ニートのニュースあれこれ

スポンサーリンク

ニートの話題は一段落したものと思っていたが、その矢先にまたニュースとくる。

まずは産経が『「ニート」増加に危機感 日本経団連』と題し、

日本経団連が14日発表した経営労働政策委員会報告は、若年者の雇用問題について「技術・技能を持たない若年者の増加は将来の日本全体の競争力低下をもたらしかねない」とし、若年無業者「ニート」の増加に危機感を示した。

と報じれば、読売は『学力低下の日本の子ども、「ニート予備軍拡大」指摘も』という記事で、理数系科目では、日本の子供は宿題に費やす時間も短く勉強も楽しく感じていないという国際調査の結果を受けて、

フリーターでも食べていける時代のため、勉強に価値を見いださないニート予備軍が増えている。学校も親も、体育でも美術でもいいので、子どもに頑張る目標を与えることが重要だ

との東京成徳大子ども学部長・深谷昌志教授のコメントを載せている。またしてもニート花盛りとなったわけだけれども、「★最近めっきり見ないねーー!!」の『学力低下の日本の子ども、「ニート予備軍拡大」?』では、

どんどん話が大きくなってきました。変な機会に使われなければいいですけどね

と、拡大傾向を示すニートの話題に若干の懸念を示している。また「picopandaのブログ」では『専門家の現状認識にはずれがあると思います。』と題して、

こうした問題は、自律を阻害し、親―学校―国家というものによる他律に従うことを慫慂する「教育」が継続し来たったことがもたらす当然の「成果」だと思います。

との見解。「まんがめがむんど [ news ] 館」は、そのものズバリ『ニートでいいじゃん!』といい、

そんなにがんばらせてどうする? 全員が手をつないでゴールさせるカケッコになんて夢中になれるガキがいるわけないだろう?

と鋭くツッコんでいる。ちょっとおもしろいのは「無職生活ヾ( ・x・)ノ」の『[ニュース]学力低下とニート予備軍』で、ゲームをするとき攻略本を見るいとこの例を挙げ、

ゲームの続きが分からないと『安心してプレイ出来ない』のでしょう。小さな子どもが同じ物語を繰り返し繰り返し聞きたがるのは、物語の先が分かっているので安心して聞くことが出来るという心理があると言います。今の若者(の一部@ニート予備軍と言われる若者)はまさにその小さな子どもと同じ状況にあるのではないでしょうか(・ω・)?

という指摘。先がわからない不安を攻略本が埋めてくれるということらしい。しかし、するてぇと先のわからないミステリ小説なんぞはどうやって読むのだろうか? ちょいと興味がわく。

そんなわけで、今回はいろいろな意見をご紹介させていただくのみで仕舞いとしたい。

関連記事

ニートやフリーターは国の将来に……... どうもこの、ニートとかフリーターとかに関して最近は、 「将来の税収に影響する」 「経済が衰退する」 「国力が……」 というような、マクロの視点から問題視されているようだけれども、まぁそれによって注目が集まるのは悪いことではないのかなぁ? わたし自身は、ミクロを語らないと当事者の痛みはわからないだろう...
適職診断サービスを開始(神奈川) 8月6日付の日経新聞によれば、パソコンやケータイで利用できる「適職診断」サービスを神奈川県がはじめたそうだ。心理カウンセラーが作った60問の問題に答えると、適正があると思われる職業が表示される。 県が運営する「かながわ若者就職支援センター」が開設したものだが、センター利用の呼び水にしたいとの考えだと...
ニートの日…… 2月10日は語呂を合わせて「ニートの日」だったそうだ。それに合わせてNPO法人ニュースタート事務局が「第一回ニート祭り」を開催したというニュースが報じられた。「ニートな僕らが時代を動かす!」と題して、仮装でウォーキングしたりシンポジウムを開いたりしたようだが、ブロク上での評価は低い。 まじめな問...
ニート支援策、見直しへ 厚生労働省がニートの支援策を見直すそうだ。調査の結果、発達障害を持つ人が一部に含まれていることがわかったため、支援機関に心理専門職を配置するらしい。 なにをいまさらこんなことをやっているのか、さっぱりわけがわからないニュースだ。このことばが流通しはじめた当初から、すでにニートにはいくつかの種類が...
スポンサーリンク