むホームレス3人が先月から今月にかけて、10人前後の少年グループから連続して襲撃されていたというニュースだ。石を投げられたり小屋を壊されたりしたというが、ひとりは怪我もしているからた...
あなたの給料、預かります ~「愛生寮」~... 13日付の読売・神奈川両新聞によれば、川崎市のホームレス一時宿泊施設「愛生寮」は12日、施設運営協議会を開き、利用者が仕事などで得た収入の一部を積み立てる「愛生バンク」をスタートさせることを決めた。5月の連休明けにも実施したい考えだ。 ホームレスは住所がないので銀行口座の開設が難しい。そのため、...
スポンサーリンク